LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年8月号

The Voice 新校長インタビュー

開智日本橋学園中学校

平和で豊かな国際社会を創造する
グローバルリーダーを育てたい

青木 徹(あおき・とおる)

青木 徹(あおき・とおる)
都立立川高校、東京学芸大学卒業。公立中学の教員を務めた後、平成8年に中高一貫の開智中学を開校し、探究型フィールドワークや『探究テーマ』の学びを開始。平成16年には4・4・4制やアクティブラーニングを取り入れた開智小学校を開校。
平成22年に開智未来中高を開校。今年度から日本橋女学館理事長・校長に就任。現、学校法人開智学園理事長。

来年度に共学化を実施
探究型学習も発展的に展開
【沿革】
1905年に日本橋女学校として開校。併設大学に、日本橋学館大学がある。「質実穏健」を建学の精神に掲げ、高い知性と豊かな人間性を兼ね備えた女性の育成をめざしている。

 埼玉県の開智中学・高等学校での18年間の教育実践を経て、今年4月に校長に就任をいたしました。本校は、百年以上の歴史を持つ伝統校で、その良さが学校の随所に息づいています。生徒達はとても落ち着いて勉強に集中できていますし、体育祭など生徒主体で進められる行事の運営もスムーズです。また、キャンパスはかつて日本文化の発信地だった都心にあり、アクセスもよく、地域資源も豊富です。こうした学校の魅力を存分に生かし、教育を推進して参りたいと思います。

 来年度から、本校の中学部は、共学化し、カリキュラムも一新します。共学化の狙いのひとつは、〝女性の社会進出〟を図ることです。少子化が進むこれからの社会では、リーダーシップを備えた女性の活躍が不可欠です。もちろん、女子だけでもリーダーシップは育つでしょうが、男女が共に過ごす環境の中で、周囲を引っ張っていける女性を育てていきたいと考えています。

 また、これからの学校は、多様性の中で〝学び合う〟ことが不可欠です。一般的に、この年代の男子は理数系に強く、女子は語学力に長けています。男女が互いにコミュニケーションを取り、それぞれの得意・不得意を補い合いながら、切磋琢磨し合える環境を整えていきたいと考えています。

 カリキュラム面では、私が前任校で長く実践してきた探究型学習に力を注ぎたいと考えています。本校には、独自の参加型学習『にほんばし学』を展開してきた土台がありますから、それをより発展的・組織的に展開していく予定です。講義形式の授業だけでなく、探究型、協働型、プロジェクト型の学習機会を増やすため、教員による研修や情報共有も推進していきます。

 新しく策定した〝めざす生徒像〟には、世界標準の大学進学プログラムが提唱する10の学習像が盛り込まれています。学びの面では、自分で考える力、探究・発信する力、豊富な知識、振り返りの力などを伸ばします。その一環として、例えば修学旅行のプログラムも生徒達に作らせようと考えています。どこへ行き、どんな施設に泊まり、どんな活動をするかなどを生徒達に企画させるのです。もちろん、ただ遊びに行くのではなく、学びの目的を明確にすることを約束して中身を検討させます。

 中高生ですから、うまくいかないこともあるでしょうが、挫折や失敗を通して〝振り返りの力〟を培い、次なるチャレンジ精神を生むことも狙いのひとつです。また、信念を持って挑戦する力、思いやりの心、智・徳・体のバランス、広い心、コミュニケーション力など、〝志〟や〝社会性〟もしっかりと育んでいきたいと考えています。

3つのクラスを設置し
多様な進路選択を可能に
3つの教育目標
  1. 得意を伸ばす
    違いを認め合い、自分の得意分野や独自性を見つけ伸ばす
  2. 志を高く学ぶ
    自分の目標を高く持ち、その志に向かって努力実践する
  3. 人のために学び行動する
    人のため、社会のために学び、行動する

 カリキュラムでは、生徒一人ひとりの能力やニーズに応じて学べる形に改編していきます。現状、中学校は『難関大学進学クラス』と『進学クラス』に分かれていますが、いずれもどちらかといえば国公立型のカリキュラムです。これを改編し、国公立大はもちろん早慶上理やGMARCHなどの難関私大、海外大学などの入試にも、対応できるようにしていきます。

 具体的に、中学校には『グローバルリーディングクラス(国際先端クラス)』『リーディングクラス(最先端クラス)』『アドバンスドクラス(先進クラス)』の3クラスを設けます。『グローバルリーディングクラス』では、世界を舞台に活躍できる人材の育成をめざし、世界標準の大学進学プログラムの国際中等教育と国際大学進学教育を導入します。『リーディングクラス』では、イマージョン授業を積極的に取り入れ、世界の舞台で通用する英語力を養います。『アドバンスドクラス』では 〝21世紀型学力〟を伸ばすため、探究型、協働型、プロジェクト型の学習を積極的に展開します。これら3つのクラスは、高2から各々の進路目標に沿って、さらに5つのコースに分かれます。

 いずれは、ハーバード大学やケンブリッジ大学への進学者も輩出していきたいと考えています。そのためには、教科の学力だけでなく、総合的な人間力を高めていく必要がありますが、6年間はそうした素養を培うために十分な時間だと思います。

 本校の生徒は非常に真面目に勉強ができていて、高いポテンシャルを持っています。だからこそ、新しいコースとカリキュラムにより、一人ひとりが持つ能力を最大限に伸ばし、行きたい大学へ進学できるようにしてあげたいと考えています。

(この記事は『私立中高進学通信2014年8月号』に掲載しました。)

開智日本橋学園中学校  

〒103-8384 東京都中央区日本橋馬喰町2-7-6
TEL:03-3662-2507

進学通信掲載情報

【学校ってどんなところ?生徒の一日】国際社会で活躍する日をめざして仲間と楽しく切磋琢磨!
【私たち、僕たちが大好きな先生】めざすは“ラーニングエンジニア”生徒が学ぶために自ら学ぶ人でありたい
【校長が語る 思春期の伸ばし方】「共感」して行動する経験を重ね 自己肯定感と主体的に発信する力を育む
【制服物語】アイデンティティーを表現しながら上品さを兼ね備えた制服
【中学入試のポイント】多彩な入試で受験生の“一生懸命”を応援
【子どもの自立を促す教育】探究と対話重視の授業で発信力を高め 自主性が育つのをサポート
【熱中!部活動】100年以上の歴史を持つ伝統校の活気ある活動
【Students' Chat Spot】生徒主体の「探究型の授業」や実践的な英語教育を通じて国際社会を視野に入れた真の学力を身につける
【SCHOOL UPDATE】哲学対話 正解のない対話を通じて自ら問いかけ考える力を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】開智から引き継いだ探究型授業で21世紀型の人材を育成
【私学の先生から受験生へのアドバイス】受験生が“得意”を生かせる入試システム
【キャンパス歩き】水と緑に囲まれた環境を学びの空間として最大限に有効活用
【The Voice 新校長インタビュー】平和で豊かな国際社会を創造する グローバルリーダーを育てたい
進学通信2014年8月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ