LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

中学受験入試当日の準備

掲載日:2019年1月24日

いよいよ中学受験入試当日、ここまで来たらもう本人がこれまでの努力を出し切るのみです。しかし、まだ親のサポートが必要な点もあります。それは、必要書類や持ち物といった当日の準備、無事入試を終えるための朝食作りです。子どもが入試のみに集中できるように、親も最後のフォローをしてあげましょう。

必要書類や持ち物

まず重要なのは、必要書類や持ち物の確認です。受験票を持って行くのはもちろんのことですが、ビニールケースなどに入れるなどして、汚れたり折れたりしないようにしておきましょう。その他必須の持ち物としては、鉛筆・消しゴム、定規など必要な筆記用具。そして上履きや靴を入れる袋、腕時計やハンカチ・ティッシュ、飲み物などがあります。体調管理の面で用意しておいた方が良い物としては、マスク、下痢止めなどの薬や生理用品、マフラーやカイロなどの防寒グッズなどです。その他、小腹がすいた時用にチョコレートなどの個包装されたお菓子、子どもの気持ちを落ち着かせるためのグッズ、お守りといったものも持たせておくと役立つことがあるかもしれません。

持って行ってはいけないものはある?

持って行ってはいけないものについても注意しておきましょう。不要な物は持ち込まないのは当たり前ですが、ここでは2点取り上げておきます。まずはスマートフォンや携帯電話などです。試験会場には持ち込ませないのが一番安心です。ただし一人で受験会場に行く場合には必要となるかと思うので、そういった場合には音やアラームが鳴らない設定にしたうえで持たせましょう。また、電源の切り方なども改めて確認しておくと良いでしょう。そしてもうひとつは、大量の問題集です。やりきれなかった物を当日に持っていても不安になったり自信をなくしたりするだけです。最後の見直し用に、中学受験に向けて何度も解いた問題集やノートなどを持って行く程度で十分でしょう。

朝食にも気を使おう

親として、受験生の子どもに最後にしてあげられるサポートと言えば、朝食作りではないでしょうか。特に豪勢な食事やゲン担ぎにこだわって作るよりも、当日の体調を整えることを意識することが大切です。基本的には普段と変わらないメニューで子どもの好きな物を作りましょう。脳の働きから考えて、起床時間は試験開始の3時間前というのが必須です。そして準備をして朝食になるかと思うのですが、食べすぎると脳の働きに良くありませんので、腹八分ぐらいを目安にしましょう。休憩時間に食べる用のチョコレートを持たせておけば、空腹で困るということもないでしょう。注意点としては、油物や生もの、冷たい飲み物などは避けておいた方が良いです。

関連記事

ページトップ