LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年10月号

私学の光輝

春日部共栄中学校

K‐SEP

保護者や中3生全員の前でプレゼンテーション

『K-SEP』の最終日。学習の成果をまとめ、保護者や中3生全員の前でプレゼンテーションを行いました。

10日間の『K-SEP』の成果を楽しく英語劇で披露
堂々と発表する生徒「より伝わりやすくするために、リアクションを大きくとアドバイスされました」と生徒。堂々と発表する姿が印象的です。

 舞台が明るくなり、普段着や衣装に着替えた生徒達が登場。1回目の発表グループは、カナダ全土に広がるVIA鉄道の客車を模した小道具を持ち、カナダの観光スポットを巡る英語劇を行いました。

 これは、10日間のプログラム『K−SEP(共栄サマーイングリッシュプログラム)』の集大成として、最終日に行われたプレゼンテーションでの一幕です。『K−SEP』とは、中3生を対象に行われる英語研修プログラムで、カナダの大学生を指導教員としてお招きし、さまざまなテーマで研究、英語でのプレゼンテーションを行います。

 生徒はグループに分かれて、先生の指導のもと、協力し合ってプレゼン資料や作品作りに励みます。校内で準備学習を行ったのち、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターに移動し、合宿形式で制作を続行。2泊3日の合宿を終え、最終日に学校のホールで各グループが10分間程度の英語劇形式で発表を行います。

 「型にはまったプレゼンテーションではなく、ドラマ仕立ての英語劇にすることで、感情表現が苦手だったり、英語が得意ではなかったりする生徒でも楽しく取り組めます。海外に親しみと興味を持ち、英会話習得の向上と異文化理解を深めることがこの取り組みの狙いです」(星善博教頭先生)

 同校では、国際基準の英語力を養うため、授業以外に朝学習のリスニングタイム、暗唱コンテスト、スピーチコンテストの参加など、英語を身近に感じられる環境を整えています。そうした積み重ねを経て、生徒達は英語づけの10日間『K−SEP』で主体性と積極性を身につけ、自ら学びたいという思いをいっそう強くしていきます。

宿泊研修でのプレゼンテーションの準備宿泊研修では先生と意見を出し合いながら
プレゼンテーションの準備を進めました。
英語を使ったカナダのゲームやクイズ形式の授業事前学習では、英語を使ったカナダのゲームや
クイズ形式の授業を行います。
各グループは創意を加えた小道具を使って生き生きと表現各グループは創意を加えた小道具を使って
生き生きと表現し、会場を盛り上げました。
『K−SEP』終了「素晴らしい時間でした。学んだ成果をカナダ研修(※)に生かしてください」と大学生の先生方がスピーチし、楽しくて中身の濃い『K−SEP』が終了しました。
※中3生の2月に実施される
1カ月間のカナダ語学研修のこと。

(この記事は『私立中高進学通信2014年10月号』に掲載しました。)

進学通信2014年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ