LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年9月号

私学の光輝

佼成学園女子中学校

乙女祭

行事が人をつくり、グローバルリーダーを育てる
今年度のテーマは『女のてっぺんとったんで!~佼女の美女のお・も・て・な・し』に決定。キーワードは「女子力」だそうです。

 同校の教育の魅力を語るうえで重要なキーワードの一つが「行事が人をつくる」です。年間の三大行事として、『スポーツフェスタ』(体育祭)、『乙女祭』(文化祭)、『合唱コンクール』があり、準備から本番まで、全生徒が協力して行います。この中でも、2学期に行われる乙女祭は、特に同校らしさがあふれています。

「一番の特色は、『クラス単位』が基本になっていることですね。舞台発表や教室展示など、一つの企画にクラス全員で取り組みます。時には話し合いが折り合わず、ぶつかることも。そこが実は成長のチャンスでもあるのです。自己主張ばかりではなく、思いやりの大切さを学ぶことは、行事がもたらす重要な意味だと思います」
(生徒指導部長/二木宏明先生)

 行事のたびに心を鍛える経験をすることで、生徒達は人間的な成長を遂げていきます。それは同校がめざす〝グローバルリーダー〟像に近づくことでもあるのです。

「例えば、希望者で構成される文化祭実行委員会は、校内で合宿をして長い会議を行います。寝食を共にする団体生活の中で、人の言うことを認めながら自分の主張もしなければなりません。自立、自己主張、他者理解などを学ぶ海外留学と非常に似た環境です。リーダーとして成長する機会であることは間違いありません」
(江川昭夫教頭先生)

 行事を通して団結力で打ち勝つ強さを身につけると、学業においても、共に競い合いがんばろうという意識が芽生えるようです。それは、生徒達の英語力や大学合格実績が証明しています。同校の中高6年間は、将来世界に羽ばたき活躍する素地をさまざまな角度から育んでいきます。

舞台発表は、ダンスや影絵、劇、ミュージカル、ファッションショー、合唱、合奏など趣向をこらしたものが登場。年々レベルが上がっています。
全校生徒が将来の夢や目標を書いて写真に撮り、張り出した『To Be』は昨年度の目玉企画。毎年、こうした特別企画が行われます。
教室で展示や催しを行うクラス。研究発表や実験、縁日、お化け屋敷など、その内容はバラエティに富んでいます
模擬店を出店する高3生。9月のこの行事を終えると、大学受験に向けて切り替えます。
保護者も、後援会としてバザーや模擬店で乙女祭に参加。お父さん達が、一生懸命焼きそばを作ります。
各クラスで製作し、コンテストも行われる垂れ幕。催し物のPRと共に、乙女祭を盛り上げます。

※写真はすべて昨年度の『乙女祭』より。

(この記事は『私立中高進学通信2014年9月号』に掲載しました。)

佼成学園女子中学校  

〒157-0064 東京都世田谷区給田2-1-1
TEL:03-3300-2351

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】スリランカ青少年交流プログラムをきっかけに南アジアの研究をするため海外大学へ
【私学の英語最前線】中学時代に培う基礎力が発展・応用の原動力に
【6年間の指導メソッド】20年の実践とSGH事業で国際人材を育てる
【未来を切り拓くグローバル教育】SGクラスが育むグローバルな課題解決力
【私学の光輝】人と人との結びつきが培う豊かな人間性と学びの力
【注目のPick up TOPIC!】国際的素養を身につけた真のグローバルリーダーを育てる
【校長が語る思春期の伸ばし方】答えのない問題に立ち向かうために過干渉になりすぎず自立を促しましょう
【グローバル時代の学び方】海外フィールドワークで問題解決能力を育成
【注目のPICK UP TOPIC!】『英検まつり』~楽しくレベルアップ~
【10年後のグローバル社会へのミッション】時代を先駆け実践してきたグローバルリーダー育成教育
【学校生活ハイライト】「英語の佼成」を発展させた「グローバルの佼成」が合言葉に
【未来を生き抜く学力のつけかた】定評ある英語教育を基盤に真のグローバルリーダーを育成するプログラム
【Students' Chat Spot】勉強面だけでなく行事も活発な佼成学園女子 高3の生徒会役員の皆さんに集まってもらいました
【私学の光輝】乙女祭
【めざせ 次代のグローバルリーダー】「英語の佼成」がスーパーグローバルハイスクールに さらなる飛躍で海外大学進学をめざす
進学通信2014年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ