Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

私立中高のPTA活動と 保護者のつき合い

掲載日:2019年11月08日

お子さんが私立中高に通うと、保護者は学校とどのように関わるのでしょうか。また私学では、保護者同士でどのようなおつき合いをしているのでしょうか。私学のPTA活動や、保護者同士の関わりについて、先輩ママの皆さんにうかがいました。

今月の先輩ママたち

Aママ

私立女子進学校を卒業した大学4年生の姉と、私立男子進学校高2の弟のママ。

Yママ

私立大学付属校高2の兄と、同じ学校の中1の弟のママ。

Kママ

私立男子進学校中3の兄と、公立小学校小6の弟のママ。

Sママ

私立女子進学校に通う中2のママ。

Iママ

私立男子進学校に通う中2のママ。

【1】私学のPTA役員はすぐに決まる!?

PTAでママ友達ができ
学校の様子もわかる

お子さんが通う学校のPTAはどんな活動をされていますか?

Aママ

娘が卒業した学校は、一度PTAの委員になると卒業までずっと続けるスタイルでした。途中で辞める人が何人かいたので、私は高1からクラスの委員を務めました。ただ、それほど仕事はなくて、年に1度のランチ会を企画するのがメインでしたね。
息子の学校では、中1から役員をしています。いろいろな仕事があり、学校に行く回数も多いです。高3では、保護者だけで行う卒業パーティーを仕切る仕事もあるようです。

Kママ

中3の上の子が中1の時に、1年間PTA役員をしました。広報委員というPTA会報を作るのが主な仕事でしたが、とても楽でした。小学校で経験した同じような委員に比べても、格段に作業は簡単で合理的です。PTAの上部組織の人が出してくださる指示に従っていればできるものでしたね。
公立小学校ではPTA役員を決めるのが大変と聞きますが、私学ではいかがですか?

Kママ

中1の時は皆さん様子を見ているようで、希望者を募った時にはちらほら手が挙がる程度でした。それが中2になると、前年に経験した人がまた同じ係をしたいと思ったり、知り合いの人と一緒に引き受けようと約束したりするようで、けっこうすぐに決まりました。

Aママ

私がPTAの委員になろうと思ったのは、子どもたちの学校でママ友達がほしかったからです。私は専業主婦なので、積極的に引き受けることにしました。

入学して間もない時期は、お母さん同士の友達がほしくて役員に立候補する人が多いのでしょうか。

Kママ

お子さんによるかもしれませんね。息子はあまりしゃべらないタイプで学校の様子がわからず、私もママ友達がほしくてやってみようと思いました。私はフルタイムで仕事をしていますが、PTAの仕事はそれほど負担ではなかったので、仕事との両立もできましたよ。

Iママ

私はPTAの委員はしていませんが、クラスの委員決めでは、中1の時から立候補者は多かったですね。小学校の時のように押しつけ合うようなことはなく、あっという間に決まりました。
「これは楽だ!」と思い、お任せしています(笑)。中2の時には事前にアンケートが配られました。「引き受けてもいい」「誰もいなければ引き受ける」「引き受けない」の中から選ぶ形でした。けっきょく、前年に経験した人が引き受けてくださっています。

Yママ

私も引き受けたことはありませんが、役員を決める際にもめたことは一度もありませんね。毎年、5分もかからずに決まります。今年、下の子の受験が終わったのでやってみようかなと思いましたが、すぐほかの人に決まってしまいできませんでした。

役員になるとママ友達ができたり、活動が楽しかったりして、一度引き受けると継続したいと思う人が多いのかもしれませんね。

Kママ

ウチの学校も役員を続ける人は多いですね。私も楽しかったのですが、下の子の受験もあるので、ひとまず1年間で区切りをつけました。「“PTA活動が好きな人”と思われるとちょっと恥ずかしいと思ったのも理由です(笑)。

【2】保護者向けの教養講座がある学校も

先輩保護者からの情報やアドバイスはとても有益

Sママ

娘の学校にはPTAの組織がないんです。クラスでの集まりもとくにありません。保護者の交流がある部活動はありますが、娘の所属するクラブには、それもありません。

保護者で集まることはないのですか?

Sママ

決まったものはないですね。ただ月に2回ほど、保護者向けの勉強会のようなものが開かれていて、先生のお話を聞くことができます。私は、その会で知り合った人たちとお付き合いしています。そういう会に参加しようと思ったのは、同じ学校の保護者と知り合うチャンスがほしかったからです。参加してみると、たまたま小学校時代の塾が同じ人がいて話すようになり、そこから徐々に知り合いの輪が広がっていった感じです。

Kママ

ウチの子の学校にも、年に1度保護者向けの講演会があります。専門家の講師による、教養が深まるような内容で、希望者は無料で参加できます。土曜日に行われるので、仕事をしている人も参加しやすいように配慮されていますね。同じ講師の方が、別の時間に生徒向けの講演も開いてくださっています。

お子さんと共通の話題ができていいですね。ところで、PTA役員を経験された人は、そこで得たものとは何だと思われますか?

Kママ

学校に行く機会が増えるので、先生の顔と名前が一致するようになりました。また、お母さん方の顔見知りができて、いろいろなお話ができたのもメリットです。先輩のお母さん方からは、海外研修などこれからの学校行事などでかかる費用について教えていただき、心積もりができました。

Aママ

先生や先輩ママのお話を聞くことができて、学校のことがよくわかるようになりましたね。理解が深まり、学校がもっと好きになりました。先輩ママからは大学受験の経験談などをうかがい、いろいろな情報を得ることができました。娘の学校では卒業した今でも、一緒に役員をしたお母さん方とお付き合いが続いています。今週も会う予定です(笑)。

卒業後も保護者の交流があるなんて素敵ですね。Kさんは、下のお子さんが来年私立中学に入られたら、また役員をしたいとお考えですか?

Kママ

はい。最初はとくに学校の様子を知りたいので、中1の時に立候補したいと思っています。

PTA役員にならない場合、保護者の出番はあるのでしょうか。

Kママ

文化祭の時に、食堂の片付けや整理などのちょっとした係はありますが、希望しない人はとくに何もしなくても問題ありません。何かしないと肩身が狭いということはないですね。

Iママ

息子の学校では、お手伝いをする機会はほとんどありません。学校に行くのは年に1度の文化祭と、学期に1回行われる保護者会くらいです。

Aママ

息子の学校も、役員にならなければとくに学校で何かをすることはないですね。バザーの時に、出す品を寄付したり、買いに行ったりするくらいでしょうか。それも強制ではありません。

【3】ランチ会で情報交換するママたち

ランチ会や飲み会などママ同士の交流も活発

PTA活動や、クラス・部活動の保護者の集まりなどを通じて知り合いができることが多いようですね。保護者同士の交流はどのようなものですか?

Aママ

保護者の交流の場は、主にランチ会です。娘の学校では中1の時はほぼ全員出席していましたが、徐々に減って、高3の時の出席者は半分以下になっていましたね。息子のほうは、高2の現在、半分以上の出席率です。ランチ会は、どちらも会費は3千円くらいで、学校の近くのレストランで行われます。

Iママ

保護者会の時に、役員の人がランチ会を企画してくれます。今のところ、ほぼ全員出席していますね。そのランチ会で顔見知りができて、いろいろな話をし、LINE交換をしました。場所はホテルのレストランなどが多く、会費は3千5百円くらいです。部活動でもランチ会があります。そちらは、今度初めて私が幹事になって懇親会を企画します。会費は7千円くらいの予定です。

Sママ

私は勉強会で知り合ったお母さんたちと個人的にランチをしています。学校近辺のお店で、費用は2千円くらいですね。

お母さん同士の集まりでは、どんなことが話題になるのですか?

Sママ

親しくなった人の中に、上のお子さんが同じ学校の卒業生という人がいて、いろいろ経験談を聞かせていただいています。先輩ママからの情報はありがたいですね。塾や習いごと、英検はいつ受けると良いのかといった話がよく出ます。最近は、スマートフォンの使い方の話題も多いです。制限はどうしているかといったことですね。また、子ども同士で遊びに行く時には、場所や時間をどこまで許可しているかということも、皆さん関心が高いようです。

家庭のルールをお互い確認し合うということですね。そういった教育やしつけについての価値観は、似ていると思われますか?

Sママ

そうですね。勉強会に参加する人は熱心な人が多く、皆さん考え方も似ていると思います。話をしていて、感覚が合うと楽しいですよね。

Iママ

まだ中2のためか、テストや成績のことなど学校の情報交換が多いです。男子なので、家でゲームはどのくらいやっているかといったことも話題になります。だいたい同じ年齢の子どもを育てていると、悩みは似てきますからね。先日の保護者会でも、先生から“魔の中2”というお話がありました。校内でちょっとしたいたずらをしたり、校外学習の時にふざけて外部の方に注意を受けたりする子が出てくることもあるようです。学校はそうしたことへの対応にも慣れていて、生徒全員を集めて話をしてくださるそうです。こうしたことも成長とともに落ち着いてくるとのことで、お話を聞いて安心できました。

保護者会では、親子関係についてのアドバイスなどもありますか?

Iママ

「お母さんはあまり過干渉にならないように」と言われます。「お子さまは学校に任せて、見守るようにしてください」と、子離れすることを促されますね。でも熱心なお母さん方が多いので、皆さんどうしても息子に目が向いてしまっているようですけど(笑)。

Aママ

息子の学校も男子校で、PTAをしてみて感じました。“息子大好き”なお母さんが多いなって(笑)。娘の学校では、それなりに親子の距離があると感じましたけど。

Yママ

ウチは共学ですが、とくに男子のママと女子のママの垣根は感じないですね。話題は皆さんとだいたい同じです。PTAに関わらない人は学校に行く機会がそれほど多くないためか、お母さん同士が集まる時には、とりあえず学校の勉強の話から始まりますね。先生から配られたプリントの提出期限のことなど、目先の情報交換をしているうちに、あっという間に時間が過ぎていきます(笑)。

【4】価値観が似ているので気を遣わずに済む

校風と保護者の雰囲気が似ているのも私学らしさ

保護者同士の付き合いにおいて、小学校の時と現在で違いを感じますか?

Sママ

小学校時代は、中学受験をしない女の子のお母さんとは、あまり受験や勉強の話はしないようにしていました。教育熱心だと思われて引かれると嫌だなと思って。でも今は、そういう気を遣う必要はなく、お互い教育情報の交換ができています。

Aママ

私立では、皆さん“ママ同士仲良くなりたい”という思いが前提にある点が公立とは違うと感じます。小学校には、「保護者会には行くけれど、とくに保護者同士のコミュニケーションはとらなくてもいい」という考えの人も何人かいましたが、私学では見かけませんね。
また、私学だと金銭感覚もあまり違わないので、一緒にご飯を食べたりお茶を飲んだりする時も、そんなに気を遣わなくて済むのが楽です。話もはずみますから、楽しいですよ。

Yママ

私立の学校では、ある程度似た考えの人が多いので話が合いますし、学校が自由な校風のためか、保護者も和やかな雰囲気ですね。

学校の校風が、保護者の雰囲気にも影響するのでしょうか。

Yママ

そうですね。厳しい感じの人は少ないです。また、働いているお母さんたちがとても多い印象があります。保護者会やPTAの集まりはたいてい土曜日に設定され、お父さんが出席される率も高いです。

Aママ

娘の学校は学費が安いので、そういうところを気に入って受験した人もいると思います。保護者の雰囲気もラフで、素朴な感じの方が多かったです。一方で、遠方から通っている人もいて、泊まりがけでランチ会に参加するお母さんもいましたよ。娘の学校と比較すると息子の学校は伝統校のためか華やかさがあり、保護者会にもきちんとした服装で出席するお母さんが多いですね。

Sママ

集まりの時のお母さんたちの服装は、コンサバなスーツ姿の人が多いですが、なかにはアバンギャルドな服や、着物でくる人もいて、本当にさまざまです。

お父さんが学校に関わる機会は多いのでしょうか。

Yママ

PTAの役員をお父さんが務めているケースもありますね。

Aママ

息子の学校は、OBのお父さんが代々PTA会長を務めています。これも伝統なのでしょうね。

ママ友達ができる機会は、ほかにもありますか?

Sママ

子どもが仲良くなったお子さんと家を行き来するようになり、その子の親御さんと保護者会で会った時にごあいさつしたところ、連絡先を交換して話すようになりました。

Iママ

息子が所属するクラブのお友達の家が近いことがわかり、今、その子のお母さんと仲良くしています。最初は情報交換くらいでしたが、話をするうちに気が合うことがわかり、ウチにお誘いするようになりました。最近は別のお友達親子も誘って、数人のお母さんとわが家で“家飲み”をしています(笑)。子どもたちは隣の部屋でゲームをして、ママたちは料理を持ち寄りホームパーティーのような感じですね。話題は子どものことがいちばん多いですが、お互い家庭のグチなども言い合うようになってきました(笑)。親子でいいお友達ができて、恵まれていると感じます。

Kママ

私は人見知りでなかなか友達ができないのですが、長男が中1の時のクラスで何人かのお母さんと連絡先を交換して、お付き合いを続けています。その人たちとは、毎年“親子観劇会”をしているんですよ。2月の入試シーズンは学校が休みになるので、親子数組で「劇団四季」のお芝居を観に行くんです。たまたまお芝居好きなお母さんがいて、誘っていただいたのがきっかけでした。楽しくて恒例になりました。チケット代はけっこう高額ですが、子どもにとっても文化的なものに触れるいい機会ですし、とても有意義だと思います。

私学らしいおつき合いと言えそうですね。お子さんの中高時代は、最後のママ友達ができるチャンスかもしれません。お子さんが私学に入学したら、お母さん同士のおつき合いも楽しみですね。

ページトップ