Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年7月号

中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳

恵泉女学園中学校

本質をとらえ生き方を考える
学びに慣れる1学期

入学式

毎年、中2が新入生のために毛糸やハギレを使って人形型の胸飾りを作ります。
入学式では高3が新入生の胸に付けてあげるのが伝統となっています。

自分で計画を立てて学習する習慣をつける

 中1は週1コマ『自学』と呼ばれる時間があります。自分で学習計画を立て、目標に向かって勉強する時間です。

「小学生のときに塾に通っていた生徒も、その多くは塾の先生が立てた学習計画を進めるという受け身の学習が中心だったと思います。そうした実態を踏まえ、本校では教員がサポートしながら、自ら計画し、実行できる力を養うための取り組みを行っています」(入試広報部長の德山元子先生)

「ゴールデンウィークを過ぎるあたりまでは、慣れない通学で体力を使い、家に帰るとぐったりとなる生徒が少なくありません。そうなると自宅学習ができないので、ならば中1のうちは学校で自主学習の習慣づけをしようというのが『自学』の時間です」(中1学年代表の篠田絵里子先生)

 自ら立てた計画に基づいて勉強することは、中学校から始まる定期試験の準備においても要となってきます。

 同校が教育方針の柱として掲げる〝考える力〟〝感じる力〟〝読む力〟を伸ばすため、読書の習慣づけにも積極的に取り組んでいます。メディアセンターには約9万冊の蔵書があり、メディア教育部と国語科の先生で作成した『読書ノート』を発行するなど、読書意欲の向上・啓発を図っています。

「ファンタジーやライトノベルを好む生徒が多く、読書の幅を広げることが課題でした。昨年から『読書ノート』の紹介図書を年間6冊は読むように促しています」
(篠田先生)

『園芸』育て、採り、役立てる

 同校の特色のひとつである『園芸』は、創立以来、綿々と紡がれてきた取り組みです。毎春、中1は校内と近隣の畑に種や苗を植えます。育てるのは多くの花々やイチゴ、大根、ジャガイモなど。収穫した野菜や果物は、調理していただきます。汗を流しながら友人と作業し、農作物を育てることで命を育む大切さも学びます。

「作るだけでなく、できたものを生活に生かすところまでが園芸の学習です」(德山先生)

『園芸』では、自分のファイルの表紙を飾る押し花づくりにも取り組みます。摘み取った花を新聞紙と段ボール、ティッシュではさみ、こまめに新聞紙を交換しながら数日間押し続けることで、発色の良い押し花に仕上がります。細かい心くばりが大切です。

園芸
園芸

慣れない作業に奮闘!収穫のときは笑顔も格別です。
1年間使った畑は次の年に受け継ぐため、収穫後は堆肥を入れてしっかりと耕します。

心の成長も促す『感話』
 
フェローシップホールでの『感話』の発表中3は、中学全体で行うフェロシップホールでの礼拝で『感話』を発表することもあります。入学した頃は人前でうまく話せない生徒も、中3になる頃には堂々と話せるように成長します。

 もうひとつ、同校の特色ある取り組みに礼拝での『感話』があります。日頃感じたり考えたりしたことをまとめ、中1は主に各クラスでの礼拝で、中3、高3はクラスやホールの礼拝で話します。原稿を書くのは年に3回です。

「中1は、人前で話すための文章を書くのは初めてという生徒が多いと思います。『感話』では自分の心を見つめることが求められます。書く、読む、聞くの三つの力をバランスよく育める活動です」(德山先生)

 同校の教育目標である「自ら考え、発信する力」を養い、本質を見抜き、生き方を考える女性となるための第一歩が、この取り組みに込められています。

礼拝のようす
讃美歌を歌う生徒

熱心なクリスチャンであった創立者・河井道先生の精神を受け継ぎ、
学園ではキリスト教(プロテスタント)教育を大切にしています。
毎日行われる礼拝では、中1から讃美歌を歌い、聖書の言葉に耳を傾けます。

ここが肝心!
読書の幅を広げるため先生オススメ課題図書を設定
学園オリジナルの『読書ノート』学園オリジナルの『読書ノート』の中には先生オススメの本がいっぱい紹介されています。

 中1は『自学』の前半15分間を読書の時間としています。年間を通して使われる「読書ノート」は、同校のオリジナル教材です。先生オススメの本がジャンルごとに分けられ、50冊紹介されています。この中から年間6冊以上、読むことが課題になっています。読み終えたらシールがもらえる仕組みで、集める楽しさもあるようです。自分が読んで面白かった本の紹介を書き込むページもあり、無理なく読書を習慣づける工夫が凝らされています。

(この記事は『私立中高進学通信2014年7月号』に掲載しました。)

恵泉女学園中学校  

〒156-8520 東京都世田谷区船橋5-8-1
TEL:03-3303-2115

進学通信掲載情報

【これからの国際交流】来日中の留学生との交流で新たな「気づき」を得る KGSP
【注目! News and Topics】園芸、感話、留学など多彩な教育が育てる自ら発信する力と夢を実現する学力
【ココに注目!学校説明会レポート】主体性・多様性・協働性を育む教育方針に触れる
【校長が語る 自立へのプロセス】「創立以来の理念である自分らしさを大事にする教育」
【SCHOOL UPDATE】園芸の授業での収穫体験 野菜を育て、食することで「いのち」の大切さを学ぶ
【行ってきました!学校説明会レポート】参加型イベントが充実!学校生活を体感しよう
【先達の意志】世界に目を向け平和を実現する女性を育てる
【私たち、僕たちが大好きな先生】想像のスイッチを入れる“学びの共同体”を作る この二つを大切にして私自身も学び続けたい
【キャンパスのビジョン】9万冊の蔵書数を誇るメディアセンターは教育の中心的存在
【私学の光輝】上級生の手作り人形で歓迎される入学式。今日から学園の一員に
【学校生活ハイライト】恵泉に関わるすべての人に 感謝を伝える伝統的な祭典
【グローバル時代の学び方】国内研修『エンパワーメントプログラム』を導入 挑戦する大切さを英語で学ぶ
【注目のPICK UP TOPIC!】試行錯誤しながら課題に取り組むサイエンス・アドベンチャー
【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の未来が花開くように心に栄養が注がれる6年間
【熱中!部活動】【課外オーケストラ/チアリーディング部】感謝の心を養う放課後の学びの場
【思春期の伸ばし方】芽ばえ、花開く時期は一人ひとり異なります 環境・聞く・待つことが大切です
【私学の光輝】社会のために“自分ができること”を考えるクリスマス クリスマス礼拝&活動
【自立と自律】視野を広げる経験が自分で考え、行動する力を養う
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】6年間のスタートラインに立った中学1年生が、入学してよかったと思える“人間力”と“学力”を養う土台を築く
【中1ギャップをなくせ! 学び始めの肝心帳】本質をとらえ生き方を考える 学びに慣れる1学期
進学通信2014年7月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ