Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年10月号

授業発見伝

三田国際学園中学校

英語
"自分で考える力"を鍛える
「相互通行型」の英語授業

「相互通行型」授業

笑顔が絶えない教室。
全員が声を出し、参加できるのが
「相互通行型」授業だ。

「単語の語順」の授業今日の授業は「単語の語順」がテーマ。
中1には結構難しい。

 百十余年の歴史を持つ戸板中学校・戸板女子高等学校は、2015年、共学校の三田国際学園中学校・高等学校として生まれ変わります。同校がめざすのは「21世紀型教育」。教員から生徒への「一方通行型」の詰め込み教育ではなく、考えることをサポートする「相互通行型」の授業です。

 これからの時代を生きる生徒にとって、英語は非常に重要な教科。中学校でも来春から、本科の他にインターナショナルクラスを設置します。

「近い将来、ほとんどの企業が、英語でコミュニケーションできる人材を必要とします。これからは、英語を話せることはマスト。一番大事なのは、わからない問題が出てきたときに、"考えること"ができるかどうか。そして自分で考え、導き出した結論を相手にプレゼンする能力も必要です。そうした力を鍛える相互通行型の授業を、今年スタートしました」
(広報部部長/今井誠先生)

「中1の1学期は、まず英語に慣れることが大事。副担任にネイティブの先生をつけて、英語の授業はオールイングリッシュで行っています。ネイティブの先生には、ホームルームやお弁当の時間なども生徒と触れ合ってもらい、生徒が英語に慣れる環境を作っています。今年は特に生徒たちのリスニング能力の伸長を実感しています」
(英語科/明石道子先生)

 生徒たちは、日々ネイティブの英語に触れているため英語を怖がらなくなり、「相互通行型」授業の効果で、人前に出て発言することを嫌がらなくなったと言います。

 授業では、最初にジェスチャー入りの英語の歌を歌い、声と身体の準備運動。教師がその日に習うテーマや、アクティビティ(ゲームなど)の説明を行い、みんなでアクティビティをした後、最後にテーマの復習と宿題を発表します。ルールの説明も、ほぼ英語です。アクティビティは、この日に取材した「はえたたきゲーム」やすごろく、神経衰弱などさまざま。自然なシチュエーションで生きた英語を学べるように、生徒のみんなが声を出して参加できるゲームを先生方が考案し、全員で助け合ってゲームができるように手助けをするのです。

 一歩先を行く21世紀型授業を実践していくために、その源となる教員研修にも非常に力が入っています。最新の大学入試問題を全教員が解き、全教科が模擬授業で授業力の研鑽を図り、全教職員がipadで常に情報交換をし、お互いの授業でコラボレーションしたりと、絶えず切磋琢磨しているのです。

「今年は、学校説明会がお父さんに人気です。お父さんは、日々の仕事を通して、来るべきグローバル社会において日本人に足りないものを実感しているのではないでしょうか。今は、江戸時代から明治時代に変わるくらい、社会が劇的に変化している時です。これからの生徒は、受験技術を身につけるだけでは将来生き抜くことが難しいのではないでしょうか。外国人ともコミュニケーションができ、自分で考えて問題を解決し、プレゼンし、共有できる能力が必要なのです」
(今井先生)

授業レポート
自分で考えて動く 21世紀型の人材に
身体を動かして、自分で考える授業
ネイティブの先生が発音した英語を聞き、何と言ったかを当てる「はえたたきゲーム」

 ネイティブの先生が発音した英語を聞き、何と言ったかを当てる「はえたたきゲーム」。ネイティブの発音を聞いて"英語耳"を鍛えます。思い切って叩いても怪我しないように、はえたたきを使うのがユニーク!勝ったチームには、英語の時間だけ胸につけるネームプレートに、ご褒美のスタンプを押します。

アクティビティは時間をかけて用意
アクティビティ「リサーチ」の用紙
アクティビティ

アクティビティに使うゲームなどは、明石先生と高橋恵莉先生(右)がアイデアを持ち寄って、時間をかけて検討し、授業のプランを練ります。左は生徒同士で英語でアンケートを取り合い、時間内に何人調べられるかを競うアクティビティ「リサーチ」の用紙。

アクティビティに使うゲームなどは、明石先生と高橋恵莉先生(下写真)がアイデアを持ち寄って、時間をかけて検討し、授業のプランを練ります。上の写真は生徒同士で英語でアンケートを取り合い、時間内に何人調べられるかを競うアクティビティ「リサーチ」の用紙。

ネイティブの英語に触れ苦手意識をなくす
アスガー先生

写真は1年生の副担任のアスガー先生(通称アッシュ先生)。手に持っているのはイギリスにいる先生のいとこの結婚式のために英語科から贈ったお祝いの書。先生が日本に戻られたら、今度はイギリスの結婚式の様子や日本の伝統文化に対する反応などをレポートしてくれる予定です。生徒たちが異文化に触れる機会も大切にしています。

(この記事は『私立中高進学通信2014年10月号』に掲載しました。)

三田国際学園中学校  

〒158-0097 東京都世田谷区用賀2-16-1
TEL:03-3707-5676

進学通信掲載情報

【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】主体的な学びを喚起する理科実験が論理的思考力を養う
【中学入試のポイント】自ら学ぶ力を問う『21世紀型入試』がスタート
【学校生活ハイライト】自分を見つめ、友だちの新たな一面も発見する“成長の場”
【中学入試のポイント】注目!! 21世紀型の『思考力を測る問題』
【その先に備える キャリア教育】革新 自分自身と向き合い10年、20年先の未来を見つめる
【グローバル時代の学び方】相互通行型授業で育てる国際社会を生き抜く力
【未来を生き抜く学力のつけかた】変革する社会で活躍できる力を培う 相互通行型授業を展開
【10年後のグローバル社会へのミッション】“英語を話して当たり前”の環境で世界基準の英語力と国際感覚を身につける
【SCHOOL UPDATE】相互通行型授業 互いの意見を共有し新しい自分を発見する
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】「もっと知りたい!」から始まる学び ICT教育と相互通行型授業の21世紀型教育で活気づく新生校
【全人教室│心を育む私学の授業】さあ「三田国際学園」へ!プレゼンテーションが彩る新時代に向けた文化祭
【授業発見伝】英語 “自分で考える力”を鍛える「相互通行型」の英語授業
【On Going! 進歩する私学の注目情報】共学化と国際化 新生校が挑戦する教育改革
進学通信2014年11月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ