Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年7月号

私学しゅん報

和洋国府台女子中学校

〝理科好き〟を育むカリキュラム

液体窒素の状態変化

液体窒素の状態変化

ヤリイカの解剖

ヤリイカの解剖

専門性が高く、〝わかった〟が実感できる

「これは、液体窒素というもので、なんとマイナス196度!この中にツツジの花を入れるとどうなると思う?」

 理科の植田幹男先生の質問に、生徒達は頭をひねります。次の瞬間、「すごい!何これ!? 」と歓声があがりました。ツツジがパリパリッと凍りついたからです。

 同校では、このように生徒の興味を引きつける実験を授業に取り入れ、理科好きの女子を育てています。

「本校の理科の授業は、教育方針である"実験観察を重んじる学習"に基づいています。3年間で90回の理科実験を行い、楽しさを体験し学力の向上と自然科学への興味・関心を高めています。中学生でも理解でき、かつ専門性の高い題材を選んでいることから、『理科が好き!』と言う生徒や高校で理系を選択する生徒が増えてきました。オリジナルのプリントを使って授業を進めていくので、実験の内容と理論をしっかり理解することができます。安全面への配慮から、白衣に保護メガネ、手袋などの装着も欠かしません」
(理科・広報担当の屋形英範先生)

 理科2実験室では、無セキツイ動物の体のつくりを学ぶため、"ヤリイカの解剖"が行われました。外とう膜の下からハサミを入れ、切り開きます。注意深く内臓を取り出し、スポイトで口からポン酢を入れ、消化管のつながりを確認。最後に眼球を取り出して完了です。村上喜恵先生の見事な手さばきを参考にしながら、生徒達は熱心に解剖バサミを動かしていました。

液体窒素に入れて取り出したツツジ液体窒素に入れて取り出したツツジは、握りつぶすと粉々になります。生徒一人ひとりが順番にそれを体験し、そのたびに驚きの声が上がっていました。
ソフトテニスのボールで実験ソフトテニスのボールでも実験。凍ってパリパリになったボールをふわりと宙に放り上げるのに、なかなか苦労しました。
ヤリイカを使った実験思いのほかぬるぬるするヤリイカを前に「手がすべっちゃう!」とやや緊張気味の生徒。慎重に内臓を取り出すことができました。

(この記事は『私立中高進学通信2014年7月号』に掲載しました。)

進学通信2014年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ