LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年8月号

母校にエール!OGOB interview

日本大学豊山女子中学校

教育実習生として戻ってきた今
母校の素晴らしさを痛感しています

左からM・Mさん、F・Kさん、F・Mさん、T・Mさん。

M・Mさん

日本大学文理学部 史学科4年

F・Mさん

東海大学体育学部 競技スポーツ学科4年

F・Kさん

日本大学文理学部 体育学科4年

T・Mさん

日本大学芸術学部 文芸学科4年

時に厳しく、時に温かく
指導してくださった先生方
教育実習期間中に開催された進路説明会で発表するF・Mさん。大学で学ぶことの意味などについて、在校生との対話形式でプレゼンテーションしました。

 今回登場いただくのは、教育実習生として母校へ戻ってきていたM・Mさん、F・Kさん、F・Mさん、T・Mさんの4人。「学校時代の思い出は?」と聞くと、6年間をともに過ごした仲間とあって、次から次へと思い出話が飛び出してきます。

「校外学習が楽しかったよね」
「劇団四季も3回くらい観たっけ」
「スポーツ大会も盛り上がったね」
「かるた大会!」
「楽しい学校行事、多かったよね」

 同窓会のように盛り上がる4人に、教育実習生として母校に戻ってきた感想を聞きました。

「約3年ぶりに会った先生から『もう大学4年生になったのね』『教育実習、大変だけどがんばりなさいね』などと言われて、うれしかったですね。ずっと温かく見守ってくれていたのだなと思いました」
(M・Mさん)

「在校生だった頃は気づきませんでしたが、この学校の先生はすごいなと思いました。目配りや気配りが利いて、クラスの雰囲気をよく観察しながら的確に指導されています」
(T・Mさん)

「中1の時、担任の先生に『人と人との出会いは〝奇跡〟だから大切にしてほしい』と言われたことが、今も心に残っています。私自身、その言葉の重みを痛感していて、教育実習を通じて生徒達にも伝えたいですね」
(F・Kさん)

「久々に再会したある先生から、教育実習に入る前に『あなたは真面目すぎるから、少し肩の力を抜いたほうがいいぞ!』と言われました。とてもよく見抜いていらっしゃるなと思いました」
(F・Mさん)

 日本大学との連携で行われる校外学習、独自学科である『理数科』など、生徒のキャリア形成を見据えた体系的な教育プログラムが組まれています。
その一方で、学校行事や部活動も盛んで、こうした機会を通じて友達との絆も強くなっていったと4人は振り返ります。

「仲の良い友達はいましたが、特定のグループで固まることはなく、クラス全員がまとまっていました。互いが良いところも悪いところも認め合いながら接していたように思います」
(M・Mさん)

「行事などのグループ分けは、いつもランダムだったので、いろいろな友達と仲良くなれました。先生方が、クラス全体のバランスをよく考えてくれていたおかげです」
(T・Mさん)

「人の気持ちがよくわかる生徒が多かったですね。学校行事が多いので、そこでの触れ合いなどを通じて、どの生徒も少しずつ人の痛みを理解できるようになっていったのだと思います」
(F・Kさん)

「ここの卒業生は、大学へ行っても変わらないですね。再会すれば、すぐにあの頃に戻れます。一人ひとりが互いの個性を認め合い、素のままの自分で学校生活を送れたからだと思います」
(F・Mさん)

この学校の先生方のような魅力あふれる人になりたい

 来春には大学を卒業する4人ですが、将来の目標はこの学校の先生方だと言います。

「私は高校時代からトライアスロンをしていたのですが、試合で結果が出なかった時、体育の先生から叱られたことがありました。私のことをよく見抜いて、あえて厳しい言葉をかけてくれたのです。本気で生徒と向き合える先生はかっこいいなと思いました」
(F・Kさん)

「私は英語が苦手でしたが、高1の時に英語の担当だった先生が個人的に指導してくれたおかげで、克服することができました。良い点数を取れた時、一緒に喜んでくれたのがうれしかったですね」
(M・Mさん)

「私が先生になろうと思ったのは、中学3年間担任だった佐藤博英先生の影響が大きいです。一人ひとりの生徒を本当によく理解して、親身になって指導してくださいました」
(T・Mさん)

「卒業時、私は感謝の言葉を書いた小さな紙を先生方に渡して歩いたのですが、今年校長になられた近藤博七先生は、ずっとその紙を大切に持ってくださっていました。とてもうれしかったです。この学校には、『こんな大人になりたいな』と思う先生がたくさんいます」
(F・Mさん)

 進路説明会では、研究や活動、大学で学ぶことの意義、自身の夢を在校生に向けて語った4人。充実した大学生活を身近に感じられる環境が在校生の意欲を高め、中高6年間の学びを充実させるとともに、豊山女子生として将来へ向かう自信を育てていくのです。

主な大学合格実績(現役)と近年の傾向

 秋に行われる『日大統一テスト』により、毎年多くの生徒が日本大学へ進学するが、近年では国公立大や他大学へ進学する生徒も多い。独自学科『理数科』を設置するなど理数系の教育にも力を注いでおり、理系学部への進学者は多い。現役での4・6年制大学進学率は90%に上る。


信州大1名、立命館大1名、青山学院大6名、法政大2名、成蹊大2名、成城大2名、駒沢大6名、日本大学138名(2014年春 現役生のみ)

学校沿革
校舎

 1966年に日本大学付属校で唯一の女子高校として創立(中学校は1986年に開校)。日本大学の建学の精神に基づき、心身ともに健康で明るく闊達な生徒の育成を目標としている。中高大の連携教育に力を入れており、併設大学での学部見学や実験実習、大学教授を招いての講義や説明会などを実施している。キャンパスは東京都板橋区の閑静な住宅街にあり、練馬駅と赤羽駅からスクールバスを運行している。

(この記事は『私立中高進学通信2014年8月号』に掲載しました。)

日本大学豊山女子中学校  

〒174-0064 東京都板橋区中台3-15-1
TEL:03-3934-2341

進学通信掲載情報

【行ってきました!学校説明会レポート】女子の心をつかむ体験授業が魅力夏休み学校見学会
【The Voice 校長インタビュー】「女子にしばられない」教育で視野を広げて未来を切り拓く
【SCHOOL UPDATE】広い視野を持ったグローバルリーダーを育成
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】1人1台タブレット利用で思考力を磨き多面的に学ぶ
【中学入試のポイント】調べてまとめて発表する思考力型入試
【SCHOOL UPDATE】文化週間・合唱コンクール 固い団結力を歌にのせて各クラスが優勝をめざす
【グローバル時代の学び方】世界に飛び出すきっかけをつかむ2つの海外研修
【The Voice 新校長インタビュー】女性の活躍の場が広がりゆく今こそ未来を見据えた学校改革を
【10年後のグローバル社会へのミッション】英語にたくさん触れて 自主的に英語を楽しむ環境づくりと教育
【注目のPICK UP TOPIC!】「サイエンス部」が全国大会に出場
【SCHOOL UPDATE】タイムカプセル開封式 15年間の成長と母校での日々に思いをはせる
【部活レポート】放送部
【授業発見伝】理数科 創造的な学習意欲を育てる課題研究発表会
【母校にエール!OGOB interview】教育実習生として戻ってきた今 母校の素晴らしさを痛感しています
進学通信2014年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ