Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年6月号

めざせ 次代のグローバルリーダー

文化学園大学杉並中学校

日本海外両方の高校卒業資格取得できるコースが国内で初めて誕生※現在認可申請中

『インターナショナルコース』のロゴ

完成した『インターナショナルコース』のロゴ。
同校の国際化のシンボルです。

世界に通用する高度な英語力を育成

 2015年度から高校に『インターナショナルコース』が誕生します。このコースで3年間学ぶと、日本とカナダの両方の高校卒業資格を取得できます。日本の高校では初めてとなる制度です(認可申請中)。

「今後の国際社会を考えた場合、世界の人達と対等に交渉できる人材が必要です。高度な英語のコミュニケーション力によって、それぞれの役割や責任を果たせる女性を本校で育てていきたいと考え、開設することにしました。
 このコースの生徒は、日本とカナダ両方の高校のカリキュラムを国内で学ぶことになります。カナダのカリキュラムには、数学や社会、理科、体育などの必修科目があり、カナダ人のネイティブ教員が英語で教えます。
 日本の科目の一部を、カナダの教育省が卒業単位として認めるため、余裕を持ったカリキュラムになっています。
 英語の授業は、ネイティブの教員が担当します。内容はランゲージアーツ(言語技術)が中心で、プレゼンテーションやディベート、ディスカッションを英語で行います」(教頭の青井静男先生)

 卒業証書は、カナダの高校生と同じ。カナダ、アメリカ、イギリス・オーストラリア、ニュージーランドをはじめとする大学への進学をめざせます。

 卒業時の全員の目標は、英検準1級以上の取得。世界に通用する英語力を活かして、早稲田大学や慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学などの国際系学部への入試に対応できます。カナダの高校卒業資格により、こうした国内難関私大を〝帰国生入試枠〟で受験することも可能です。

英語が飛び交い異文化を認め合う学校へ
3生全員が春にカナダでホームステイ

3生全員が春にカナダでホームステイ。
また、『インターナショナルコース』の高1生全員が約5週間、カナダでホームステイします。

中高一貫のコース例

『インターナショナルコース』の開設に先立ち、今春から中高一貫コースが2コース制になりました。国公立大や難関私大をめざす『難関進学《グローバル》コース』と、きめ細かな習熟度別授業で理解度に応じた学力アップを図る『総合進学《シグネット》コース』です。

『難関進学《グローバル》コース』は、ハイレベルな先取り授業とネイティブ教員による〝オールイングリッシュ〟の授業が大きな特色です。高校1年次から生徒の希望により『インターナショナルコース』と『難進コース』に分かれます。

この春に『難関進学《グローバル》コース』に入学した多くの生徒や保護者が『インターナショナルコース』への進学を視野に入れているそうです。また、『総合進学《シグネット》コース』の生徒も、成績や英語力次第で進級時に『難関進学《グローバル》コース』に移れます。

「来年には『インターナショナルコース』の生徒が高校に入学します。この生徒達は英検準2級の取得が条件とされているなど高い意識と英語力を持っています。このコースが始まることで学校全体の英語に対する意識が高まることも狙いのひとつです。現在認可申請中ですが、数年後には校内では英語が飛び交い、生徒全員の英語力は大いに向上するでしょう」
(入試広報副部長の西田真志先生)

『インターナショナルコース』を中心に海外の生徒との国際交流も盛んになるなど、学校全体にグローバル化が広がります。

『難関進学《グローバル》コース』の生徒『難関進学《グローバル》コース』の生徒は全員がタブレット型コンピュータを持ち、英語の授業などに活用します。
パリ修学旅行全コースの生徒が高2の2月にパリ修学旅行に行きます。同校の伝統的な行事のひとつです。
ユネスコ本部の国際会議場を訪問パリ修学旅行ではユネスコ本部の国際会議場を訪問。そこで活躍する日本人女性の講演を聞き、職業への意識を高めます。
Interview
日本女性としての誇りを持った国際人を

「これからは国内にいても、海外の人達とビジネスをする時代になるでしょう。グローバル化とは、多様性を求めることです。本校では『インターナショナルコース』の誕生を起点に、異文化理解にも力を注いでいきます。めざすのは日本女性としての誇りやアイデンティティを持った国際人の育成です。授業や行事の中で、日本の伝統文化を学びます。自国の文化を熟知した上で、他国の文化や価値観を受け入れられる。そんな生徒を社会に送り出したいと考えています」
(教頭の青井静男先生)

(この記事は『私立中高進学通信2014年6月号』に掲載しました。)

文化学園大学杉並中学校  

〒166-0004 東京都杉並区阿佐谷南3-48-16
TEL:03-3392-6636

進学通信掲載情報

【未来を切り拓くグローバル教育】『DDコース』につながるカナダの学びを中1から
【グローバル特集 授業[コース]】カナダと日本の卒業資格を同時取得躍進する「ダブルディプロマコース」
【熱中!部活動】元日本代表がコーチ就任サッカーで育む「考える力」
【未来を切り拓くグローバル教育】中学に来春新設 DD準備コース
【私学の英語最前線】英語で他教科を学ぶ新コースを中学に開設
【中学入試のポイント】教科への集中力を見る「英」「算」特別入試
【学校生活ハイライト】表現する楽しさに満ちているから訪れる人も心から感動
【中学入試のポイント】英・算の特別入試を導入 共学化で新時代へ
【SCHOOL UPDATE】中学『ダブルディプロマ準備コース』開設 世界水準の学びに備える中学からの英語教育プロジェクト
【SCHOOL UPDATE】男女共学化で“協働”を学び 適応力を磨く教育改革
【中1の始め方】めざすべきゴールに向かって『自律』を育むことが学校生活の第一歩
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】ダブルディプロマコースで自ら学ぶ生徒を育てる
【グローバル時代の学び方】バイリンガル教育で日本にいながら“海外校”
【注目のPICK UP TOPIC!】日本で唯一の「ダブルディプロマコース」
【授業見聞録】カナダ人教師によるグローバルな教育
【学校生活ハイライト】勉強も行事も大切!生徒みんなの力を結集した元気いっぱいパワー全開の体育祭
【注目のPICK UP TOPIC!】日本初「ダブルディプロマコース」が発足!
【10年後のグローバル社会へのミッション】自分の可能性を世界で開花させる2カ国の卒業資格
【Students' Chat Spot】スクールモットーは「燃えよ! 価値あるものに」将来を見据え、卒業後も活かしていける学びを実践
【キャンパス歩き】勉強もスポーツも作法も趣味も!女子が輝く多彩な施設
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】日本人らしさを身につけ 国際感覚を備えた心優しい「大和撫子」を育みます
【めざせ 次代のグローバルリーダー】日本と海外両方の高校卒業資格を取得できるコースが国内で初めて誕生
進学通信2014年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ