LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

受験のストレスを解消する方法

掲載日:2018年8月9日

中学受験シーズンになるとお子さんも必死になって勉強をするので、当然ストレスが溜まってしまいます。その溜まってしまったストレスの解消を促す為の方法、そしてストレスの原因や症状について説明し、心身ともに健やかな状態で勉強ができようになるための情報を公開しています。

どんなことが受験のストレスになる?

普段は明るくて活発なお子さんでも受験勉強が始まってから人が変わった様にイライラしたり、少しの事で泣き出してしまったりする、これは受験を控えるお子さんが、ストレスを抱える事で不安になってしまっているかもしれません。親御さんが思っている以上にストレスが重くのしかかる受験ですが、どのような点でストレスを感じてしまうのでしょうか?まず多くのお子さんは「勉強をしなければならない。」「希望の学校に合格しなければならない。」と常に不安や不満を感じています。テスト結果を友人同士で比べて、自分に劣等感を抱いてしまうケースもあります。更には塾や家庭学習によって生活が不規則になり寝不足になってしまう、あるいは身体を動かさなくなるので運動不足によってストレスを引き起こしてしまうのです。

ストレスになるとどんな症状になる?

人によって症状は様々ですが、まずストレスを感じると脳の扁桃体という部分が過剰活動を起こします。その活動によって脳が疲弊しイライラや情緒不安定を引き起こします。これがいわゆる受験ストレスです。更に悪化すると吐気・だるさや息苦しさを訴える様になる、または食事の味がしない、無気力になる場合もあります。ここまで来ると受験うつを引き起こしている可能性がありますので、お子さん・親御さん共に心療内科へ相談する必要も出てきます。またお子さんはもちろんですが、中学受験の事を考えすぎて親御さんのメンタルが不安定になる、または体調を崩してしまうケースもありますので、あまり根を詰めずに適度に息抜きをしながら励んでいくのが良いと言えるでしょう。

効果的なストレス解消法

中学受験シーズンが近づいていく中で、どうしてもストレスが溜まってしまった場合に、今すぐに出来る効果的な発散方法はあるのでしょうか?勉強が捗っていない時は脳が疲弊している可能性がありますので、15~30分の短時間で良いので睡眠を取らせてみましょう。気分がスッキリするのはもちろんですが「少しのんびりしてもいいのだ。」と精神的なリラックスにも繋がります。もしお子さんが慢性的にストレスを感じているのなら、勉強時間を短縮し短期集中出来る様な環境を作るように努めましょう。身体を動かすとストレス発散・運動不足解消とメリットが多いので、家族でスポーツを楽しむ日を作っても良いと言えます。お子さん、親御さん共に厳しい時期ですが、うまくストレス発散出来るかが、今後にかかっているのです。

関連記事

ページトップ