Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年10月号

その先に備える キャリア教育

成城中学校

独自のプログラムを通じて“知・仁・勇”を備えたリーダーを育成

独自の取り組みとして注目を集める『未来の履歴書』に加え、昨年度からは新たに 『成城版エンパワーメント・プログラム』もスタートするなど、体系的なキャリア教育が展開されています。

『成城版エンパワーメント・プログラム』でプレゼンテーション資料を作成する生徒達。

 同校の校章「三光星」は、儒学における三徳〝知・仁・勇〟を表しています。〝知〟は深い読みのできる能力、〝仁〟は思いやり、〝勇〟は勇気と決断力を表し、この三つを備えた次世代のリーダーを育てることが、同校の教育目標です。

「この三つの中で、本校の栗原卯田子校長がとくに重視しているのが〝勇〟です。社会の課題を発見し、それを解決する能力や協調性を備えていても、前へ踏み出そうとする意志がなければ、リーダーにはなれません。本校のキャリア教育もそうした考えに基づき、生徒達が失敗を恐れず、主体的にチャレンジする力を伸ばしていくことをめざしています」(入試広報/有阪喜一郎先生)

 6年間にわたる実践は多岐にわたります。その中で、同校独自の取り組みとして注目を集めているのが、昨年度から始まった『成城版エンパワーメント・プログラム』と、2007年度から実施している『未来の履歴書』です。

『成城版エンパワーメント・プログラム』は、夏休み中にカリフォルニア大学の学生10数名を学校に招いて行われるプログラムです。中学3年生から高校2年生までの希望者が参加し、計5日間、学生とともにさまざまなアクティビティに取り組みます。

「〝エンパワーメント〟とは、自らの意志で選択・決断し、未来を切り拓いていくことを意味します。カリフォルニア大学は世界有数のトップ校。グローバルマインドを持つ学生を選抜して招きます。彼らの国籍・文化はさまざまで、意識がとても高いので、生徒達は大きな刺激を受けながら、〝知・仁・勇〟にあたる問題解決力、協調性、チャレンジ精神を培っています」

 6時間×5日間の活動中、大学生達との会話はすべて英語で行われます。また希望すれば在校生の家庭が、ホストファミリーとして学生を迎え入れることもできます。

「最初は恥ずかしがっていた生徒も、最終日には積極的に関わりを持とうとします。学生達が帰国後、SNSなどで交流を続ける生徒もいます。国内にいながら、英語でのコミュニケーション力を高め、異文化理解を深められる研修プログラムです」

 一方、『未来の履歴書』は、高校1年生が大学卒業時の自分をイメージして、就職活動用の履歴書を作る取り組みです。生徒達は、数年後の自分が何をやっているのかを想像しながら、志望する企業名、志望動機、大学卒業までの学歴や活動などを記入します。夏休み期間中に作成した履歴書は9月の文化祭で掲示され、11月の三者面談でも活用されます。こうした取り組みを通じて、生徒達は将来について深く考え、主体的にチャレンジする力を高めていきます。大学でも、さまざまな分野で活躍する卒業生が多く、〝リーダーの育成〟をめざす同校のキャリア教育は、着実に成果を収めているようです。

成城版エンパワーメント・プログラム
グローバルリーダーに不可欠な資質を養う
5日間のプログラムが後半に差し掛かる頃には、学生ともすっかり打ち解けた雰囲気になります。5日間のプログラムが後半に差し掛かる頃には、学生ともすっかり打ち解けた雰囲気になります。

 8月11日~15日、今年度の『成城版エンパワーメント・プログラム』が行われました。今年度の参加者数は、中学3年生から高校2年生までの希望者約90名。カリフォルニア大学の学生や東京大学の留学生、計18名が来校し、5日間にわたって密度の濃いプログラムが行われました。

 初日は、オープニング・セレモニーの後、生徒と学生が互いに英語で自己紹介を実施しました。続いて、英語でのコミュニケーション力を高めるアクティビティが行われ、最初は緊張気味だった生徒も、次第に打ち解けていきました。

 5日間のプログラムのメインとなるのが、グループ単位でのディスカッションです。生徒5名につき1名の大学生が加わり、「アイデンティティ」や「グローバルリーダーに求められる資質」、「私の夢と目標」などをテーマに話し合いを行います。学生の助けを得ながら議論を重ねる中で、生徒達は自ら課題を発見し、他者と協働し、物怖じせずに意見を表明する力を高めていきます。こうして培われた力は、同校が掲げる“知・仁・勇”であり、グローバルリーダーとして活躍するための資質でもあります。

学生のサポートを受けながら、英語でディスカッションをする生徒達。
学生のサポートを受けながら、英語でディスカッションをする生徒達。

 また、今年度は、昨年に続いて参加する生徒も多くいたため、「基礎」と「発展」、2つのコースのプログラムを実施しました。高校2年生のKくんは昨年度、自宅にホームステイをした学生Mさんのひたむきに学ぶ姿に感銘を受け、自らも主体的に行動するようになったといいます。その後、MさんとSNSで交流を続け、今年2月には彼の住むカリフォルニアへ遊びに行ったといいます。

「彼は『世界に兄弟ができた』と喜んでいました。また、Mさんとの交流をまとめたレポートが評価され、今年の夏には『きらめき未来塾』※が主催するセミナーに参加する予定です。『成城版エンパワーメント・プログラム』への参加希望者も昨年度より増えていて、今後より多くの生徒が参加するようになれば、海外大学へのハードルも低くなっていくのではないでしょうか」
(有阪先生)

※認定NPO法人。高校生を対象に、コミュニケーション力やリーダーシップ力を高める研修・セミナーなどを開催している。

未来の履歴書
自らの夢と実現までの道筋を思い描く

 今年で8年目を迎えた『未来の履歴書』は、雑誌やラジオで取り上げられるなど、同校の特色ある教育実践の一つとして知られるようになりました。

ある生徒が作成した『未来の履歴書』。大学生顔負けのアピール力です。

「文理選択を行う際、教科の得意・不得意だけで決めてしまう生徒が少なくありません。本校の『未来の履歴書』は、より広い職業観を持って、自らの進路を考えてほしいとの思いをもってスタートしたものです」(有阪先生)

文化祭で展示される『未来の履歴書』文化祭で展示される『未来の履歴書』。気に入った履歴書に、来場者が〝内定シール〟を貼っていきます。

 今年度も、高校1年生が夏休みを使って取り組み、完成した履歴書は9月の文化祭で展示される予定です。文化祭では、来場者が気に入った履歴書に“内定シール”を貼っていくため、どの生徒も手は抜けません。

「履歴書の作成がきっかけとなり、自身の将来について家族で話し合ったという生徒もいれば、保護者の職業について詳しく知ったという生徒もいます。また、私達教師が生徒の意外な一面を知る機会になっています」

 履歴書づくりを通じて目標が明確になり、勉強の“スイッチ”が入る生徒は多いといいます。卒業生の中には『未来の履歴書』に書いたとおりの会社に就職した人もいて、その体験は卒業生講演会などで語られています。

(この記事は『私立中高進学通信2014年10月号』に掲載しました。)

成城中学校  

〒162-8670 東京都新宿区原町3-87
TEL:03-3341-6141

進学通信掲載情報

【中1の始め方】部活動が社会性を身につける訓練の場に
【学校生活ハイライト】青春を捧げて一つのチームを作る男子校ならではの「ウォーターボーイズ」
【熱中!部活動】演奏会で感じる仲間との絆息が合った瞬間に感じる達成感
【中1の始め方】成功も失敗も成長の糧に!自律的学習者を育む学校行事
【私学の光輝】「これで成城生になる!」伝統の臨海学校で“人間力”を磨く
【熱中!部活動】「絆を力に」心と絆で勝利をつかむ
【中1の始め方】失敗も、成長の糧に!好きなことへのチャレンジを応援したい
【熱中!部活動】【体操部】成功体験の繰り返しが向上心をかきたてる
【学校生活ハイライト】「知・仁・勇」の精神で学ぶ 成城版グローバル教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】「何を大切に、どう生きるか」中高の学校生活にその学びがありました
【Students' Chat Spot】臨海学校がリーダー教育の象徴である同校
【こどもの自立を促す教育】これからの時代をたくましく生きる人間力の高い男子を育成
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「迷ったら前に出よ」 “勇”の精神が自立へと導く
【SCHOOL UPDATE】オーストラリア・グローバルリーダー研修 自分の生き方を考える 12日間
【大学合格力強化計画】生徒の希望進路実現にこだわった 6年間の教育プログラム
【キャンパス歩き】グローバル時代のリーダー育成 多様な活躍の場を与えてくれる新校舎
【その先に備える キャリア教育】独自のプログラムを通じて“知・仁・勇”を備えたリーダーを育成
【めざせ 次代のグローバルリーダー】創立以来の教育理念を守りながら 時代の変化に合わせたリーダー育成に力を注ぐ
【On Going! 進歩する私学の注目情報】より勇ましく よりグローバルに伝統の男子校が進化する
進学通信2014年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ