Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年7月号

大学合格力強化計画

東邦大学付属東邦中学校

安定した実績の土台を成す
『リベラルアーツ型』の
カリキュラム

豊富な進路探求の機会

CALL教室での英語科の授業

CALL教室での英語科の授業。パソコンを利用したヒアリングなど、最新機器を利用した授業が展開されています。

理系・文系どちらへの道も開かれたカリキュラム

 毎年、国公立大学の医学部に多くの合格者を出すなど、伝統的に医歯薬系学部を志す生徒が多く、安定した大学合格実績を残している同校。昨年度の卒業生も約7割が理系学部へと進学しました。併設大学も医学部、薬学部、理学部、看護学部で構成され、〝理系の東邦〟というイメージを持つ人もいますが、カリキュラムの時間数配分は至って標準的で、理数系の授業数がとくに多いわけではありません。

「理系に進む生徒が多いのは、そうした意向を持って入学してくる生徒が多いからです。学校として、理系に誘導するような指導はしていません。医師をめざす生徒にも、優れた国語力や社会的知識を持っていてほしいですし、弁護士や官僚をめざす人にも科学的理解力を備えていてほしいというのが、本校の思いです」
(進路指導部長の廣瀨信也先生)

 中1から高2まで、全生徒が幅広い教科をバランス良く学ぶ同校のカリキュラムは、『リベラルアーツ型』と呼ばれています。ここ数年、よく使われるようになった言葉ですが、同校は10年以上も前から使用し、揺るぎない教育の基本方針となっています。

進路選択のきっかけとなる『自分探し学習』と『学問体験講座』

 進路指導において、同校が何よりも重視しているのは生徒自身の意志です。担任が、あえて難関大学や医学部を勧めることはせず、何より生徒が〝やりたいこと〟のできる大学を勧め、合格に向けて手厚く支援します。そのためには、生徒自身が進路選択の〝手がかり〟を発見することが前提となってきますが、その機会が豊富に設けられているのも、同校の特色です。

 そのひとつが『自分探し学習』で、進路選択のきっかけとなる体験的学習が各教科で展開されています。国語では、文学作品や作家ゆかりの地をめぐる『東京探見』が行われており、その様子は新聞やテレビでも紹介されるなど話題を呼んでいます。社会科の『社会科博士号』では、夏休みを利用して、中1は歴史新聞、中2は環境新聞、中3は人権新聞の作成に取り組みます。優秀作品は文化祭で展示され、最優秀作品受賞者には〝○○博士号〟の認定証が授与されます。

 大学と連携して行われる年3回の『学問体験講座』も、そうした実践のひとつです。生徒が併設大学などを訪れ、研究活動に参加するもので、多彩なメニューが用意されています。昨年度から始まった『ブラックジャックセミナー』では、コンピュータシミュレーションを使った手術縫合体験や内視鏡トレーニングなどを生徒達自身が行い、最先端の医療技術を体感しました。

「『学問体験講座』で大学の先生との対話がきっかけとなって、将来の目標を決めた生徒もいます。こうした機会がないと、生徒達は教科の得意・不得意や偏差値だけで、進路を決めてしまいかねません。世の中には、『苦手だけどやりたい』こともあるはずで、多くの体験機会を通じて、自分の力で将来の夢を見つけてほしいと考えています」

 同校は平成28年春を最後に高校の募集を停止し、完全中高一貫校となります。そのため、今年度の中学入学生は高校進学時に高校入学生との合流がなく、完全な6カ年一貫カリキュラムの下で学ぶことになります。

 これを機に、導入したのが高2からの『コース別プログラム』です。高2生は希望に応じて理科もしくは英語の授業を通常より多く選択し、より専門的に学習内容を深めることができます。伝統の『リベラルアーツ型』のカリキュラムに、緩やかなコース制を導入したことが今後どのような成果を生み出すのか、注目されるところです。

東京探見『東京探見』には、生徒だけでなく多くの保護者も参加。国語科の堀越正光先生がナビゲーター役となり、都内の文学作品・作家ゆかりの地をめぐっています。
ブラックジャックセミナー『ブラックジャックセミナー』で内視鏡手術を模擬体験する生徒。医師の仕事の一端に触れ、自分の将来をイメージします
2013年度(2014年春)
主な大学合格実績

※既卒生を含む

大学名 人数




北海道大学 3
東北大学 2
千葉大学 21
お茶の水女子大学 4
東京大学 4
東京医科歯科大学 4
東京外国語大学 1
東京工業大学 12
一橋大学 4
横浜国立大学 6
名古屋大学 1
京都大学 2
大阪大学 2
大学名 人数



早稲田大学 77
慶應義塾大学 44
上智大学 47
東京理科大学 138
国際基督教大学 1
学習院大学 12
明治大学 76
青山学院大学 12
立教大学 41
中央大学 32
法政大学 42
東邦大学 49

(この記事は『私立中高進学通信2014年7月号』に掲載しました。)

東邦大学付属東邦中学校  

〒275-8511 千葉県習志野市泉町2-1-37
TEL:047-472-8191

進学通信掲載情報

【私学の校外学習・学外交流】「物語」に描かれた世界を体験し知的好奇心を満たす 東京探見・物語散歩
【中学入試のポイント】“読み解く力”が鍵を握る東邦型の選択問題
【Students' Chat Spot】自由な雰囲気の中で自分のやりたいことに邁進できる学校です
【みんな大好きキャンパス食堂】明るくゆったりとした自慢のカフェテリア
【中学入試のポイント】人気の推薦入試“東邦型”は変わらず
【校長が語る 思春期の伸ばし方】難しい思春期も『ピンチはチャンス』豊富な体験で、大きく成長します
【目標にLock On!! 私の成長Story】モチベーションの低かった僕を変えた 熱血先生の指導と一冊の本との出会い
【6年間の指導メソッド】徹底したリベラルアーツから高い専門性を
【グローバル時代の学び方】日常的に異文化に触れ多様性への理解を深める
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】完全中高一貫化で リベラルアーツ型学習を基本に自分探し学習をさらに推進
【学校生活ハイライト】約1年間をかけて全力で取り組んだ『銀杏祭』 素顔の東邦生が躍動するAmazingな2日間
【The Voice 新校長インタビュー】柔軟な想像力を得る体験に満ちた 中高6カ年の学校生活
【私学の先生から受験生へのアドバイス】完全中高一貫化を控え新カリキュラムが始動 不変の教育理念に基づく出題
【Students' Chat Spot】帰国生の受け入れ、留学生の受け入れ、長期・短期留学を軸に国際化を進める
【大学合格力強化計画】安定した実績の土台を成す『リベラルアーツ型』のカリキュラムと豊富な進路探求の機会
進学通信2014年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ