Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
グループワークでは生徒同士が意見を言い合います。
二松学舎大学附属柏高等学校

〒277-0902
千葉県柏市大井2590

TEL:04-7191-5242

学校情報 学校HP

感謝の気持ち、謙虚な心、強い覚悟を持ったプレーで
2020年全国選抜大会出場権を獲得

部活動は学校生活の一部
“選手である前に、生徒であれ”

 ハンドボールは“走って、投げて、飛ぶ”躍動感あふれるダイナミックなスタイルで、一度見ると魅了される人が多いといわれるスポーツ。同校のハンドボール部の歴史はおよそ半世紀。2019年は県の1年生大会で優勝、高校総体の県予選では3位となり、2020年の全国選抜大会の出場権を獲得(※大会は中止)するなど、目覚ましい活躍を遂げています。部のモットーは、「第一に学校生活」と顧問の池田憂輝先生(保健体育科)は言います。

「部活動は学校生活の一部であり、将来、社会に出て必要とされるための人間教育の場です。これは前任の増田敏雄先生から引き継がれている部の伝統です。そのためにも部員たちには、普段の学校生活において、「しっかりとした挨拶をする」「学校のルールを当たり前に守る」「学習への取り組み姿勢を持つ」と伝えています。たとえば誰かが何かを運んでいて大変そうな様子を見かけたら『僕が運びます』というように、人への心遣いや目配りができるようになるのも大切なことです。そのうえで常に感謝の気持ち、謙虚な心、強い覚悟を持ってプレーする。それがハンドボール部のめざすところです」(池田先生)

楽しいからこそ一生懸命になれる
勝利はその先に━━

 同部の活動は週6日(水曜休み)。主な練習メニューはストレッチに始まり、フットワーク練習、パス練習、シュート練習、シチュエーションを想定したオフェンス・ディフェンス練習、そして全体での攻防練習を行います。なかでもとくに重視しているのがパス練習です。

「ハンドボールで一番多く使う技術がパス、キャッチです。これがまともにできないとシュートまでたどり着けません。ボールを自在に扱うためにもボールハンドリング(ボールを巧みに扱い、把持する能力)は大事にしています」

 練習は16:00~18:30までと決して長くはありませんが、絶えず声を出しながら、アグレッシブかつスピーディに動き回ります。その間、池田先生から指示が出されることはほとんどありません。

「最終目標は、部員たちがコートの中でゲームを組み立てて勝利へと結びつけることですから、普段の練習から『こうしなさい』というような指示はあまり出しません。その代わり『こういった局面ではどうすべきか、どうすればいいのかをみんなで意見をまとめて実践しなさい』と伝えています」

 そんなところから生まれてくる、部員一人ひとりの自主性や発想が大切なのだとも言います。

「こちらが指示を出してしまうと、部員たちはロボットになってしまいます。もちろん、チームとして約束事をおろそかにした場合は厳しく言うことはあります。たとえば部員たちが映像などを見て、『あのプレーを取り入れてみよう』というように、チャレンジすることに関しては『いいね!』と声をかけ、受け入れています。部員たちの発想を大切にしたいのがその理由です。そうしたなかで『ハンドボールって楽しいな』『こんなプレーをしてみたい』という経験を積み重ねていき、それが勝利につながっていくと考えています」

 練習中、常に活気ある声が響き合っているのも部のスタンスなのでしょうか?

「それは私の指導というよりも、キャプテンが中心となってそうした雰囲気を作っているからでしょう。部員たちは素直で一生懸命です。近年は好成績をあげることができていますが、『自分たちは強いのだ!』ではなく、謙虚さを持って取り組んでいることも、良い雰囲気を作っているのだと思います」

 高い集中力と活気ある練習風景。同部の飛躍の理由を垣間見た気がしました。

キャプテンに聞きました!

清古 善鷹さん(進学コース/高2) 清古 善鷹せいこ よしたかさん(進学コース/高2)

 めざすのは、自分たちの目標や考えをプレーで体現して、全国大会で勝負できるチームになることです。そのためにもチームを盛り上げる声と、時には厳しく周りを鼓舞するような声かけを意識しています。プレーとして大事にしているのは、ディフェンスです。そこから速攻を仕掛けて点を取り全員で喜ぶ。そこからまた守って、走って、ベンチも含めて、ユニフォームを着られなかった部員も含め、全員で声を出して戦い合うのが二松柏ハンドボール部のスタイルです。

学校情報

共学
二松学舎大学附属柏高等学校

〒277-0902
千葉県柏市大井2590

TEL:04-7191-5242

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

ハンドボールは“走って、投げて、飛ぶ”躍動感あふれるダイナミックなスタイルで、一度見ると魅了される人が多いといわれるスポ...

この記事を見る

高校3年間にわたり週1時間『論語』を学ぶ。これは学園の母体が夏目漱石や嘉納治五郎、渋沢栄一など、多くの偉人を輩出した漢学...

この記事を見る
感謝の気持ち、謙虚な心、強い覚悟を持ったプレーで2020年全国選抜大会出場権を獲得部活動

ハンドボールは“走って、投げて、飛ぶ”躍動感あふれるダイナミックなスタイルで、一度見ると魅了される人が多いといわれるスポ...

この記事を見る
伝統ある論語教育に最新の教育手法を盛り込み 活気あふれる楽しい授業を展開授業・カリキュラム

高校3年間にわたり週1時間『論語』を学ぶ。これは学園の母体が夏目漱石や嘉納治五郎、渋沢栄一など、多くの偉人を輩出した漢学...

この記事を見る
ページトップ