LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年8月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

浦和実業学園中学校

イマージョン教育
10年間の成果
卒業生国際的活躍

ユナイテッド・ハワイ・カレッジ(UHC)への短期留学

高1生はハワイ州ヒロ市のユナイテッド・ハワイ・カレッジ(UHC)で約3週間の短期留学に参加します。
英会話授業や現地の人との交流を通してコミュニケーション力や異文化理解、社会性や協調性が高まります。

豊かな人間力こそグローバル人材の本質
ネイティブの先生が副担任なので、朝礼や終礼は英語で行います。毎日少しずつ英語に耳が慣れることでヒアリング力が伸びていきます。

「英語を話せるだけではなく、自分と違う他者を知ろうとすること、相手の立場を考えて配慮することができる生徒を育てることが、グローバル教育のエッセンスではないでしょうか」

 そう話すのは、今年度から同校の英語イマージョン教育のコーディネーター役を務める水川瞳先生です。

 同校は2005年に中高一貫部がスタートした当初から、英語漬けの生活に身を置くことで自然と英語力が身につくイマージョン教育を展開してきました。ネイティブの先生と毎日英語で話せる環境、高1での海外研修制度など、グローバル化への対応を先取りしたプログラムは、同校のある埼玉県内のみならず首都圏の受験生からも大きな注目を集めてきました。

 10年間の成果は、英語を武器とする卒業生が増えている点に表れています。
例えばある卒業生は昨年、所属する大学の山岳部代表としてヒマラヤ遠征に参加。その後、ネパールの子どもたちの教育支援に参加するなど、学生ながら国際的な舞台でリーダーシップを発揮しています。

 今春に大学へ進学した卒業生の中には「外交官になって地域紛争を解決したい」「新興国の貧困問題に関心がある」と、活躍の場を世界に求めて進路を決めた人も多かったそうです。

 英語はあくまでツールであり、背景に「自分の考えを伝えたい」「相手を理解したい」というコミュニケーション力や「社会貢献したい」などの人生の目標を持ち合わせていなければ、本当の意味のグローバルリーダーにはなれません。

「中学段階では人間関係づくりが大事」という、冒頭の水川先生のコメントに納得させられます。

副担任がネイティブの先生 日常から耳を慣らす
実技教科はネイティブの先生と日本人の先生2人で教えます。体の感覚で英語に慣れる、身近なものの名前や使い方を英語で理解することができ、英語がより身近な存在になります。

 英語を武器にする同校の英語イマージョン教育は、中1・2年生に、最も手厚い環境が整えられています。

 一つ目はクラスの副担任がネイティブの先生であることです。朝礼や終礼の伝達事項が英語で行われるのは同校の日常風景です。ほめたり、叱ったりといった指導もすべて英語で行われます。

「あいさつをはじめ、生徒が先生に話しかけるのもすべて英語です。職員室で先生を呼ぶ、教室の鍵を借りる、宿題を提出するなど、最低限のフレーズは入学後1~2週間で使えるようになります」
(水川先生)

 二つ目は体育、音楽、美術、技術家庭の実技教科をネイティブと日本人の先生2人で教えることです。

 高1に進級すると3週間のハワイ短期留学に全員が参加し、英語イマージョン教育の成果を試します。こうして培った英語の基礎力を高2・高3で大学入試に向けた学習へと応用させていくのです。

 ここ数年、大学入試において英語の運用力を測ろうという動きが活発です。
中でも上智大学と日本英語検定協会が共同で開発したスコア型の新テスト「TEAP(ティープ)」に同校はいち早く着目しています。イマージョン教育で伸ばしてきた力を発揮できるとみているのです。

「今後、大学入試制度が変化しても、本校のイマージョン教育で育った生徒は十分に対応できると考えています」と水川先生は言います。一歩先を見据えた英語教育が大学合格力に直結し、真価を発揮する日も近いかもしれません。

●6年間の英語イマージョン教育
3年生までに基礎力を確実に身につけ、「ハワイ短期留学」で英語力に磨きをかけます。
築き上げた実力は受験勉強で大いに役立ち、入試英語でも高得点に結びついています。

外国人がいて当たり前 学校生活を国際化
中3のスピーチコンテストはクラス代表が自由なテーマでスピーチをし、全校生徒が聞きます。「あんな風に話したい」と下級生の意欲も高まります。

 本校では外国人の先生がいるのは普通のこと。生徒達は抵抗感なく一人の先生として接しています。その点は私たち教員も同じで、さまざまな国の先生と共に仕事をすることが日常なのです。いわば本校そのものが国際社会の縮小版とも言えます。英語科以外の先生も英語を話しますし、私自信の英語力も伸びました。そのような大人の姿が生徒の「英語を使ってみよう」という気持ちを後押しするものになればうれしいですね。
(水川先生)

(この記事は『私立中高進学通信2014年8月号』に掲載しました。)

進学通信2014年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ