LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年9月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

成城中学校

創立以来教育理念を守りながら
時代の変化に合わせたリーダー育成に力を注ぐ

エンパワーメント・プログラムで、すっかり打ち解けた留学生と生徒たち。

エンパワーメント・プログラムで、すっかり打ち解けた留学生と生徒たち。

グローバル時代対応の新しいプログラム

 来年の1月に創立130年を迎えるという伝統ある成城。就任して2年目になる栗原卯田子校長は、同校の持つ古き良き校風を引き継ぎながら、新しい風を吹き込んでいます。

「本校の心臓部分というのは、130年前に作られた三光星『知・仁・勇』の校章にあると思っています。これを継承しつつグローバル教育に力を入れたいと考えました。それで、就任してすぐに着手したのが、エンパワーメント・プログラムです」
(栗原卯田子校長)

 エンパワーメント・プログラムは、夏季休業中の連続5日間、中3〜高2までの希望者を対象に実施されています。カリフォルニア大の学生や東大の留学生1人と5人の生徒でひとつのチームを作り、この期間は英語のみでさまざまな課題に取り組みます。

 エンパワーメントとは"自己確立・自己実現"という意味。英語だけでなく、議論(ディスカッション)、企画(プロジェクト)、発表(プレゼンテーション)の3つの要素が入ったプログラムです。

「昨年の参加者は60名ほどでしたが、今年は86名。リピーターも多いですし、生徒の力量に合わせてグループを編成し、それぞれに課題を与えます」

 昨年の経験を活かして、今年は事前にカリフォルニア大の藤田斉之先生をお招きし〈グローバル講演会〉を開いたり、テキストも用意し、宿題も出しました。

「宿題は当日までに自分が外国の方に伝えたいことや、グローバルな関心事を日本語で考えて、英文で構想するというような内容です。考えた通りには展開しないと思いますが、なんとなく参加するのではなく、予習をしておくことで心構えができるのです」

 また、カリフォルニア大の学生は、同校の生徒の家にホームステイするので、さらに交流を深めることもできます。

昨年行われたエンパワーメント・プログラムでの様子。昨年行われたエンパワーメント・プログラムでの様子。
新しいスポーツを企画中新しいスポーツを企画中。いろいろなアイディアを試しています。
最初は緊張していた生徒も時間が経つうちに、会話が弾むようになってきます。最初は緊張していた生徒も時間が経つうちに、会話が弾むようになってきます。
大切なのは、課題を解決する力を育てること
中1のグローバル研修今年、初めて行われた中1のグローバル研修。留学生との会話で英語が身近なものに。

 さらに初の試みとして、今年から中1でグローバル研修を行いました。

「5月31日からの2日間、1年生全員270名で行いました。エンパワーメント・プログラムよりも気楽な内容にしました。男子は面白いと思ったら、とことん取り組むのが特徴です。だからこそ、定期考査の結果を見て苦手意識が生まれる前に、英語の面白さを肌で感じてほしいと思ったのです」

 研修のクロージングセレモニーの時は、生徒が身を乗り出して手を振る光景が見られるほど盛り上がったそうです。

「本校には留学制度がありませんから、生徒には留学に相当する場を提供し、考えさせることが大切だと思っています。海外との接点を作ることで、自分で考えるようになり、自らの課題が海外に見えてくると、自然と海外へ行きたくなります。お膳立てしなくても、海外で勉強するにはどうしたらいいかと考えるようになるのです」

 実際に留学の相談で、校長室を訪ねてくる生徒も増えたといいます。

「自発的に考え、行動することがリーダーには必要です。リーダーというのは、必ずしも組織のトップではなくて、課題を解決する最初の水先案内人だと思います。課題を見つけることは誰にでもできますが、それを率先して解決しようと考え、行動することはなかなか難しい。それができる人を育成することが、今の日本の教育現場に求められていると感じています」

Interview高校2年 海保 航大さん
海保さん(右)とマイクさん(左)海保さん(右)とマイクさん(左)

 エンパワーメント・プログラムに参加して、自分にもっと自信がつきました。最初は留学生と英会話が通じるか不安でしたが、それは1日で消えました。単語やジェスチャーだけでも自分の伝えたいことが伝わるとうれしく、それがもっと話したいという意欲になりました。5日間を通して議論や発表を行い、英語力だけではなく、積極性や自己表現力も高まったと思います。また、自分の家庭はホストファミリーになりました。うちに泊まっていた留学生のマイクとは、その後も交流を続けていて、カリフォルニアまで会いに行きました。

(この記事は『私立中高進学通信2014年9月号』に掲載しました。)

成城中学校  

〒162-8670 東京都新宿区原町3-87
TEL:03-3341-6141

進学通信掲載情報

【中1の始め方】成功も失敗も成長の糧に!自律的学習者を育む学校行事
【私学の光輝】「これで成城生になる!」伝統の臨海学校で“人間力”を磨く
【熱中!部活動】「絆を力に」心と絆で勝利をつかむ
【中1の始め方】失敗も、成長の糧に!好きなことへのチャレンジを応援したい
【熱中!部活動】【体操部】成功体験の繰り返しが向上心をかきたてる
【学校生活ハイライト】「知・仁・勇」の精神で学ぶ 成城版グローバル教育
【目標にLock On!! 私の成長Story】「何を大切に、どう生きるか」中高の学校生活にその学びがありました
【Students' Chat Spot】臨海学校がリーダー教育の象徴である同校
【こどもの自立を促す教育】これからの時代をたくましく生きる人間力の高い男子を育成
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「迷ったら前に出よ」 “勇”の精神が自立へと導く
【SCHOOL UPDATE】オーストラリア・グローバルリーダー研修 自分の生き方を考える 12日間
【大学合格力強化計画】生徒の希望進路実現にこだわった 6年間の教育プログラム
【キャンパス歩き】グローバル時代のリーダー育成 多様な活躍の場を与えてくれる新校舎
【その先に備える キャリア教育】独自のプログラムを通じて“知・仁・勇”を備えたリーダーを育成
【めざせ 次代のグローバルリーダー】創立以来の教育理念を守りながら 時代の変化に合わせたリーダー育成に力を注ぐ
【On Going! 進歩する私学の注目情報】より勇ましく よりグローバルに伝統の男子校が進化する
進学通信2014年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ