Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
京華商業高等学校

〒112-8612
東京都文京区白山5-6-6

TEL:03-3946-4491

学校情報 学校HP

一人ひとりが自分自身と向き合いながら
仲間とともに成長していく3年間の部活動

「ネバーダイ」の精神で記録と“自分自身”を伸ばす

 高校3年間で多くの選手が自己記録を更新し、都大会に出場する選手も増えてきている陸上競技部は、同校の校訓でもある「ネバーダイ」を部訓に掲げています。「ネバーダイ」とは「目的・目標に向かってやり抜く意志と行動力」を有し、「自分自身に向き合って、打ち克つ精神力」を意味する言葉です。

「陸上の場合は、数字でいえば記録という明確な目標があるので、その記録を伸ばすという意味でとてもやりがいがある一方、怠ければそれなりの結果しか出ない側面もあります。そういう意味では、まさに自分との向き合いかた次第で、自分を成長させることができる競技だと思っています」(顧問・保健体育科/平石先生)

  練習では学校のグラウンドと校外の陸上競技場を利用しています。グラウンドで行う場合は各種ハードルを利用したウォーミングアップに始まり、フォームを作るために股上げなどの基礎運動を反復するトレーニングや各種目の技術系トレーニング、学校周辺のアップダウンを利用したダッシュ、さらにはウエイトトレーニングなどを行います。競技場を利用する場合は、たとえば短距離であればスタートダッシュや加速走、そして各種目の専門練習といった実戦的メニューが中心になります。

  部員は男女合わせて12名。「強豪校と比べると少人数ですが、その分、きめ細やかに見ることができているのでは」と話す平石先生。練習を行ううえで1~2週間分のメニューを部員たちに配布し、取り組む内容を明確にしているそうです。

「何をするかが把握できていると、そこに向けて気持ちを作りやすいと思うのです。ただ、部員たちがその時々で取り組みたいメニューなどを加えられるように、あまり細かな内容にはしていません。勉強や進路選択も同じですが、私たち指導者側が事細かに取り組むべきことを教えるのではなく、自分で考えて自分で決める習慣をつけてもらいたいというのがその理由です。そのなかでいろいろ感じながらやるべきことを考え、疑問に思うところがあれば質問して実行に移していく、という方針をとっています」

  自分の考えや思いを付け加えることで、自分自身の行動に対する責任が生まれ、それらの積み重ねによって、大会などで自分たちの目標が達成できたときの充実感や達成感は大きくなります。そして、それが「ネバーダイ」の精神を作り上げていくうえでの大きな礎となるのです。

キャプテンに聞きました!

小堀 さん(高2/情報処理コース)

小堀さん(高2/情報処理コース)

 中学生のときに抱いた陸上競技部の印象は、先輩が笑顔で接してくれるなどやさしく、練習の雰囲気もすごく明るいというもので、その印象は入部してからも同じでした。先生によく言われることは“周りの人への感謝”です。部活動を通して成長できたところは、その「感謝」の意味に気付けたことだと思います。

 また、先生の指導によって練習時などに意識するところも変わってきました。タイムは上がり、フォームもきれいになり、“走れる”ようになったと感じています。キャプテンとなった今後は、みんなから信頼してもらえるように普段の練習から本気で取り組んで、後輩をしっかり引っ張っていきたいと思います。

真剣に取り組めば
ダンスは楽しく踊れます!

 ヒップホップやR&Bを踊る同好会からスタートし、部に昇格したのが2年前。キャプテンの眞田さんと副キャプテンの村井さんが2年生のときでした。顧問の渡部先生(商業科)は当時をこう振り返ります。

「まずは部活動としてしっかり成立させること。それと、ダンスは本番でメイクをしたりスタイルも派手だったりしますから、周りから浮ついていると見られることもあります。だからこそ普段の学校生活や身だしなみなどは、ほかの生徒以上にキチンとしていこうと。まずはそんなところからのスタートでした」

 ただ、当初は3年生の部員がおらず、眞田さんたち2年生が部内の最上級生になったこともあり、活動そのものは順風満帆ではなかったと言います。

「みんながなかなか言うことを聞いてくれなかったり、取り組み方にも温度差があったりしました。もともと“楽しくやりたい”と思って入ったダンス部なのに、それができない。そこでいろいろ考えて、ミーティングなどでこちらから伝えたいことや気づいたことをしっかりと伝えてミュニケーションを図ったり、一緒にいる時間を長くすることでまとまりが生まれたりと、少しずつわかり合えるようになりました」(眞田さん)

 コミュニケーションが円滑になることで練習に取り組む姿勢も前向きになり、そこから生まれた一体感がパフォーマンスを向上させるという好循環が生まれました。残念ながら飛躍をめざした2020年度のダンスコンテストはコロナ禍によって中止となりましたが、周囲の協力もあり、「京華祭(学園祭)」でのラストステージを無事に迎えることができました。

「最後のステージは『もうこのメンバーで踊れなくなるのか……』という思いから、踊りきった爽快感よりも悲しい気持ちのほうが強かったです。みんなで楽しく踊ることができる部になったことを実感しました」(眞田さん)

 そんな同部の練習は週3~5日。ストレッチに始まり、ダンスに必要な筋トレ&体幹トレーニング、身体の各部分を独立させて別々に動かすアイソレーションを行います。また、イベントが近くなればコーチと一緒に振りの練習などを取り入れます。今後に見据える現在の目標は何なのでしょうか。

「自主公演です。来年は自分たちで企画から設営・照明などのセッティングまでできるような公演を行いたいと思っています」(渡部先生)

 部に昇格してから2021年で3年。紆余曲折を経ながら、かたちを作り上げてきたダンス部。その挑戦は今始まったばかりです。

顧問の先生に聞きました!

渡部 俊祐 先生

渡部先生

 めざしているのは、みんなから愛されるダンス部です。先日、「京華祭」のステージに立つことができたのですが、ほかの部の生徒が舞台作りを手伝ってくれたほか、先生方もさまざまな場面で労力を使ってくださいました。それらは部員たちの今までのがんばりがあったからこそ。部員たちも周囲に対する感謝の気持ちというものを理解し始めていると思います。眞田や村井をはじめ、部員たちの成長を強く感じています。

キャプテン&副キャプテンに聞きました!

キャプテン 眞田さん(高3/情報処理コース)

キャプテン
眞田さん(高3/情報処理コース)

 初心者も多いのですが、ダンスが“できる・できない”は人それぞれ。意識の持ち方で変わるものだと思います。たとえば村井くんも未経験でしたが、最初から意識が高く、“やってやる!”という気持ちがすごく強くて、家に帰ってからも夜遅い時間まで練習していたようです。そのような意識があれば、すぐに上達します。やる気のない“できない”と、真剣に取り組んでの“できない”とではまったく違います。真剣に取り組めば、ダンスは楽しく踊れますよ!

副キャプテン 村井さん(高3/情報処理コース)

副キャプテン
村井さん(高3/情報処理コース)

 ステージに向けて各ナンバー(振り付けした作品)に分かれて、それぞれがオリジナルの振りをつくり、コーチと自分たちでステージをつくり上げていく。ステージでのダンスは自分たちだけの作品づくりで、そこが楽しいですね。そしてそれを観客に見てもらい、一体となってステージをつくれるところがダンスの魅力です。部活動を通して成長できた部分は、仲間を見守り、支えるために行動できるようになったこと。それが“仲間意識”になったのだと思います。

コーチに聞きました!

小野澤コーチ 小野澤コーチ

 大事にしているのは、アイソレーションやリズムトレーニングなど、基礎からしっかりと身につけていくことです。ステージのための作品づくりの段階になると振りがメインになりますが、ステージが終わったばかりの現在は身体づくりやリズムトレーニングなどに取り組んでいます。そのうえでダンスは楽しんで踊ることが大事なので、そのためのキツイ練習にも背を向けず、ステージの上で歓声を受けながら“真のダンスの楽しみ方”や醍醐味を味わえるようになってもらいたいですね。

学校情報

共学
京華商業高等学校

〒112-8612
東京都文京区白山5-6-6

TEL:03-3946-4491

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

高校3年間で多くの選手が自己記録を更新し、都大会に出場する選手も増えてきている陸上競技部は、同校の校訓でもある「ネバーダ...

この記事を見る

京華商業の「朝」は、開門の7時から始まります。京華商業生の中でも朝一番早く登校する生徒は決まっています。まだ誰も登校して...

この記事を見る
一人ひとりが自分自身と向き合いながら仲間とともに成長していく3年間の部活動部活動

高校3年間で多くの選手が自己記録を更新し、都大会に出場する選手も増えてきている陸上競技部は、同校の校訓でもある「ネバーダ...

この記事を見る
生徒と教員たちの「おはよう!」のあいさつで始まる京華商業の朝授業・カリキュラム

京華商業の「朝」は、開門の7時から始まります。京華商業生の中でも朝一番早く登校する生徒は決まっています。まだ誰も登校して...

この記事を見る
ページトップ