LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年9月号

私学の情報リテラシー

京華女子中学校

電子黒板授業
生徒の苦手克服を促す

電子黒板の画面に直接書き込む様子

電子黒板の画面に直接書き込んだり、通常の黒板を使ったりしながら授業は進められます

情報に頼らない・流されない!
主体的に扱うことで的確に発信・伝達する能力を養う

 授業の内容をより深く理解するために、同校では昨年の3学期から電子黒板の活用を始めました。まずは中学1年の教室に導入し、来年は2年生の教室に、再来年は3年生の教室にといった具合に、3年間をかけて全学年に導入する予定です。

 英語を教える小堺伸一先生は、電子黒板導入により、生徒の教科への興味が増したと言います。

「デジタル教科書を電子黒板に映して行う授業では、音声に合わせて本文や単語を読んだり、重要なところにマーカーを引いたり、書き込んだりとさまざまな使い方ができます。苦手意識から、下を向きがちだった生徒も、興味を持って、積極的に授業に参加するようになりました」

 数学科の守屋千尋先生は、板書が省け、テンポよく授業を進められることを利点として挙げます。

「図形の単元でも、以前は問題と図形の両方を板書していましたが、その必要がなくなったのは大きいですね。できた時間で生徒に身の回りの立体的な図形を撮影して発表させるなど、プレゼンテーションの機会を増やしました。また、黒板や教科書など二次元の場所で三次元の立体を扱うところに図形を理解する難しさがありましたが、電子黒板では空間図形を回転させることができ、イメージがしやすくなりました。苦手意識の克服にも役立っています」

 理科の実験や家庭科の実習では、動画で手順を確認してから作業に入っています。また、ホームルームでも、宿泊行事の感想をパワーポイントで発表するなど、さまざまな使い方がされています。

「これまでは教師が一方的に発信する授業がメインでしたが、電子黒板の導入で生徒自身が発表する場が増えました。今後も生徒のプレゼンテーション能力を高める教育をしていきたいと考えています」
(守屋先生)

 同校ではタブレット型端末の導入も検討中とのことで、授業内容のさらなる充実と学習の深化が期待できそうです

視覚に訴える授業を手軽に実施
電子黒板を使った授業電子黒板を使ったテンポの良い授業の運びで、生徒の集中力が切れることがありません。
増えるプレゼンテーションの機会みんなの前で発表し、自己表現力を磨く

 英語の授業では、教科書の内容に応じて配役を決め、生徒が暗唱して発表します。電子黒板とデジタル教科書の導入で効率的に授業が進むようになったことから、全員が発表する時間ができました。

「ところどころアレンジしても良いことにしているので、生徒は工夫して楽しみながら英語を覚えています。こうした工夫が自己表現にもつながると期待しています。付属の書画カメラで練習の様子を録画して進歩の度合いを確認するなど、今後もより効果的な使い方を模索していきたいと考えています」
(英語科/小堺伸一先生)

黒板と併用でより理解度を深める
さまざまな使い方ができイマジネーションが広がる電子黒板

 書画カメラを使うことで、従来の教材を電子黒板に映し出し、そこに書き込むことも可能です。期末試験を控えたこの日、数学科の守屋先生は、電子黒板と従来の黒板を併用し、問題の解説を電子黒板に、解答は黒板に板書して授業をしていました。

「電子黒板は多彩な使い方ができるので、教員のイマジネーションが広がり、生徒も先生も楽しい授業ができています」

(この記事は『私立中高進学通信2014年9月号』に掲載しました。)

京華女子中学校  

〒112-8613 東京都文京区白山5-13-5
TEL:03-3946-4434

進学通信掲載情報

【学校生活ハイライト】3校による合同開催の『京華祭』議長校として統率力を発揮
【Students' Chat Spot】先生とも先輩ともとても距離が近いので何でも相談できます
【グローバル時代の学び方】ターム留学で国際感覚と自立した心を養う
【The Voice 校長インタビュー】バランスの取れた教育方針と独自プログラムで生徒の才能を伸ばす
【中1の始め方】『八ヶ岳イングリッシュキャンプ』で英語の経験値ギャップを解消
【熱中!部活動】【マーチングバンド部】一つのショーを通して“共生力”を学ぶ
【私学の光輝】BACK TO THE FUTURE 120 創立120年、伝統を未来へとつなぐフレスコ画が完成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】“気づき”や“驚き”を共有できる協働型の授業
【制服物語】TPOに合わせた制服の着こなしから女性としての品性を養う
【未来を生き抜く学力のつけかた】生徒のやる気を高め理解を促すタブレットの活用
【10年後のグローバル社会へのミッション】第2外国語の授業で異文化への視野を広げる「英才教育」
【私学の先生から受験生へのアドバイス】的を絞らず習った全範囲をていねいに学習しておきましょう
【私学の情報リテラシー】電子黒板の授業で 生徒の苦手克服を促す
【私学の光輝】有名学食の手づくり弁当で 体も心も満たされるランチタイム
進学通信2014年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ