LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年9月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

城西大学附属城西中学校

感動体験異文化交流学校生活
他者理解を原点とするGAクラスリーダー教育

パフォーマンス・ショー『フィール・ザ・パワー』

人生を模索することに大きな意味を持つパフォーマンス・ショー『フィール・ザ・パワー』。

リーダーの資質を育てる交流型体験学習

 アメリカ・オーストラリア・韓国・中国・台湾にある姉妹校との緻密な連携、留学生の積極的な受け入れなど、多彩な国際交流の伝統を持つ同校。グローバル化が加速するこれからの社会を見据え、交換留学制度30周年を記念して新設された『GAクラス』(Global Arts Class)の教育内容がさらに充実し、ますます注目を集めています。

 "グローバル"の名を冠するGAクラスですが、帰国生や外国語が得意な生徒のためだけのクラスではありません。今年、GAに入学した生徒は総勢22名。英語初心者14名、帰国生4名、準2級取得者4名とほとんどが英語初心者です。英語力アップはもちろん、GAクラスがめざすのは語学力だけに特化した学びではないことがわかります。

 Global Arts委員会の委員長を務める秋葉達也先生は「意欲の高い生徒が集い、学び合うためのクラス」と、設置から2年を迎えたGAクラスの目標を話します。

「本校の国際理解教育・留学制度を経験し、社会で活躍している卒業生に対して行った教育プログラムをさらに体系化し、国際交流・異文化理解・留学制度・語学教育に強い関心のある生徒を対象に設置されたのがGAクラスです。国際人としての素養を備え、社会でリーダーシップを発揮できる人物の育成をめざして、英語力に加え、体系化された人間力を養うカリキュラムを各学年で実施しています」

 その人間力を養うための重要なカリキュラムが、月に1度開催されている体験学習です。中1の6月に行われた『フィール・ザ・パワー』もその一つ。その内容は、フライパン曲げギネス記録保持者によるパフォーマンス・ショーですが、実は、障がいを持つパフォーマーが幼少期に受けたいじめ体験を通して、前向きに努力をすれば必ず報われるときが来ることを生徒たちに伝える場でもあるのです。

「約40分の間に喜怒哀楽の感情が揺さぶられ、涙を流す生徒も少なくありません。相手の気持ちを理解して生きることの大切さ、あるいは困難を乗り越える勇気といったものに対して、これからの自分はどう対峙していけばよいのかを真剣に考える絶好の機会となっています」

 広く開かれた学習環境が生徒の意欲を高め、やがて自らの力で夢や目標を見つけ、それを実現できる強い人間力となっていくのです。

 「学校生活のキーワードは日常のGA」というように、こうしたアクティビティが6年間の学校生活に定期的に組み込まれることによって、学校での学びと社会生活がつながっていきます。

 学力についても「日常の生活の中でいかに実力をつけさせるかがポイント」と話す秋葉先生。その結果として、着実に学力をアップさせながら目的意識を持った進路選択の可能性を広げるGA生たち。多様な選択肢から主体的にキャリアを選択できるように成長しているのです。

多様なフィールドで実践
社会で必要となる力を総合的に育てるプログラム

 国際交流が盛んな大学の附属校として、強みを生かしたフィールドで多彩なプログラムが実践されています。

 恵まれない青少年を支援するNGО団体『国境なき子どもたち』のスタッフとGAクラスの生徒たちの交流が実現。発展途上にある国で苦労する同世代の子どもたちの実情を知ることで、自身の価値観を見直す機会となるのです。

 また、留学生比率の高い城西大学(外国人留学生9ヵ国140名在籍)、城西国際大学(同21ヵ国950名在籍)を中心とした大学との連携プログラムでは、留学生とのディスカッションを通して、異国で学ぶことの意味、世界を見つめる広い視野を持つことの大切さを学んでいきます。企業訪問や大使館訪問、日本文化体験なども行われています。

NGO団体『国境なき子どもたち』との交流学習NGO団体『国境なき子どもたち』スタッフとの交流学習。
附属大学の留学生との連携授業附属大学の留学生との連携授業も活発に行われる。
Interview
英語初心者と帰国生が机を並べて学ぶ相乗効果に期待

「昨年、英語初心者として入学した中2の生徒が揃って英検3級に合格しています。日本人教員が担任、ネイティブ教員が副担任を務めるHRを基本に、4技能の基礎力徹底に努めた効果だと思っています。中3の1月には全員参加のターム留学(オーストラリア)がありますので、そこをめざして準2級、あるいは2級を取る生徒が出てくることを期待しています。一方で、英語以外の教科学習が不得意になりがちといわれる帰国生やインターナショナル・スクール出身者のケアもきめ細かく行っています」
(秋葉先生)

(この記事は『私立中高進学通信2014年9月号』に掲載しました。)

城西大学附属城西中学校  

〒171-0044 東京都豊島区千早1-10-26
TEL:03-3973-6331

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】中3での全員留学を目標に実践的な英語力を磨く
【目標にLock On!! 私の成長Story】学校で身につけた基礎学力と目標達成のための努力で勝ち得た東大合格
【SCHOOL UPDATE】100周年記念式典 伝統ある教育を受け継ぎ次の100年へと進化
【The Voice 校長インタビュー】『何にでも打ち込める』環境で個性を尊重する教育を
【学校生活ハイライト】自然の偉大さを学び思考力を育む「稲作体験」
【SCHOOL UPDATE】「英語技能入試」「適性検査型入試」スタート 向上心の強い多様な生徒が互いに切磋琢磨
【中学入試のポイント】適性検査型入試と英語技能入試を新設
【熱中!部活動】【硬式野球部/ダンス部】夢の実現を後押しする指導者生徒の主体性を重視する部活動
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】行事や授業などさまざまな体験を通して個性を育み、『天分』を伸ばす
【グローバル時代の学び方】学内グローバル化の取り組み
【注目のPICK UP TOPIC!】世界最速高校生を育んだ学校生活
【学校生活ハイライト】伸び伸びと自己表現! 生徒の自発性・創造力を高める場としての『しいの木祭』
【10年後のグローバル社会へのミッション】全クラスでグローバル教育を拡充 伝統の姉妹校交流で国際人を育てる
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が安心して臨める良問を出題 『GAクラス』は選抜方法が変更に
【めざせ 次代のグローバルリーダー】感動体験と異文化交流の学校生活 他者理解を原点とするGAクラスのリーダー教育
進学通信2014年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ