LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年11月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

品川女子学院中等部

演技指導取り入れた英語学習で
世界標準のコミュニケーションスキルを身につける!

1年生たちに修了証が贈られました

1日2時間のレッスンを4日間やり遂げた1年生たちに修了証が贈られました。

五感をフル活用して取り組むドラマメソッド
演技指導のようす体全体を使って表現する重要性を教える演技指導者。

 学校は、"学習だけではなく人間としての生き方を学ぶ場である"とし、企業とのコラボレーションによるプロジェクト学習をはじめ、社会と学校が連携して推進する独自の学習を実践。先進的な教育活動で知られる同校は今年度、文部科学省よりスーパーグローバルハイスクール(SGH)に指定されました。

 さらに先を行く英語教育をと、中学1年生の英語教育にユニークな手法が導入されました。それが、民間の教育機関『MLS』(Model Language Studio)による独自の指導法《ドラマメソッド》です。

 英語によるドラマや劇の手法を通して、英会話とコミュニケーションを学んでいくもので、五感をフル活用して取り組むことで実践的英語力が身につくことで定評があります。

「ドラマメソッドは今まで夏期講習で中学3年生が実践してきました。今回、SGHの指定を受けたことを機に、英語を本格的に学び始めたばかりの中学1年生の講習にも導入してみました」
(英語科/小澤佳奈先生)

 取材したこの日は、夏休みに入ってすぐ、4日間連続で行われてきたドラマメソッドの最終日、英語劇を発表する本番の日です。中学1年生にとっては初の試みということで、小澤先生も生徒たちの反応を興味津々に見守ります。

「担当するネイティブスピーカーの講師たちは全員、日本語もわかるのですが、原則として生徒とは英語だけでコミュニケーションをしています。素晴らしいことに、入学して3カ月ほどの生徒たちは表情も豊かに彼らと交流しているのです。自分の意志や感情を込めて英語劇を学習していくので、楽しみながら、より深く英語力が定着していくことがよくわかります」

演技して学ぶ語学教育で英語を自分のものに!

 英語劇は約10分間のシナリオにまとめられたコンパクトなもので、この日は町にやってきたいじわるな王様を、住民たちがあの手この手のユニークな作戦を企てて、追い払おうとする楽しい話がくり広げられました。王様とその付き人たち、町の住民たち、町を警備する兵隊たちなどのグループに分かれてドラマが進行していきます。

 感情を込めて手ぶりも巧みに表現する演技力の高い生徒がいる一方で、恥ずかしそうな生徒も少なくありませんが、全員が本格的な英語の発音を身につけているのは、4日間にわたる指導の成果でしょう。担当するネイティブの講師も、大きな手ごたえを感じているようです。

 パフォーマンスを見届けた小澤先生も「中学に入ってから英語を始めた生徒でもかなり英語力・演技力が身についていることを確信しました」と、その成果を実感していました。

「コミュニケーションが得意な生徒も、引っ込み思案な生徒も、母国語でない英語劇を通して一つになって、多少ぎこちなくても英語を話したい、勇気を出して話してみようという姿勢が身についていくのもドラマメソッドの良いところです。生徒たちのモチベーションは驚くほど上がっています。"演技する"訓練手法によって、英語が自分の表現方法の一つとなり、世界が広がっていく楽しさを味わってもらえたことが、何よりの成果ではないでしょうか」

英語劇の一コマ英語劇の一コマ。いじわるな王様を追い出すため「私たちは傘をこうさします」とだます町の人々。
演技終了後のカーテンコール演技終了後のカーテンコールでは、大きな拍手が贈られました。
Interview
次はもっと長い英語劇に挑戦したい
英語科の小澤先生(左)とインタビューに協力してくれた1年生たち英語科の小澤先生(左)とインタビューに協力してくれた1年生たち。

飯田さん:「ここまで本格的な演技指導があるとは思いませんでした。感情を入れて発音すると英文が覚えやすいということがよくわかりました」

飯島さん:「一人ではできないことをみんなでやるから楽しいのだと思います。ドラマメソッドをきっかけに、友だちの和も広がりました」

清水さん:「英話を聞いているだけではわからないことも、ジェスチャーで理解することができました。体で表現すること、ジェスチャーを理解することの大切さも実感できました」

櫻井さん:「英会話が成立したときはとてもうれしくて、"私、できてる!"という感じ(笑)。そういう成功体験が、セリフを言うときの感情にもつながった気がしています」

(この記事は『私立中高進学通信2014年11月号』に掲載しました。)

品川女子学院中等部  

〒140-8707 東京都品川区北品川3-3-12
TEL:03-3474-4048

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】課題発見力・解決力を養う『CBL』の取り組み
【制服物語】生徒のアイディアを積極的に取り入れ誇りを持てる制服に
【The Voice 校長インタビュー】女性ならではのライフデザインを推進しさらなる確実な学力向上を図る
【その先に備える キャリア教育】実践 ビジネスにもつながる教育で時代に適応できる自立した女性に
【学校生活ハイライト】最大3週間のニュージーランド滞在 世界へと視野が広がる修学旅行
【中学入試のポイント】算数1教科入試を2月1日午後に新設
【グローバル時代の学び方】先輩から刺激を受けて留学が当たり前のことに
【中学入試のポイント】第1希望の生徒に門戸が広がった総合型試験
【学校生活ハイライト】“勝つぞ!”と学年に強い絆が生まれる学年対抗の体育祭
【10年後のグローバル社会へのミッション】社会で働くイメージに直結する 『デザイン思考』&『企業コラボレーション』
【熱中!部活動】茶道部/筝曲部 複数のクラブの兼部も可能! 礼儀作法も学びながらアクティブに活動
【目標にLock On!! 私の合格Story】恩師に憧れていた中高時代 夢がかなって母校の教員に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】演技指導を取り入れた英語学習で世界標準のコミュニケーションスキルを身につける!
【キャンパス歩き】前向きで聡明な女性が育つ活気あふれるキャンパス
進学通信2014年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ