LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年6月号

私学の情報リテラシー
情報に頼らない・流されない!
主体的に扱うことで的確な発信・伝達する能力を養う

桜丘中学校

全教科でICT機器を積極的に活用
リテラシー情報活用力を養う

メディアリソースセンターで情報を収集

『メディアリソースセンター』で、書籍やパソコンを使って情報を収集。

『ウインドウズ95』が普及する前からパソコンを導入するなど、早くから情報教育に力を入れてきた同校。30台のパソコンと3万冊近い蔵書が完備されたメディアリソースセンター(MRC)をはじめ、生徒が自由にパソコンを使える環境が整えられています。

 中1で行われる情報科の授業では、表計算ソフトやワープロソフト、プレゼンテーションソフト、インターネットの使い方などを学びます。情報科以外でも授業やさまざまな活動でICT機器が活用され、年に2回行われる『検索コンテスト』では、MRCの書籍やパソコンを活用し、いかに速く正確に解答を導き出すかを競います。

 2013年度には、Wi-Fiによる校内無線LANの環境を整備し、先生1人に1台のタブレット型携帯端末のiPadが支給されました。先生方がこれを使いながら、独自に作成した教材をプロジェクターで投影するなどした授業が、各教科で展開されています。

 例えば、ICT推進課長であり国語科の本田和義先生は、教科書の本文の中で漢字の読み書き、語句の意味、指示語が指す言葉の説明を、プロジェクターを活用してスクリーン上で行っています。

「プリントを配布して説明していた当時と比べて、授業内容自体が大きく変わったわけではありません。しかし、手元のプリントではなくスクリーンに生徒の目を集中させ、投影した本文に赤いペンで印をつけたりすることで、より視覚的に説明ができるようになりました。これにより、生徒の理解度が高まったことを実感しています」

 さらに、今年度の新入生からはiPadを1人に1台ずつ支給し、2016年度には全校生徒1人1台体制をめざします。またMRCを『桜丘ラーニング・コモンズ(SLC)』と改称し、プロジェクターやスクリーン、ホワイトボードなどを設置。生徒同士の学び合いや発表の場として、中心的に活用する拠点を作りました。

「今、社会的にSNS内でのいじめや不適切な投稿が問題視されています。それだけに、ICTの推進にあたっては、しっかりとしたルールづくりとモラル教育が重要になってきます。そのため、本校では『生徒のより良い学習、より良い学校生活のため』という目的に沿って、環境を整えています。生活面ではホームルームやクラブ活動などの〝コミュニケーションツール〟として、学習面では個々の学力に合わせた学習や自己表現のツールとして、幅広い場面で使っていきたいと考えています」
(ICT推進課の大石光太郎先生)

プレゼンテーション
"インプット"だけでなく
"アウトプット"の機会を重視

 同校では、中1の情報科の授業でプレゼンテーションソフトを使用し、将来の夢について発表します。また、各クラス代表1名が、文化祭でも発表します。

「毎年生徒達は自分の夢や職業などについて、多様なツールを使って情報を収集し、完成度の高いプレゼンをしています」
(ICT推進課の山川賢司先生)。

 もちろん、こうした発表を行っているのは、情報科だけではあありません。学んだ知識は"インプット"するだけでなく、"アウトプット"をする機会を数多く設けることで、定着率は高まります。それだけに、幅広い教科でICTを効果的に活用したプレゼンテーションが行われています。

※ICT(Information and communication Technology)

宿泊研修でのプレゼンテーション中学の宿泊研修でプレゼンテーションをする生徒。授業だけでなく、校外学習などの行事でも事前・事後の学習を行い、その成果を発表します。
プレゼンテーションプレゼンテーションは場数を踏むことが大切。繰り返し行うことで"伝わる"発表ができるようになっていきます。
各教科の授業
プロジェクターを活用した授業で
生徒の理解度を高める
ICTを活用した授業どの教科の先生も、ICTを活用した教材を工夫しながら授業を展開しています。

「全教員にiPadを配付し、プロジェクターを増設したことで、どの教科も授業に幅が出ました。中でも理科と社会は視覚教材を効果的に使うことで、生徒のモチベーションが高まりました。ただ、こうしてICTを活用しつつも、学習の中心はノートの作成にあると思います。

 今年度の新入生からは、生徒もiPadを利用するようになりましたが、自分の手でノートに書く、わかりやすくまとめるという作業がなくなったわけではありません。ICTをうまく活用できるようになれば、ノートの作成も上手になっていくものと考えています」
(本田先生)

(この記事は『私立中高進学通信2014年6月号』に掲載しました。)

桜丘中学校  

〒114-8554 東京都北区滝野川1-51-12
TEL:03-3910-6161

進学通信掲載情報

【目標にLock On!! 私の成長Story】生徒の多様性に合う指導で「誰もが本気でがんばる」学校に
【行ってきました!学校説明会レポート】生徒の素顔があふれる説明会 先輩との「ハウス制給食」も体験
【未来を切り拓くグローバル教育】海外研修で磨く確かな英語力
【The Voice 校長インタビュー】時代に求められる力を導き深めていく場所でありたい
【みんな大好き キャンパス食堂】縦割りの「ハウス制」を実施 学年を越えた交流で責任感と協調性が育つ
【私たち、僕たちが大好きな先生】少林寺拳法も体育祭も“頭で勝つ”。考え、話し合うことの大切さを生徒に教えたい
【目標にLock On!! 私の成長Story】部活動、イベント、学習に全力投球の6年間 先輩・仲間・先生みんなが助けてくれた
【グローバル時代の学び方】世界を考える『CLクラス』未来のリーダーを育成
【こどもの自立を促す教育】仲間や先生との関係を大切に自ら学び、発信する力を持つ自立した個人を育てる
【中学入試のポイント】入試と多彩な取り組みで時代の変化に対応
【目標にLock On!! 私の成長Story】先生たちに励まされながら世界を広げることができた6年間
【グローバル時代の学び方】英語力と積極的な姿勢を磨くCLクラス
【10年後のグローバル社会へのミッション】「ICT教育」をベースに視野を広げ グローバル社会を生き抜く力を育む
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】最後まであきらめない 入学試験は勝負の時 解答用紙にチャレンジした痕跡を
【未来を生き抜く学力のつけかた】新入生全員がiPadを使って1年半 学校生活に不可欠なサポートツールとして定着
【熱中!部活動】地道な努力とチームワークで全国大会に出場!バトントワリング部/ダンス部
【部活レポート】硬式テニス部/吹奏楽部
【Teacher's Lounge 先生たちの座談会】中学1年生に地道に学ぶ大切さを教えリーダーシップを備えた国際感覚のある生徒へと導く
【私学の情報リテラシー】全教科でICT機器を積極的に活用 リテラシーと情報活用力を養う
進学通信2014年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ