LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年9月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

横浜富士見丘学園中学校

6カ年一貫女子教育を軸に
社会の中心で活躍できる女性を育てる

セブ島での休日は、現地のボランティア活動などに参加しました。

教科学習と課外活動を両輪として英語教育を推進
セブ島での授業はマンツーマンが基本。現地の先生とは自然と仲良くなります。

 キャリア教育『High Skilled Career Education』を教育の根幹に据え、社会の高いステージで活躍できる女性の育成をめざす同校。中でも重視しているのが高い英語力の育成です。昨年4月の赴任以来、数多くの新しいプログラムを立ち上げてきた松田由紀子校長先生は、次のように語ります。

「これからの時代は、女性が"補助的"な役割ではなく、社会の"中心的"な役割を担っていく必要があります。そのために、語学力は必須ツールです。本校では、すべての生徒が最低限、英語を普通に話せるレベルまでもっていきたいと考えています」

 同校の英語教育は、教科学習と課外活動が両輪となって展開されています。教科学習では、6カ年一貫教育の強みを生かし、先取り学習を取り入れた体系的なカリキュラムが組まれています。指導は"全体"よりも"個別"、"しかる"よりも"ほめる"など、思春期の女子の特性を配慮しながら進められ、大学受験へと続く高い英語力が養われます。

 一方の課外活動は、学年ごとに多くの機会が設けられています。

「英語力は、教科学習だけでは身につきません。さまざまな体験を通じて"気づき"の機会を与えることで、生徒達は英語を学ぶことへのモチベーションを高め、主体的に英語力をつけていきます」

 新たにスタートしたプログラムの一つが、『セブ島英語マンツーマン研修』です。昨年度は3月16日~30日までの15日間、中1~高2の希望者32名が参加し、ネイティブの先生との文字通り"マンツーマン"指導を基本とした密度の濃い講義を受けました。

「現地の英会話学校には、グラウンドやプールがあり、セキュリティがしっかりしているので安心です。休日は、ガイド役の先生に引率されて市街を見学し、現地の貧困層の子ども達との交流も行いました。貧しくても一生懸命に学ぼうとする姿に多くの生徒が刺激を受け、学ぶことの意味を深く考えると同時に、不自由なく学べている自らの境遇にありがたみを感じていました」

 現地で仲良くなったネイティブの先生とは現在もメールなどで交流が続いており、今後はスカイプを使ったオンライン英会話レッスンも検討中です。同校が先駆けとなって始めた実践ですが、欧米での研修よりも参加費が安く、高い成果が期待できることから、他校からも注目を集めているそうです。

海外研修を通じ異文化の中で自立を促す

 2年後の平成28年度には、高1の『オーストラリア研修』と『オーストラリア短期留学』もスタートします。『オーストラリア研修』の滞在期間は、7月初旬からの10日間。学年の全生徒が参加し、ファームステイや高校生との交流、史跡見学などを行います。その後、希望する生徒は現地に残り、9月末までの約3カ月間、『オーストラリア短期留学』に参加できます。

「滞在中、生徒達は現地の家庭にホームステイし、現地校の授業に参加します。短期留学の目的は、英語力を高めること以上に、保護者や教員から離れた所で、生徒達を"自立"させることです。異文化の中で周囲の生徒達と対話し、協調しながら、自分をしっかりと主張できるようになってほしいのです」

 国内で行われる英語関連行事も多彩です。夏休みに行われる『グローバル・ヴィレッジ1日英語村』は、高1・高2を対象とした行事で、生徒達は外国人講師と共に英語だけで過ごし、英語の活用力を高めます。また、学んだ単語や文法だけでも十分に会話ができ、外国の人とも話せることを実感し、英語を活用することへのハードルを下げることもこの行事の目的です。

 今年度からは、世界事情に目を向け、日本人としての自覚を高める『イングリッシュ・デー』も開催します。さらに平成28年度からは、海外の若者と生徒 が一緒になって音楽公演を創る『ヤングアメリカンズ』にも参加する予定です。

「英語はあくまでもツールにすぎません。これを備えつつ、人間関係能力や課題対応能力、キャリア形成能力を高めることで、国内外を問わず、一生涯にわたって活躍できる女性を育てていきたいと考えています」

先輩が後輩をやさしく指導する 大好評の『ビッグ・シスター』とは
上級生にとっては、英語を別の角度から学ぶ機会であり、校内で行うインターンシップのような実践です。

 放課後に、上級生が"お姉さん役"として下級生を指導するこの取り組みは、高1・中1の組み合わせで昨年度からスタートしました。先生は中1の教科書と授業進度を示すだけで、指導内容や教材はすべて高1生が考えます。

「中1生にも高1生にも好評で、今年度は高2・中2の組み合わせでも始めました。教わる側だけでなく教える側のモチベーションも高まっていて、『将来は英語の先生になりたい』という生徒も出てきています」
(松田校長先生)

(この記事は『私立中高進学通信2014年9月号』に掲載しました。)

横浜富士見丘学園中学校  

〒241-8502 神奈川県横浜市旭区中沢1-24-1
TEL:045-367-4380

進学通信掲載情報

【注目! News and Topics】男女別クラスによる共学化がスタートオンライン英会話が必修化
【未来を切り拓くグローバル教育】世界を身近に感じて自らつかむ未来像
【6年間の指導メソッド】男女別クラスによる共学化がスタート
【注目のPICK UP TOPIC!】2019年度からの共学化を見据え理数教育と英語教育をさらに充実させる
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】2019年度より共学化横浜富士見丘学園の未来ビジョンが始動!
【SCHOOL UPDATE】海外研修 活きた英語力を高める体験型の海外研修
【グローバル時代の学び方】体系的な授業と多彩な講座で活きた英語力を磨く
【グローバル時代の学び方】体験から学びとる異文化コミュニケーション
【大学合格力強化計画】未来を幸せに生き抜くために 部活と勉強を両立し、志望校合格へ
【SCHOOL UPDATE】地域社会に貢献する体験型授業
【カリキュラムを読み解く】社会変化に対応できるキャリア教育
【10年後のグローバル社会へのミッション】価値観が多様化する社会で必要となる自ら選択する力を育む
【学校生活ハイライト】6年にわたる多彩な取り組みで 豊かな心と学力を育み 自立し、自律した女性をめざす
【未来を生き抜く学力のつけかた】なぜ学ぶのかを理解させ社会でのスキルを学び選択肢に広がりを
【Students' Chat Spot】学習指導・人格形成・キャリア教育を三本柱としたプログラムを展開
【キャンパス歩き】大切な6年間の成長をやさしく見守る 美しくゆとりあるキャンパス
【めざせ 次代のグローバルリーダー】6カ年一貫の女子教育を軸に 社会の中心で活躍できる女性を育てる
進学通信2014年9月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ