Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
佐野日本大学高等学校

〒327-0192
栃木県佐野市石塚町2555

TEL:0283-25-0111

学校情報 学校HP

2016年、全国高校サッカー選手権ベスト4進出!
技術向上と人間性の涵養をめざす

『堅忍不抜』の精神で部員の人間性を育てる

 2016年、全国高校サッカー選手権でベスト4(3位)の実績を有するサッカー部のモットーは、『堅忍不抜』(我慢強く堪え忍び、意志を貫く)。めざすのは、「サッカー選手というよりも、一人ひとりの人間性の向上です。高校生として、しっかりした生活習慣や、思いやりの心を学んでほしいと思っています」と監督の海老沼秀樹先生(体育科)は話します。

 それは気持ちの良いあいさつや、感謝の気持ちを持つといった心がけに始まります。

「グラウンドは2020年8月に新しい人工芝に張り替えられたのですが、学校側が環境を整えるのは当たり前のことではなくて、これまでの先輩たちの積み重ねや周りの人たちの理解と協力があってのことであり、コロナ禍の活動自粛を経て活動ができるのは、保護者の協力があってこそ。今までは普通に日常生活を送れることが当たり前と思っていたかもしれないけれど、それは決して当たり前ではないということを部員たちに伝えています」

 そうした感謝の気持ち、周囲への思いを部員一人ひとりが実感するためにも、“一日一日を全力で、一つひとつのプレーを大切にする”ことを求めていると海老沼先生は言います。

「3年間、1日2~3時間という限られた時間の中で素早く行動することや、毎日取り組んでいるウォーミングアップもおろそかにせず、毎日の積み重ねをしっかりすること。そうしたこともすべて自身の成長につながっていくのです」

部員たちの高い意識を作り上げる部活動

 練習メニューはパス、キック、ドリブルなどの基本練習や、テーマを決めたグリッド練習、そして最後にゲームを行うのが主な流れ。すべて大切なメニューですが、なかでも少人数でのパス回し、ボール奪取を行いながら、その時々のふさわしいポジショニングを意識・確認し、攻守の切り替えの質を高めるグリッド練習には高い集中力が求められます。そして、この攻守切り替えこそが佐野日大の最大の武器。伝統の堅守速攻のサッカーを体現する大切な要素となっているのです。

 現在、部員数は155名の大所帯ですが、練習はA・B・Cの3つのカテゴリーに分け、さらにカテゴリー内でグループを形成して複数のグラウンドを使用して行われます。その質の高さと密度の濃さが、2時間30分という練習時間を可能にしているのでしょう。

「3年生がお手本になってくれているので、下級生は練習でも自覚を持って取り組めていると思います」と海老沼先生がいうように、技術の向上と人間性の涵養を掲げるサッカー部は、部員たちの高い意識を形成しているのです。

副キャプテンに聞きました!

宮下吏玖くん
(写真左 進学コース/3年)
平賀禎大くん
(写真右 スーパー進学コース/3年)

宮下くん中学生のときに選手権で佐野日大の試合を見て、相手ボールをディフェンダーが全部跳ね返すところに強さと魅力を感じ、進学しました。サッカー部は、1年生のときから大会に出場できるなど、堅守速攻のサッカーで全国をめざせる環境が整っていると思います。

 副キャプテンという立場になって周りに意識が向くようになり、「チームとしてどうすればいい方向にもっていけるか」ということを考えて発信できるようになりました。グラウンドを人工芝に張り替えるなど、抜群の環境でサッカーができるのは、佐野日大の強みだと思います。

平賀くん強い選手が多く、佐野日大の高いレベルの中で「自分も切磋琢磨できるのではないか」と考え、文武両道を掲げている学校で学力面でもがんばりたいと思って進学しました。部活動では、個人としてレベルアップしながら高校生活最後の大会に臨めるという意味でも、佐野日大を選んで良かったと思っています。

 海老沼先生からは日々レベルの高い指導が受けられていて、新しい発見もあるなど、充実しています。また、部活動を通して人が嫌がることを率先してやるとか、まずは“人のために”という考えを持てるようになるなど、人間的にも成長できているのを実感しています。

2020年8月にグラウンドが人工芝に生まれ変わりました!

 2020年8月、サッカー部のグラウンドが人工芝に生まれ変わりました。新しい芝はJFA対応で、高性能なウレタンパッキングを採用するなど、高い品質を誇る全天候型。「土だとどうしてもバウンドが変わったりするのですが、人工芝はそれがないので集中して取り組めます」と平賀くんが言うように、部員からの評判は上々です。

 また、この人工芝はViuシステム(散水機能)を搭載、粒状の水を効率良く散水することで表面温度の上昇をおさえ、夏場でも快適な環境を実現しました。「今までとまったく違います。普段からこういう環境で練習できるのはすごくいいことだと思います」(宮下くん)。

 グラウンドには照明設備も完備され、リニューアル以降はグラウンド整備にあてる時間も大幅に短縮、さらにはリーグ戦会場にもなるなど、多くのメリットを生み出しています。

学校情報

共学
佐野日本大学高等学校

〒327-0192
栃木県佐野市石塚町2555

TEL:0283-25-0111

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

本校は、松下村塾で吉田松陰に師事した山田顕義を学祖とする日本大学の付属高校です。山田顕義の理念は、現在も本校の教育におい...

この記事を見る

2016年、全国高校サッカー選手権でベスト4(3位)の実績を有するサッカー部のモットーは、『堅忍不抜』(我慢強く堪え忍び...

この記事を見る
一人ひとりの夢を実現するために個別最適化された学習を推進インタビュー&メッセージ

本校は、松下村塾で吉田松陰に師事した山田顕義を学祖とする日本大学の付属高校です。山田顕義の理念は、現在も本校の教育におい...

この記事を見る
2016年、全国高校サッカー選手権ベスト4進出!技術向上と人間性の涵養をめざす部活動

2016年、全国高校サッカー選手権でベスト4(3位)の実績を有するサッカー部のモットーは、『堅忍不抜』(我慢強く堪え忍び...

この記事を見る
ページトップ