Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

さまざまな経験を積み重ね
自分の成長を確認しながら
進路を実現する3年間

生命保険会社の方を講師にお迎えし、実施したライフプランニング授業の様子(高2対象)。授業は、仮想の夫婦の『人生の設計図』を作ることから始まります。ライフプランナーのアドバイスを参考に、経済的な観点からライフプランを検証していくと、実現可能な『人生の設計図』ができあがりました。
豊島学院高等学校

〒170-0011
東京都豊島区池袋本町2-10-1

TEL:03-3988-5511

学校情報 学校HP

言葉に強い生徒を育てる

上坂直子先生(数学)「自分が何をしたいかわからない」という生徒には、将来をイメージできるようなアドバイスを心掛けています。自分の思いをしっかりと伝えられる「言葉に強い生徒」を育てることが目標です。 上坂直子先生(数学)
「自分が何をしたいかわからない」という生徒には、将来をイメージできるようなアドバイスを心掛けています。自分の思いをしっかりと伝えられる「言葉に強い生徒」を育てることが目標です。

「スーパー特進類型」を設置して2年目の2019年度、東北大学、東京農工大学、千葉大学をはじめとする国公立大学へ17名の合格者を輩出した豊島学院高等学校。2020年度は「スーパー特進」の1期生が大学受験に挑む年であり、さらなる飛躍が期待されています。

 進路指導部が重点目標とするのは、「言葉に強い生徒を育てる」ことです。

「グローバル化やIT化が進む近年に求められるのは、単に知識を蓄え増やすだけの勉強ではなく、得た情報や知識を活用して何ができるかを考えられる力です。また、社会に出ればチームで協働することが多くなりますから、自ら情報を発信しながら協働し、チーム全体で適切な解答を導き出すようなコミュニケーションカも求められます。
 それらの基礎となるのが『言葉』です。英語の長文読解や数学の文章問題を解く際、語彙力をもとに理解し、思考し、問題を解きます。わからなければ周りの人に質問する、教える人はわかりやすく説明する、その過程を繰り返すことで、自らの意見を発信する力がついていくと考えています」(上坂直子先生/進路指導部長)

 言葉に強くなるための取り組みは、朝学習で行う「言語力ドリル」、各学年で行うディベートやディスカッション、「小論文チャレンジノート」への取り組みなどの日常的なものから、「ビブリオバトル」、年2回の「小論文模試」など多彩です。

 各教科の授業では、SDGsに関連したテーマを扱っています。国際社会の目標である「SDGsの17の目標」を身近な問題として捉え、一人ひとりが探究したいテーマを発見し解決に向け取り組んでいます。

「より良い社会実現」を考えられる人を育てる

 進路指導部では、生徒自身の希望や夢の実現はもちろん、「社会にどのような貢献ができるか」を考えられる人材育成をめざしています。

 また「生徒が自分で将来を決断する」ために、社会のさまざまな分野で活躍する方たちを招いてワークショップや講演会を実施しています。その1つが「産学連携講座」です。

「2019年度の産学連携講座では、生命保険会社や人材育成企業の方が講師を務めてくださいました。ライフプランニングをテーマにした授業では、将来の生活設計の立て方について教えていただくなかで、生徒たちは具体的な将来を思い描くことができたようです。生徒たちは人生を計画的に生きることの大切さ、夢に向かって努力することの大切さ、そして家族の愛情を改めて実感することができました。
 また、自己理解についてのワークショップでは、『自分のアピールポイントをどう表現すると効果的なのか』のヒントをつかんだようです。自分自身の価値観・体験などの情報をどのように整理し、まとめ、補足したら良いのかについて、考え方・ポイントを知ることができました。
 先生に大学の授業内容と同じ講義をしていただく『系統分野別講義体験』では、1年生がそれぞれ興味のある分野を選択して講義を受けます。2020年度は理学、看護、語学、文化、情報、教育など27系統を設置、オンラインで大学の研究室とつなぎ講義を体験しました。生徒たちは大学で専攻を深めるということを具体的にイメージすることができ、大学への意識が高まったようです。
 本校では上記に挙げた以外にも、勉強合宿や高大連携の特別講座、社会人講演会などさまざまな取り組みを行っています。生徒がいろいろな角度から物事を見る目を養ってほしい、社会との接点を見つけてほしいと考え実施しています」(上坂先生)

自分の成長を確認する「夢をかたちに」

 自分の学習活動や課外活動、キャリア教育の実績をサポートするのが、「夢をかたちに」です。この冊子は、学校独自のオリジナル冊子であり、大学入試について、文理選択のアドバイス、職業について、学部・学科の紹介などが掲載されています。この冊子をもとにLHRを実施し、将来について考える機会としています。また、クラブ活動や学外活動も含めた活動について振り返り、蓄積する、いわゆる「高校時代のポートフォリオ」にもなる冊子です。

「夢をかたちに」を見ると、英検や語彙力検定などの検定試験に挑戦した軌跡もわかります。英検2級に1回のチャレンジで合格する生徒はあまり多くありません。しかし、自分の弱点を知り、対策をすることで確実にスコアを上げていきます。

 日々の学習活動や学校行事にもPDCAを導入して、Plan(計画)を立てて、Do(実行)し、Check(評価)した上でAct(改善)するサイクルを繰り返します。豊島学院の3年間はさまざまな経験を積み重ね、自分の成長を確認しながら進路を実現する期間なのです。

『系統分野別講義体験』では、11月に行われる文理調査の一助となるように多くの講座を開設するようにしています。大学の授業内容は生徒たちが抱く学問イメージとは異なっている場合もあり、今後の学部学科選択にも役立っている。 「『系統分野別講義体験』では、11月に行われる文理調査の一助となるように多くの講座を開設するようにしています。」大学の授業内容は生徒たちが抱く学問イメージとは異なっている場合もあり、今後の学部学科選択にも役立っている。
1年間の成長をまとめる冊子『夢をかたちに』。学校行事への自分の取り組み度合いを客観的に振り返るルーブリック評価表、部活動や資格・検定の記録なども記載されている。 1年間の成長をまとめる冊子『夢をかたちに』。学校行事への自分の取り組み度合いを客観的に振り返るルーブリック評価表、部活動や資格・検定の記録なども記載されている。
ニュージーランドのターム留学はバーケンヘッドカレッジへ。オークランドの中心地から北へ車で15分のノースショア地域にあり、フレンドリーな住民の多い場所。写真は参加したクラブ活動での様子。 ニュージーランドのターム留学はバーケンヘッドカレッジへ。オークランドの中心地から北へ車で15分のノースショア地域にあり、フレンドリーな住民の多い場所。写真は参加したクラブ活動での様子。

学校情報

共学
豊島学院高等学校

〒170-0011
東京都豊島区池袋本町2-10-1

TEL:03-3988-5511

学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

1932年、神田駿河台に「神田商業学校」として創立された豊島学院高等学校。1951年に昭和鉄道高等学校と合併して、“実学...

この記事を見る

「スーパー特進類型」を設置して2年目の2019年度、東北大学、東京農工大学、千葉大学をはじめとする国公立大学へ17名の合...

この記事を見る
自分の好きなことに熱中できる3年間はかけがえのない時間インタビュー&メッセージ

1932年、神田駿河台に「神田商業学校」として創立された豊島学院高等学校。1951年に昭和鉄道高等学校と合併して、“実学...

この記事を見る
さまざまな経験を積み重ね自分の成長を確認しながら進路を実現する3年間進路・進学

「スーパー特進類型」を設置して2年目の2019年度、東北大学、東京農工大学、千葉大学をはじめとする国公立大学へ17名の合...

この記事を見る
ページトップ