LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年6月号

私学しゅんぽう

芝浦工業大学附属中学校

新キャンパス豊洲に移転!

中高大一貫教育で理工系人材を育成
地上6階建ての新校舎

地上6階建ての新校舎。広々としたグラウンドや屋上テニスコートなど充実した施設が整います。

中1生の「工学わくわく講座」中1生の「工学わくわく講座」。こうした教育内容と連動した技術室や実験設備が増えます。工学機器を展示するテクノロジーギャラリーも計画中。

 校舎を2017年4月に移転する芝浦工業大学中学高等学校。新キャンパスについて大坪隆明校長先生にお聞きしました。

「理科や技術・情報の実験室を1階に配置してガラス張りにし、街の人に活気ある学校風景を見てもらえるのが大きな特徴です。大型のものづくりができるファクトリーなど理工系教育の環境が整い、各種活動の活性化を促します」

 敷地面積がこれまでの1.5倍となり、都市にありながら緑豊かなキャンパスを計画。移転先は、東京オリンピック・パラリンピック招致で交通網が整備され、ますます便利になると予想されている場所。また、芝浦工大・豊洲キャンパスとの距離が近づくことで大学との連携も格段に深まりそうです。

中2生向けに行われた「ロボット講座」
中2生向けに行われた「ロボット講座」。新校舎にはロボット製作の専用室が加わります。

「これまで以上に中高大の連携教育を進展させて、ほかにはない取り組みを展開したいと考えています」

 例えば、現在の大学の講義の聴講から一歩進んで、高校生がゼミや研究に参加することも考えられます。

「生徒に建築段階の様子を見せるなど、ものづくりの現場を体験させるつもりです」と、同校らしい楽しみを教えてくれました。

大学キャンパスまで徒歩15分ほど大学キャンパスまで徒歩15分ほど。理系教育がより一層強化されます。
先端科学技術都市・豊洲に集まる研究機関などを活用した教育も企画中先端科学技術都市・豊洲に集まる研究機関などを活用した教育も企画中。「まちづくりに貢献できる学校」として地域密着型の教育がスタート。
ガラス張りの理科実験室・技術工作室・コンピュータ教室を同一フロアに配置ガラス張りの理科実験室・技術工作室・コンピュータ教室を同一フロアに配置。テラスを緑地空間にするなど緑豊かな環境を整備します。
2017年、注目エリアで新たな教育スタート
2017年、注目エリアで新たな教育スタート 2017年、注目エリアで新たな教育スタート
進学通信2014年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ