Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年6月号

私学の光輝

国府台女子学院中学部

仏教行事を通じて知る、
生命の大切さと他者への思いやり

"稚児繞堂"

"稚児繞堂"は、一生に一度の貴重な経験。
出番を待つ間、喜びと緊張が高まります。

普段は着なれない着物での移動

普段は着なれない着物での移動。「足下に気をつけて」と中高生がやさしく手を添えます。

着付けの手伝い 着付けの手伝いは、中高生にとって楽しみのひとつでもあります。小2生の小さな頭に、"天冠"をうまく乗せるのに一苦労です。

高貴な空気に包まれた講堂『寿光殿』に、喚鐘が鳴り響きます。幻想的な雰囲気の中、華やかな装束を身にまとった小学2年生が会場を練り歩きました。『花まつり』のメインである"稚児繞堂"。天冠がずれないようにバランスを取りながら、皿に乗せた3枚の華葩(蓮の花)を大切に持ち、祭壇に向かいます。その様子を、会場を埋めた中高生達がやさしい眼差しで見守っていました。

 同校は年に8回、仏教行事を開催しており、『花まつり』はその最初を飾ります。お釈迦様の誕生日を祝うこの行事では〝命〟に対する喜びを、2月の『涅槃会』では〝死〟に対する意識を学ぶことが目的です。毎週の仏教の時間で、宗教的な目的や意義を習っているため、行事に臨む生徒達の姿勢は主体的です。『花まつり』でも、中高生が小2生の衣装や小物の装着を手伝い、素敵な"稚児"に仕上げて送り出すのが恒例となっています。

「本校は、中高が一緒に部活動をしていることもあって、上級生が下級生の悩みを親身になって聞いている光景がよく見られます。生徒達はお互いを姉妹のように感じているようですよ」
(中学部入試広報主任の小向克彦先生)

 平田史郎学院長からは、「考える方法がわからなければ、脳が無駄になってしまいます。SNSが発達した世の中になりましたが、道徳、倫理観、正義感などの価値観を持って、何が正しいことなのかを自分で考えなければなりません」との法話がありました。『花まつり』が、新年度の始まりの時期と重なることもあり、生徒達は自分達がどのように生きていかなければならないのかについて、思いをめぐらせました。

 続く第二部では、生徒代表によるピアノとバレエの発表があり、日ごろの成果を晴れの舞台で披露し、式典に彩りを添えました。

立派に役目を果たした小2生達中高生や保護者が見守る中、立派に役目を果たした小2生達。しごき(帯)の向きは、松が左、菊が右となっています。人から見たとき、よりきれいに見えるように着るのも大切です。
バレエでは、二人の中学生が『眠れる森の美女』と『オーロラ姫』を披露生徒による舞台発表は、希望者から選抜されます。バレエでは、二人の中学生が『眠れる森の美女』と『オーロラ姫』を披露しました。
平田史郎学院長による法話平田史郎学院長による法話では、『天空の城ラピュタ』の話を交じえながら、インド最大の叙事詩『ラーマーヤナ』の内容をわかりやすく解説しました。
弟の誕生を通じて"命が新しい出会いを生む"ことを実感
祝辞

祝辞を述べた生徒代表のSさんは、4歳下に弟が生まれた時のことを振り返り、命の誕生について考えたことを発表しました。

「弟の表情が豊かになるにつれて、家族に笑顔があふれました。家族が増えるということは、喜びを共有できる人が増えるということで、それは新しい出会いを運んでくれます。このように、命の誕生について考える機会が持てたのも『花まつり』の行事があったからです」

(この記事は『私立中高進学通信2014年6月号』に掲載しました。)

国府台女子学院中学部  

〒272-8567 千葉県市川市菅野3-24-1
TEL:047-322-7770

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒と先生の距離が近い母校で今度は自分が生徒に寄り添える教員に
【グローバル特集 海外研修[北アメリカ]】英語への興味を喚起し自ら学ぶ姿勢を促す国際交流
【学校生活ハイライト】芸術性も競い合う誰もが楽しめる華やかな大運動会
【キャンパスのビジョン】多くの本を読ませたいという創立者の思いが生き続ける図書館
【行ってきました!学校説明会レポート】将来の夢の実現に向けた授業や環境を自由に見学して学校生活を知る
【目標にLock On!! 私の成長Story】基礎学力を固める授業で学力アップ周りから必要とされる人になりたい
【熱中!部活動】【バレーボール部/バスケットボール部】感謝の気持ちを育て忍耐力を養う
【先生の本棚】こころの教育を大切に 独自の教科「宗教」の時間
【制服物語】穏やかさを表現したダークグリーンで 生徒の心に、人を思いやれるやさしさを
【キャンパスのVISION】学習意欲を刺激する快適で開放的な空間
【中1の始め方】クラスの絆を早期に築くオリエンテーション合宿を開催
【校長が語る 思春期の伸ばし方】本質を見極めるための自問自答の中で未来を切り拓いていく力を養います
【中1の始め方】心身ともに大きく成長する 中高生活の基盤をつくる1年間
【学校生活ハイライト】すべてを女子の手で!女子伝統校の文化が自分の力で乗り越える力を育む
【Students' Chat Spot】「授業でも行事でも積極的に前に出る」そんな楽しい毎日について語る
【母校にエール!OGOB interview】部活動や仏教の学びを通じて感謝の気持ちが身につきました
【Students' Chat Spot】仏教を柱とした教育環境のもと、勉強や部活動に打ち込む
【キャンパス歩き】2013年に完成した新校舎で未来に向かってさらなる飛躍を!
【私学の光輝】仏教行事を通じて知る、生命の大切さと他者への思いやり
進学通信2014年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ