LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年11月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

淑徳中学校

特筆すべき一年留学コース
語学力の先を見据えた教育を

留学コース生によるプレゼンテーション

留学コース生によるプレゼンテーション。
海外で身につけた語学力と伝える力が発揮されます

異なる価値観を持つ世界の人々と行動できる「カインドリーダー」を育む
英語の授業週8時間の英語の授業で英語力が磨かれます

 30年前に海外サマーキャンプを導入、25年前には日本で初めて1年間の留学コース(高校1年)を設けた同校は、これまで時代を先取りするかたちで教育のグローバル化を推し進めてきました。そこに活かされているのは同校の創立者・輪島聞声(わじまもんじょう)の「進みゆく世におくれるな、有為な人間になれ」という教えです。そして昨年の新校舎竣工を機に、これまでの歩みを検証し、グローバル教育のさらなるステップアップに向けてさまざまな取り組みをスタートさせています。

 同校が大切にしているもの、それは未来へつなぐ「淑徳フィロソフィ」です。その核として掲げているのが、高い知性と豊かな人間性を併せ持った「カインドリーダー(kind leader)」の育成です。カインドリーダーとは、「利他共生の建学の精神の上に立ち、異なる文化や価値観を持つ世界の人たちと一緒に行動できる人」を意味します。カインドリーダーの育成こそ、同校のグローバル教育の最大の特徴と言えるでしょう。

 同校のグローバル教育において大きな力となっているのは、留学コースの生徒の存在です。高校1年生の1年間、イギリス、カナダ、アメリカ、オーストラリアのいずれかの提携校へ留学した生徒は、語学力、コミュニケーション能力、自立心を身につけて帰国します。そして、帰国した生徒が先生役となり、留学で培った英語力や留学先での体験が、中学生とコラボレーションした講座や文化祭でのプレゼンテーションなどで共有されます。身近な先輩のリアルな体験談は、海外に視野を向けさせ、人生に積極的に向き合うきっかけを与えることでしょう。

 これまで留学コースの生徒は提携校での勉強やホストファミリーとの交流を中心に活動してきましたが、新たに地元の企業や大学、ボランティア団体とも積極的な交流を深めるプログラムが始まろうとしています。そうした体験もまた在校生に伝えられ、大きな刺激となるはずです。

自立型人間の育成に活かされる充実の語学教育

 同校には海外サマーキャンプ、オーストラリア語学研修、そしてネイティブ教員による英会話を含む1週間8時間の英語の授業など、多彩なグローバル教育のプログラムが用意されており、語学力やコミュニケーション能力を磨く環境が十分に整っています。そしてこれらのプログラムが、その他のイベントに活かされている点も同校の特徴と言えるでしょう。そのひとつは最近、よりアカデミックな色彩を強めつつある文化祭です。

 今年の文化祭で、中学1年生は英語の歌とダンスを披露。本格的に英語の勉強を始めてわずか5カ月、限られた練習時間の中で見事に目標を達成しました。中学2年生は、国連UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)協会の協力の下、UNHCRの活動を紹介しています。また、中学3年生は夏休みのオーストラリア語学研修旅行についてのプレゼンテーションを行いました。メモを見ないで英語での発表をやり遂げた生徒も多く、海外体験で自信を深めるとともに学習への意欲を高めています。このほかパレスチナとイスラエルの平和活動に従事するNPOに関わっている卒業生や、カンボジアの海外青年協力隊に所属する卒業生にはSkypeを通じて現地から話をしてもらうなど、自立型人間を養い、グローバルなカインドリーダーを育む取り組みは着実に前進しています。

 長年にわたる海外交流の実績を背景に、既存のプログラムに甘んずることなく、さらに高みを目指して新たな一歩を踏み出した同校のグローバル教育。語学力のその先を見据えた国際人育成の取り組みに期待が集まります。

留学コースの生徒と現地の学校の友人たち留学コースの生徒は現地の学校で勉学に励み友情を育みます
今年の文化祭で中学1年生は英語の歌とダンスを披露今年の文化祭で中学1年生は英語の歌とダンスを披露しました
Interview
三嶋宗保 校長先生
国連UNHCR協会の職員のみなさんと三嶋校長先生(右端)中学2年生が文化祭で紹介した国連UNHCR協会の職員のみなさんと三嶋校長先生(右端)

 本校では今まさに「世界で羽ばたく淑徳生の育成」「カインドリーダーの育成」を教育目標に加えています。アメリカでの留学コースを終えて戻ってきた生徒のひとりは現地での体験を踏まえ「発信して学ぶ(レポートとプレゼンテーション)」「人と学ぶ(ディスカッション)」「校舎を飛び越えて学ぶ(ボランティア活動)」ことの大切さについて文化祭で発表しました。確かな学力と高い語学力・コミュニケーション能力に加え、自ら目標を設定し達成する力を育て、そしてLife(生命)、Love(愛)、Liberty(自由)の3Lを理解し実践することが、グローバル社会に貢献し活躍できる真のカインドリーダーの条件です。そのために生徒の育成に全校を挙げて全力で取り組んでいます。

めざせ!中学在学中の英検準2級合格

 同校では中1の1学期中に英検5級合格を目標に掲げ、以後、中学在学中に英検準2級の合格を目指します。全員の生徒が目標を達成できるように、数値目標を掲げて、これまで以上にきめ細かにフォロー。生徒ひとりひとりの達成度を把握しながらロードマップを描き、能力向上に結びつけていきます。

GTEC※、TOEICのスコアが示す英語力

 同校の英語教育の成果はGTECやTOEICのスコアにも如実に表れています。こうした確かな語学力は大学受験に役立つことはもちろん、世界中の人と価値観や文化の違いを受け入れ、コミュニケーションする能力の前提となるものです。

●GTECの平均スコア

東大セレクトコース(中2)の平均 465.4
スーパー特進コース(中3)の平均 454.7
全国平均(高3) 460.0

●留学コース生のTOEICスコア例

留学前(高1)340 → 留学後(高2)850 ※7月実施

※ ベルリッツとベネッセが共同開発し、学校や企業など多くの団体に導入されているテスト。

(この記事は『私立中高進学通信2014年11月号』に掲載しました。)

淑徳中学校  

〒174-8643 東京都板橋区前野町5-14-1
TEL:03-3969-7411

進学通信掲載情報

【グローバル特集 授業[コース]】『留学コース』で1年間の海外留学早慶ほか難関大合格を実現する英語力
【学校生活ハイライト】増上寺研修で心を見つめ直し大学受験と自らの生き方を決意
【未来を切り拓くグローバル教育】クラス全員が1年間留学『留学コース』で大きく成長
【SCHOOL UPDATE】海外語学研修 本物の英語力を身につけ異文化を体感する
【注目のPICK UP TOPIC!】英語圏への3カ月留学を実施し既存の英語教育をさらにパワーアップ
【注目のPick up TOPIC!】全国初の留学コースはTOEICスコア710の実力
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】学び合いでより深い理解と社会に出て役立つ力を養う
【SCHOOL UPDATE】体育祭 生徒中心の企画・運営により生まれる強い絆
【校長が語る思春期の伸ばし方】個性や失敗を認め、多様な価値観に触れさせ自立心と思いやりの精神を育てる
【こどもの自立を促す教育】グローバルな活躍をめざす留学コースの生徒が1年間の留学を終え比較文化発表会で成果を披露
【SCHOOL UPDATE】光輪祭 全員が有為な存在となり特技や才能を出しきる
【注目のPICK UP TOPIC!】中3生のオーストラリア語学研修旅行
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】中3生全員が卒業論文を10分間プレゼンテーション
【SCHOOL UPDATE】比較文化発表ICT教育 発信力と自主性を育む「留学コース」という選択
【未来を生き抜く学力のつけかた】きめ細かなプログラムで確かな学力と語学力を育み自ら考えて判断し発信できる能力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】「淑徳フィロソフィー」が培う 利他共生の心と豊かな国際性
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】「共生」の心を学ぶオリエンテーション 自律を支える『今・未来手帳』
【めざせ 次代のグローバルリーダー】特筆すべき一年留学コース 語学力の先を見据えた教育を
【私学しゅん報】記念式典 留学コース創立25周年
【母校にエール!OGOB interview】みんな仲が良く個性を認め合う一緒にいて落ち着く場所でした
進学通信2014年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ