LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年9月号

The Voice 新校長インタビュー

明治大学付属明治中学校

常にを見つめ、どう生きるべきか
どう社会貢献すべきかを考えてほしい

「私は中1生達に『勉強でわからないことがあって困っている友達がいたら、
声をかけ、みんなで助けあって"わからない虫"を退治しよう』と約束しました」
(安藏伸治校長先生)

自分を超える人間を育てることこそ教育
安藏 伸治(あんどう・しんじ)安藏 伸治
(あんどう・しんじ)
1953年、東京都墨田区出身。明治大学大学院を経て、南カリフォルニア大学大学院修了。明治大学政治経済学部教授(Ph.D.)として同大大学院で博士前期・博士後期を担当。研究分野は社会学と人口学。この春、明治大学付属明治の新校長を兼任。趣味は料理と自転車。

 私の父は8人兄弟の長男で、一生懸命に働いて弟達に学問をつけさせました。同じように私に対しても教育に対して惜しみなく援助をしてくれました。

 明治大学政治経済学部を卒業して大学院に進もうとした私を、父は喜んで応援してくれました。そして大学院を修了して「アメリカの大学院で学びたい」と私が言ったときも、家の金庫を開けて「全財産をやるから行ってこい」と快く送り出してくれたのです。

 明治大学の大学院での私の専攻は『人口論』でした。渡米したのは、指導教授から「君にはもう教えることはないから、アメリカに留学しなさい」と言われたからです。その言葉を聞いたとき「なぜ先生は私にそんなことを言うのだろう?」とショックを受けました。しかし、後で理由がわかりました。

 当時の日本の大学で扱っていた人口論は、マルサスなどの思想を学ぶことでした。しかし、アメリカでは膨大なデータをコンピュータで分析する『人口学』が主流になっていたのです。アメリカへ研究に行き、第一線の人口学を目の当たりにした指導教授は、私に最先端の研究をさせたかったのでしょう。

 私の教育に対する考え方の基本は、この経験から生まれました。自分をはるかに超える人間を育てていくことこそ、真の教育だと思うのです。

 渡米した私は約6年間、南カリフォルニア大学で人口学の研究に没頭し、博士号を取得しました。そして、帰国した翌年から今日まで母校の明治大学で教えています。

 この春、本校の校長になったため、下は12歳の中学生から上は25歳の大学院生までが私の教え子になりました。

世界に貢献できる"第一級の人物"を
明治大学の直系付属校として
さらに力を注ぐ教育内容

    『圧倒的な英語力』を身につける
    ×
    文系でも理数系の力を身につける

    世界に貢献できる
    『第一級』の人物を育成する

 本校を初めて訪れたとき、なんて空が広いのだろうと感動しました。私が生まれ育った東京の下町では、太陽はとなりの屋根から登って、となりの屋根に沈むからです。本校のある調布の周囲には、高い建物がありません。

 そこで、今年の入学式の式辞では、新入生達に「正門をくぐるときに必ず空を見上げてください。そして『今日はどんな1日を過ごそう』『どんなことを学ぼう』と思いめぐらしてください」と述べました。人間は上を見ていると、自分がどう生きるべきか、どういう人間になるべきか、これから社会にどう尽くしていくべきかを考えられるようになるはずです。地面ばかり見つめていたら、こうした考えは生まれてきません。

 グローバル社会で活躍するためには、どのような力が要求されるのか。私がアメリカでの研究生活で知ったのは、問題の経緯や歴史を理解して、正確なデータを集めて分析し、その結果を表現して相手を説得する能力です。世界共通言語の英語力と理数系の知識が、その基礎となります。

 そこで本校では、中学1年から圧倒的な英語力を身につけさせたいと考えています。卒業までに全生徒にTOEICのスコアを700以上取らせることが目標です。

 理数系の知識の源となるのは数学です。私が明治大学で担当している人口学のゼミでも、ベクトルの知識がないと深い理解ができません。将来、どのような職業に就くにしても、数学で養った論理的な思考力が求められます。ですから、本校ではこれからとくに数学にも力を注いでいきたいと考えています。

 今年、明治大学を卒業した学生のうち、10学部中3学部の総代になったのは、本校の卒業生です。司法試験や公認会計士試験に合格する本校の卒業生も増えてきました。明治大学の直系付属校という恵まれた教育環境をさらに生かし、常に上を見つめて世界に貢献できる"第一級の人物"の育成をめざしてまいります。

沿革

昭和45年(1912)に旧制明治中学校として創立。平成20年(2008)調布に移転、男女共学となり、同24年(2012)には創立100周年を迎えた。広い校地と充実した施設、ゆとりのある空間を活用し、伸びやかな教育を行っている。

(この記事は『私立中高進学通信2014年9月号』に掲載しました。)

明治大学付属明治中学校  

〒182-0033 東京都調布市富士見町4-23-25
TEL:042-444-9100

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】野球部の活動とテーマを持った学習 中高時代の学びが将来の夢につながる
【行ってきました!学校説明会レポート】さまざまな体験をして入学後の自分を見いだす
【SCHOOL UPDATE】明治大学・明治高等学校連携サマーセミナー 高大連携セミナーで将来のキャリア設計を描く
【その先に備えるキャリア教育】涵養 司法試験トップ合格!学びの原動力は「面白い、楽しい
【育ち盛り食事情 学食調べ隊】食事の質とおいしさにこだわった開放的な食堂が人気!
【目標にLock On!! 私の成長Story】明治大学との太いパイプを生かして高校在学中に公認会計士試験の勉強をスタート
【グローバル時代の学び方】自分の意見を英語で語り未来を拓くコンテスト
【The Voice 新校長インタビュー】“競争しない教育”は直系付属校ならではの環境 英語と数学で生きる力を鍛える
【目標にLock On_!! 私の合格Story】学校生活を精いっぱい楽しみながら付属校から最難関大学に現役合格!
【SCHOOL UPDATE】中大連携事業 中大連携スプリングセミナー(理科実験講座)
【私学しゅん報】紫紺祭 知性と創造性が輝く
【The Voice 新校長インタビュー】常に上を見つめ、どう生きるべきか どう社会に貢献すべきかを考えてほしい
進学通信2014年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ