LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年7月号

部活レポート

佼成学園中学校

野球部
強さの源は自主性チームワーク
力を合わせて都大会優勝をめざす!

集合写真

毎年10名ほどが入部。初心者からレギュラーになる部員も少なくありません。

人工芝の野球場

学校から自転車で15分ほどの所にある野球場は、人工芝が敷かれ、高校野球のブロック予選なども行われる本格的なグラウンドです。

キャッチボール「野球を通して人としても成長してほしい」と顧問の八十川勝先生。キャッチボールでは、技術を身につけるだけでなく、相手が取りやすい球を投げるなどの心遣いが指導されます。
走塁の練習走塁の練習では「試合を意識して力を緩めないように!」と顧問の榊原 憲(あきら)先生から鋭い指示が飛びます。「スポーツには勝ち負けがつきものですが、勝つためにはつらい練習を乗り越えていく必要があります」(榊原先生)。
自習時間野球の技術だけでなく、成績や生活態度も考慮してレギュラーが選ばれます。校庭で練習する月曜と金曜は、部活動の前に1時間の自習時間が設けられています。
守備練習「野球が好き」という気持ちを尊重し、やる気を出して練習に臨めるよう、ポジションは本人の希望をもとに決められます。
打撃練習月曜と金曜は校庭、火曜は総合グラウンドの野球場、土曜は校内で、練習場所に応じたトレーニングを行います。生徒の自主性を引き出すために、自分達で考えた練習メニューを行う時間もあります。
スライディングの練習野球場での練習が行われるのは毎週火曜日。ベースをセットして、校庭ではできないスライディングの練習も念入りに行います。
野球部顧問の八十川先生と榊原先生野球部顧問の八十川先生(左)と榊原先生(右)。「負けているときでも落ち込まずに強い気持ちを持つことが大切です。野球を通して、気持ちをコントロールする術を身につけてほしいですね」
キャプテン「みんなが声を出して、ガンガン打っていく強いチームにしたい」とキャプテン。目標は都大会優勝!
全員で校歌を歌っているようすチームの一体感を高めることを重視し、練習の最後には、全員で校歌を歌います。
表彰の楯高校の野球部は、春と夏を合わせて3度の甲子園出場経験があります。中学も都大会準優勝、関東大会出場などの実績があります。
●活動日/活動時間 月・火・金・土/16:00~18:00
(校庭で練習する月と金は17:00~19:00)
●部員数 中1=10名、中2=20名、中3=7名
●主な実績 軟式野球連盟都大会準優勝
中体連都大会ベスト8

(この記事は『私立中高進学通信2014年7月号』に掲載しました。)

佼成学園中学校  

〒166-0012 東京都杉並区和田2-6-29
TEL:03-3381-7227

進学通信掲載情報

【実践報告 私学の授業】数多くの「問い」を発見するフィールド探究活動
【本音で語る保護者座談会】男子校ならではの青春&“塾要らず”のサポート体制
【目標にLock On!! 私の成長Story】「行学二道」の校訓を6年間実践貴重な体験を積み重ね、高い目標を達成
【中1の始め方】知る、考える、動く 少し大人になるオリエンテーション
【グローバル時代の学び方】2年目を迎えた「GLP」独自の学び アジア圏体験で国際人の自覚を養う
【校長が語る 思春期の伸ばし方】子どもの考えや気持ちを正確に聴くこと話すことで自ずと自立していく
【Students' ChatSpot】高校生になっても、「行学二道」でがんばります!
【目標にLock On!! 私の成長Story】独自の道徳教育で自尊感情を高め自己研鑽に励み、現役で東大へ
【グローバル時代の学び方】「実感、地球の手触り!」特別選抜でリーダーを育成
【熱中!部活動】行事や部活動を通して「行学二道」の心の教育/自主性を育み仲間を作る大切な時間
【Students' Chat Spot】21世紀型の能力「自ら考え、学び、行動する力」を育む
【中1の始め方】「中1ギャップ」を成長の糧に 互いの絆を強めるオリエンテーション
【生徒の未来対応型学校へバージョンアップ】生徒の可能性を広げる 進化する未来型教育と変わらない温かく見守る目
【SCHOOL UPDATE】創立60周年記念事業 ICTで躍進 ワンランク上の進学校へ
【Students' Chat Spot】仏教の教えに基づいた校訓 行学二道(行動を伴う実践と学問への探究心)
【学びのプロセス】中学生用自習室 学びの森
【大学合格力強化計画】補習・講習が学力を支え先輩との交流がやる気を後押し
【部活レポート】強さの源は自主性とチームワーク 力を合わせて都大会優勝をめざす!
進学通信2014年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ