LINEで送る

スクールポット中学受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

中学受験面接時の服装は?注意するべきポイントまとめ

掲載日:2018年10月25日

中学受験の面接の際に、親子で何を着ていけばよいのか悩まれている方も多いのではないでしょうか。クローゼットの中をのぞいて、今から研究している方もいらっしゃるかもしれません。こちらでは、面接時の服装選びに関する注意点について見ていきましょう。

着脱出来る重ね着がGood

おすすめしたいのは、親子とも着脱できる重ね着です。なぜかと言えば、中学受験シーズンはとても寒い時期ですが、逆に教室の中は暖房が効いていてむしろ暑いと感じる場合が多いからです。汗をかくことで面接時にのどが渇いてうまくしゃべれなかったり、後日風邪をひいてしまったりという事態を招きかねません。ですから、カーディガン、ベストなどを上手に組み合わせて、温度に対応できるコーディネートを考えることが大切です。また、面接時の服を新調される方も多いかと思いますが、着慣れない洋服は着脱に時間がかかってしまう場合もあります。あらかじめ着脱の練習をしておくと良いでしょう。面接当日に洋服の入った箱を開けるということのないように、ご注意ください。

ルールはなくても浮かないベーシックなスタイルが良い

では、中学受験の面接スタイルはどのようなものが良いのでしょう?やはり奇抜なデザインや色の洋服は避け、無難なものが良いと言えます。例えば子どもは紺やグレーのブレザー、パンツあるいはスカートがおすすめです。そして親も同じく紺やグレーのスーツにすれば親子で統一感が出てまとまった雰囲気になります。また、ブレザーの中に着るシャツやブラウスは白が良いでしょう。もし親子で新調される場合は、試着をした状態で親子ともに試着室の鏡の前に立ってみて、どのように見えるかをチェックされると良いかもしれません。家にあるものを着る場合は、サイズが合わなくなっていないか、ボタンなどが取れかかっていないか、色あせなどがないか、きちんと確認しておきましょう。普段は明るい色の洋服が多いという方も、受験当日はぐっとこらえてベーシックな色合いのものを選ぶようにしてください。

レインコートやマスクは持つべき?

寒い時期はインフルエンザが猛威を振るう時期でもあります。また、面接当日が雨や雪の場合も考えられます。その際にぜひ持参していただきたいのが、マスクとレインコートです。マスクは他の受験生の風邪がうつらないようにする効果がありますし、また暖房でのどがカラカラになるのを防ぐ効果もあります。またレインコートは家を出る際には雨が降っていなくても、雲行きが怪しい場合は持っていきましょう。マスクはカラフルな色やかわいいキャラクターの絵が描かれているものなどが発売されていますが、面接当日は白い無地のマスクが無難です。また、面接室に入る前にはマスクを外すことをお忘れなく。レインコートは脱いだら折りたためてバッグに入れられるタイプのものが良いでしょう。寒さ対策を万全にし、中学受験を乗り切りましょう。

関連記事

ページトップ