LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高進学通信

2014年6月号

学びのプロセス

東京純心女子中学校

純心オリジナルの探究型学習
学ぶスキルを身につける
図書館と授業のコラボレーション

純心オリジナルの探究型学習

学校教育に図書館の役割をしっかりと位置づけ、生徒の知的能力を高めようと、図書館司書教諭と教科の先生が協働して探究型学習を展開しています。

「本校の創立者・シスター江角ヤスは『長く生命を持つよい本を読みなさい。知恵と心の糧になる本を』という言葉を遺していて、図書館を学びの拠点とする考えは長く受け継がれてきました。図書館を情報の集約地ととらえ、各教科で活用することを心がけています」
(入試企画部長の髙橋正先生)

 図書館活用のねらいは、生徒が自分の力でレポート作成ができるようになること。情報活用能力や問題解決能力、プレゼンテーション能力などの〝学ぶスキル〟を習得することにあります。

「なぜインターネットの情報をそのまま使うべきでないのかなど、参考文献の使い方や引用のルールを中1から学びます。課題に対しての情報収集から選択、まとめ、発表、振り返りまでの6つのステップを1サイクルとし、各段階で振り返りながら力をつけていきます」

ユニークなのは主要科目以外でも図書館を活用している点です。中2の音楽では『作曲家調べ・ベートーヴェン』の単元で問いを立てて〝論証〟していく学習活動が展開され、家庭科でも調べて報告する〝報告書型〟のレポート作成に取り組みます。

社会科『世界地理 6つの国調べ』中1の社会科『世界地理 6つの国調べ』から図書館での学びが始まります。

しかし、中1からすぐに6つのステップを自分で進められるわけではありません。最初は図書の配置や利用方法、信頼できる情報の選び方を学びます。社会科の『世界地理 6つの国調べ』では先生と図書館でワークシートを作り、司書教諭の先生が関連した図書を準備するなど、生徒が取り組みやすいように工夫をしています。

図書館のプロである司書教諭の先生は参考文献の書き方について的確なアドバイスを送ったり、授業外で生徒と本の感想を語り合ったりもします。

「図書館が本を介してコミュニケーションをとれる場でもあることで、生徒は主体的に学ぶことができます。司書教諭をめざす卒業生もいて、先日、学校に来て『原点は純心の図書館』と話してくれました」

探究型学習を経験すると、クラスでの話し合いも変わってきます。文化祭のクラス発表を相談するときなどは、目的やテーマを先に考え、相手の意見を尊重しながら話し合えるようになるそうです。こうして培った高い知性とコミュニケーション力は、大学進学や生き方を考えるキャリア教育の〝根っこ〟になっていくのです。

学校行事も〝探究型〟で
長崎研修旅行
純心聖母会本部長崎の純心聖母会本部で話を聞く生徒達。

高1の長崎研修旅行の事前学習では、同校のルーツや平和について調べたり話し合ったりします。自分なりの関心を深めてから見学をするので「自分にできることは何か」「将来の生き方はどうするか」と、真剣に考える生徒が増えるといいます。

図書館による探究型学習の6つの段階
探究型学習のスパイラル
探究型学習のスパイラル
中3の理科の授業中3の理科の授業。国語や美術、ロングホームルームなどさまざまな授業が図書館とコラボしています。

中1から段階を踏んで難易度を上げながら、探究型学習スタイルを身につけさせます。

探究型学習の〝拠点〟は生徒達のお気に入りスポット
図書館

探究型学習での利用をきっかけに生徒達は図書館に親しみを持つようになります。蔵書は中高合わせて10万冊以上あり、1人の生徒が借りる図書の数は年平均約30冊と、学校図書館の一般的な貸し出し数の3倍程度に上ります。

主要5教科以外でも積極的に図書館を活用
音楽『作曲家調べ・ベートーヴェン』
『作曲家調べ・ベートーヴェン』のワークブック『作曲家調べ・ベートーヴェン』のワークブック。資料からメモをとります。

音楽の探究型学習では、例えば「なぜベートーヴェンの肖像画は険しい表情なのか?」という疑問とともに、交響曲第5番『運命』を鑑賞します。図書館でベートーヴェンの生涯と作品を調べて発表し、生徒独自のトピックを加えたレポートにまとめます。生徒の関心は当時のドイツやヨーロッパの時代背景、歴史・文化へと広がっていくそうです。

(この記事は『私立中高進学通信2014年6月号』に掲載しました。)

東京純心女子中学校  

〒192-0011 東京都八王子市滝山町2-600
TEL:042-691-1345

進学通信掲載情報

【6年間の指導メソッド】「探究型学習」を深化する『学び方』の授業を開始
【校長が語る 自立へのプロセス】“叡智” “真心” “貢献”をバランス良く育てたい
【私学だからできるオリジナル教育】こころを一つにして臨む中学合唱コンクール
【キャンパスのビジョン】知識を追い求めた先にまだ見ぬ自分と出会える場所
【熱中!部活動】【吹奏楽部/バドミントン部】指導者と生徒が心を一つに豊かな人間性を育む
【アクティブラーニングで伸ばす新しい学力】清く、賢く、優しい女性を育成 図書館が舞台! 現代文の授業でオリジナル探究型学習
【熱中!部活動】【吹奏楽部】他者の気持ちに寄り添う心のアンサンブルをめざして
【The Voice 新校長インタビュー】人を喜ばせることで自分も幸せになれる“清く・賢く・やさしい”女性を育てたい
【SCHOOL UPDATE】探究型学習 教科×図書館で育つ 正しく情報を読み、考える力
【10年後のグローバル社会へのミッション】人間の尊厳のために「英語の純心」のユニバーサル教育
【未来を生き抜く学力のつけかた】自ら学びを深めていく探究型学習がこれからの時代を生き抜く力になる
【その先に備える キャリア教育】生きる“使命”を問い続け自らの可能性に気づく6年間
【On Going! 進歩する私学の注目情報】夢をたぐりよせる新カリキュラム 『純心エデュケーショナルデザイン』がさらに進化する
【キャンパス歩き】図書館には10万冊以上の蔵書が!純心オリジナルの『探究型学習』を可能にする 情報教育棟セント・メリー・ホール
【学びのプロセス】純心オリジナルの探究型学習 学ぶスキルを身につける図書館と授業のコラボレーション
進学通信2014年6月号
紹介する学校
共学校 共学校   女子校 女子校   男子校 男子校
この号のトップに戻る 進学通信一覧を見る
ページトップ