LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

グローバルな目線を身につけられるサマーキャンプとは!?

掲載日:2018年8月2日

中学生も小学生も受験に向けて夏休みにサマーキャンプに参加してみるというのはいかがでしょう。サマーキャンプとは自然体験学習だけではありません。近年はさまざまなところで行っており、小学生、中学生それぞれに合わせた効果的なキャンプが多彩に存在しています。受験に挑むために必要なスキルを身に着けることもできるサマーキャンプの魅力を調べてみました。

サマーキャンプって?

そもそもサマーキャンプとはなにか、それは中学校や小学校などの夏休みといった学生の長期的な休みを利用して、泊まり込みであるいは日帰りで、多彩な体験をすることができるアクティビティです。
以前はボーイスカウトやガールスカウト、子ども会の林間学校など自然の中でキャンプするというものが主流でした。しかし近年では大学のキャンパスを開放し、大学の研究を一緒に学んだり、博物館や美術館に一泊して美術品に触れたりというような幅広い趣向のサマーキャンプも登場しています。こうしたサマーキャンプは中学や高校の受験に挑むために必要な自立心や好奇心の成長につながるものとして、受験前に受けさせたいと希望する親が増えています。もちろんせっかくの夏休みですから、単に勉強だけでない思い出作りにも効果的と言えます。

中学生をサマーキャンプに参加させるメリットは?

小学生ならまだしも、中学生がサマーキャンプに参加するメリットはどんなところにあるのか。サマーキャンプでは自立心や自発して行動することが多く求められます。中学生になると先々を自分で考える力が求められるようになります。
受験に関してもそうです。自分の進路を自分で探し出す。そして自分の力に合ったところを選択し、選択したところに合格するための努力をする。受験は与えられたものではなく、自分で選択した道に対しての結果を出す必要があります。サマーキャンプでは受験ほどの重大性はないものの、自分で選択し努力することを求められます。中には小学生と一緒に行動することを必要とする場合もあります。求められるのは責任感。責任感は社会においても大切です。急にやれと言われて身につくものではないでしょう。サマーキャンプはその練習の場ともなりえるのです。

サマーキャンプで行われることとは?

サマーキャンプをよく知らないと何をしているのか分からないと考える場合も多いでしょう。しかしサマーキャンプは中学生や受験生に積極的に受けさせる方が良いものです。というのも、サマーキャンプは学校の授業とは違います。教えるのではなく自発的に考えることから学んでもらうというスタイルをとっています。
例えば工学系大学で行われているサマーキャンプではグループに分けてロボットを作ってもらうというスクールを実施しています。グループには数人の子どもが加入します。正直グループ内では積極的に意見を出してロボット作りに夢中になる子どもと、何も言わず周りの子どものいう言葉に合わせているだけの子どもがいます。受験に置き換えてみればお分かりの通り、自発的に挑むのと与えられて進むのでは感じる結果が違ってきます。中学生や受験生に必要な感性をサマーキャンプで身に着けることができるのです。

関連記事

ページトップ