Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年7月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

富士見丘中学校

異文化・多様性理解をベースに育てる〝真の国際人〟

カナダで行われた『IBサミット』

3カ月・6カ月留学では、現地校に一人で入るケースが多く、必然的に現地の生徒との交流は多くなります。

長年のノウハウを体系化した『グローバルスタディプログラム』
グローバルスタディプログラムの実践例

中3~高1
Extensive Reading

辞書を使わず、英語の原書を速読していく授業。少しずつ長い文章にチャレンジし、単語力や読解力、速読力を養う。

中3~高1
TOEIC Bridge

基礎的な英語コミュニケーション力を確認するテスト。高1までに180点満点中150点以上取れると、3カ月・6カ月留学にチャレンジする機会が与えられる。

中3~高3
Academic English

主に海外大学進学をめざす生徒を対象にしたハイレベルな英語の授業。週に2回、ネイティブ教員により実施されている。

「国際性豊かな若き淑女の育成」を教育目標に掲げ、創立時から国際化教育に取り組んできた同校。昨年度は、長年にわたり蓄積してきたノウハウを『グローバルスタディプログラム』として体系化し、多様な実践(表参照)を展開しています。その特色は、生徒一人ひとりに〝異文化・多様性理解〟を身につけさせることに重点を置いているところにあります。

「今年度の中1は帰国生が全体の22%に上り、滞在国も多岐にわたっています。帰国生は、自分とは異なる価値を受け入れる許容力を持っています。多様な価値観があって当たり前というスタンスを学校全体にも浸透させていきたいと考えています」(教頭/大島規男先生)

 異文化・多様性理解に向けた仕掛けは、学校生活のあらゆる領域に散りばめられています。そのひとつが、交流生や留学生の積極的な受け入れです。昨年度も、オーストラリアやタイ、UAE、インドネシアなど、さまざまな国々の中高生が同校を訪れ、生徒達と親交を温めました。

 生徒達が海外へ行く機会も、豊富に用意されています。中3の『オーストラリア修学旅行』や高2の『アメリカ修学旅行』では、全生徒が姉妹校の授業や交歓行事に参加します。また、中2~高2の希望者を対象とした短期留学制度(約20日間)、高1・高2の希望者を対象とした3カ月・6カ月留学制度などもあります。

「3カ月・6カ月留学では、到着した翌日には現地校の教室に放り込まれます。もちろん、授業はすべて英語です。わからないときは、自ら行動しないと誰も助けてくれません。英語力も伸びますが、精神的な強さや主体性も身につきます」

UAEからの留学生を案内する生徒UAEからの留学生を案内する生徒。物怖じすることなく、積極的に英語で話しかけます。
ネイティブ教員による少人数授業同校でのネイティブ教員による少人数授業でも、生徒達が生き生きと英語でのコミュニケーションを楽しんでいます。
SGHアソシエイト校に選定 大学と連携した研究活動を展開
グローバルスタディキャンプ国際教養大学での『グローバルスタディキャンプ』には22名の中高生が参加し、"30年後の自分"をプランニングしました。

〝国際化〟と〝多様化〟に向けた取り組みをさらに推進するため、今年度、文部科学省の『スーパーグローバルハイスクール(SGH)』に応募し、アソシエイト校に選定されました。これにより、慶應義塾大学や上智大学などいくつかの研究室と連携した学習・研究活動を展開していく予定です。

 このうち慶應義塾大学理工学部・伊香賀研究室との連携では、〝健康〟をテーマにした研究活動が行われます。生徒自身がデータを取り、その分析を通じて結果と考察をまとめ、最終的に全校生徒の前でプレゼンテーションを行います。

「この取り組みでは、他者と協働しながら課題を発見・解決する力、プレゼンテーション力が養われます。これらの力は、グローバル社会で活躍するうえで欠かせません。また、〝協働〟するためには〝他者理解〟が不可欠で、ここでも本校が重視する〝多様性を受け入れる力〟がポイントになってきます」

 大学との連携に関しては、昨年度に実施した秋田の国際教養大学での『グローバルスタディキャンプ』で、大きな手応えを得たと大島先生は言います。

「生徒達は、大学教授の話を聞き、最先端の研究に触れただけでなく、学生や院生との交流を通じて、研究の面白さを体感しました。大学がどんな所かを知り、進路を考えるうえでも、良い機会になったと思います」

 ロンドン大学キングスカレッジ、クイーンズランド大学への推薦入学制度もある同校ですが、今後は多様な国際化教育を通じて培われた力を武器に、海外大学へ進学する生徒が増えることが予想されます。

(この記事は『私立中高進学通信2014年7月号』に掲載しました。)

富士見丘中学校  

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚3-19-9
TEL:03-3376-1481

進学通信掲載情報

【進化する私学】持続可能な社会の担い手を育てる高度な取り組み
【私学の英語最前線】“きめ細かな”指導で全生徒の英語力を伸ばす
【熱中!部活動】「生徒主体」で目標を設定し楽しみながら意欲的に成長
【未来を切り拓くグローバル教育】勉強プラスアルファの「資質」を育てる 複雑化する社会が求める"未来を生き抜く力"
【制服物語】グローバルな女性として世界を意識した制服に一新
【注目のPick up TOPIC!】日本人が苦手とする“話す・書く”を強化 英語力のレベルが年々アップ
【子どもの自立を促す教育】次世代に求められる「積極性」や「他者と協働できる力」精神面の育成を重視した教育
【SCHOOL UPDATE】アイ展 総合力をつけ達成感を味わう
【校長が語る 思春期の伸ばし方】『人がいるから自分がいる』ことに気づき 他者のことを考えられる女性を育てたい
【Students' Chat Spot】グローバルリーダーを育成するためのシンガポール海外フィールドワーク
【中1の始め方】サスティナビリティの視点を持った若き淑女を育成
【学校生活ハイライト】国際性豊かな若き淑女の育成をめざし姉妹校への留学でグローバル感覚を養う
【10年後のグローバル社会へのミッション】SGH指定校として大学と連携 グローバル社会での問題解決力を養う
【目標にLock On_!! 私の合格Story】中2の職業体験で見つけた薬剤師という目標に向け努力の日々
【私学しゅん報】新春カルタ大会 クラスの絆を強める
【めざせ 次代のグローバルリーダー】指定校推薦で海外大学に進学も 世界で活躍するための人間力を伸ばす
【Students' Chat Spot】「国際性豊かな若き淑女の育成」を教育目標に掲げ、楽しさと感動が伴う「学び」があふれる
【めざせ 次代のグローバルリーダー】異文化・多様性理解をベースに育てる“真の国際人”
進学通信2014年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ