LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年8月号

授業発見伝

八王子学園八王子中学校

英会話
「英語が楽しい」と思わせることで英会話への関心意欲を高める

オーストラリア語学研修に備えて作成するファイル

中学3年で行くオーストラリア語学研修に備えて作成するファイルも、英会話の授業でつくります。
ファイルは、ホームステイ先で自己紹介するときに使います。

授業の後、生徒がヒューズ先生に質問しようと集まってきました。
みんな英語で会話しようと一生懸命です。

 中学3年の夏に、10日間のオーストラリア語学研修を行っている同校。この語学研修では、全生徒が現地のホームステイ先に1人ずつ分かれて滞在するため、全員が日常的な英会話を身につけておくことが必須です。海外に行って1人で行動できるだけの語学力をつけることが、英会話の授業の最大の目標です。

 英会話の授業を受け持っているグレゴリー・ヒューズ先生は、日本語が堪能なニュージーランド出身の先生。

「中学1年から、30人前後のクラスを3分割した少人数制のきめ細かな授業を展開しています。1クラスが10人程度だと、教員の指導が一人ひとりに行き届き、ペアワークもきっちりできます。生徒の発言の機会が多くなることも、少人数制の大きな利点だと言えます」と話します。

 英語習得の基本は、「英語を楽しむこと」というのがヒューズ先生のモットー。英会話が得意な生徒ばかりではないため、授業内容が理解できず、つまらないと感じてしまう生徒が出ないように配慮しているそうです。取材をした授業でも、生徒の理解を促すために、あえて日本語を使って説明する場面も見られました。

「何よりもまず、英語が楽しいと思わなければ、英会話は上達しません。失敗してもいいから、積極的に英語で話す機会を増やすことが大事です」とヒューズ先生は強調します。

 また、英会話の授業では、語学研修に行った際に、オーストラリアのホストファミリーに見せるための自己紹介用ファイルを作成したり、オーストラリアをはじめとする海外の文化や習慣などを学んだりもします。

「英会話の授業では、ただ英語がうまく話せるようになることをめざすのではなく、広く海外に目を向け、いろいろな国の文化にも興味を持ってもらいたいと思っています」

 英会話の時間を通じて、生徒の国際理解や国際交流を深めることにも努めているのです

授業レポート
英語で発言する機会をなるべく多く与える
海外文化の知識や情報を紹介する
ヒューズ先生あいさつの言葉が、欧米やオーストラリアでは異なることを、板書しながら説明するヒューズ先生。

 取材させてもらったのは中学2年の授業。あいさつの話題になったとき、「欧米では“hello”と言うけれど、オーストラリアでは違うよ」と話しながら、ヒューズ先生が黒板に書いた言葉は“gidday”(ギデーイ)。“good day”がなまってできた言葉だそうです。このように、オーストラリア語学研修を来年に控えた生徒に向けて、オーストラリアの文化や習慣の紹介もしています。

英語で発言できたら『1ドル』獲得
1ドルカード生徒は『ドル』を貯めようと、積極的に手を挙げて発言します。

 ヒューズ先生の授業では、英語で発言するごとに、先生お手製の『1ドルカード』が1枚もらえます。1時間の授業中に獲得した枚数を数え、授業の終わりに各自先生に報告します。『ドル』を稼ごうと、生徒は積極的に手を挙げて発言していました。時々、ボーナスポイントの『1問2ドル』の問題を出題するなどして、生徒のモチベーションを高める工夫もしています。

“息抜き”の時間を有効に使う
絵カードを貼る生徒達絵カードを教室内の壁に自由に貼るよう指示を出され、思い思いの場所に貼る生徒達。

 教員1人に対し生徒8~10人の少人数授業となるため、ずっと着席したままでは息が詰まることにもなります。生徒が適度に“息抜き”できるような時間を設けているのも工夫のひとつ。この日は、教科書の内容に関連する絵カードを生徒に1枚ずつ持たせ、教室の壁の好きな場所に貼ってくるように指示を出しました。ちょっとした気分転換を図ることで、続きの授業への集中度が高まります。

コミュニケーション力を鍛える
会話文をロールプレイ男女が対面で会話文をロールプレイします。ヒューズ先生は、視線を落とさず、できるだけ相手の顔を見て話すよう指導します。

 授業の最後は、教科書で習った会話文を男女に分かれて、1対1でロールプレイします。ヒューズ先生は、「できるだけ自分の台詞を覚えて教科書を後ろに隠し、相手の顔を見ながら言いましょう」と指導します。間違いを恐れず、顔を上げて堂々と話すことが英会話上達のポイント。こうしたコミュニケーション力を身につけることも、英会話授業の目標のひとつとなっています。

(この記事は『私立中高進学通信2014年8月号』に掲載しました。)

八王子学園八王子中学校  

〒193-0931 東京都八王子市台町4-35-1
TEL:042-623-3461

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】先生に質問しやすい距離感だから勉強も部活動もがんばれる!
【グローバル時代の学び方】無理なく楽しい英語でバイリンガルに!
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】『東大・医進クラス』が躍動!学校全体に活気が生まれ刺激し合う環境が当たり前に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ゼミ形式の学びを中学から無学年制『探究ゼミ』を新たに始動
【グローバル時代の学び方】自発的な学びを促し自然に英語を身につける
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】教育改革『八王子中学校イノベーション』 アクティブラーニングやICTの活用が当たり前の学校に
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】新始動の『探究ゼミ』 能動的な学びが当たり前の授業に
【10年後のグローバル社会へのミッション】日本の教員免許を持つネイティブによる『英語』の授業
【未来を生き抜く学力のつけかた】高度なアクティブ・ラーニングで実現 深い理解と表現力の向上 6年をかけて育む学力と自己発信力
【SCHOOL UPDATE】アクティブラーニングで改革!深く共感し合う授業へ
【めざせ 次代のグローバルリーダー】英語というツールを使い世界と語り合える総合力を養う
【全人教室│心を育む私学の授業】“体験”を重視したプロジェクトで総合的な「人間力」を身につける
【授業発見伝】英会話 「英語が楽しい」と思わせることで英会話への関心と意欲を高める
進学通信2014年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ