Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

今までに経験のない学校生活を乗りきるため
安全を第一に“いまできること”に取り組む

分散登校時の授業風景。密を避けるために1クラスを分割し、授業の様子は隣の教室にいる生徒たちのタブレット端末に配信しました。
栄北高等学校

〒362-0806
埼玉県北足立郡伊奈町小室1123

TEL:048-723-7711

学校情報 学校HP

 これまでに経験したことのないコロナ禍の学校生活において、さまざまな形で取り組んできた対策や今後の課題などについて、衛生担当兼3学年副主任の小林徹先生に話をうかがいました。

今までの取り組みを活かしつつ
新たな試みも積極的に導入

衛生担当・3学年副主任の小林徹先生。学校再開後に見た、生徒たちの楽しそうな姿が印象的だったと話します。 衛生担当・3学年副主任の小林徹先生。学校再開後に見た、生徒たちの楽しそうな姿が印象的だったと話します。

 生徒の安全を第一に、世の中の情勢を見ながら対応していく。これを大前提に、今まで経験したことのない学校生活が始まっています。まず、今年度のスタートともいえる入学式ですが、緊急事態宣言直前の4月7日、安全面を考慮して1クラスを半分に分けて実施しました。

 授業に関しては、当初、YouTubeを使った1コマ15分程度の動画配信という形式をとりました。内容は各教員がそれぞれ収録・編集したオリジナルの授業です。例えば私が担当する3年生には、受験科目の問題演習を中心とした動画を制作・配信しました。通常登校であれば朝と帰りのSHRにあたる時間には、Zoomを活用してオンラインHRを行い、生徒とつながる時間を持ちました。加えて、生徒個々の様子を具体的に把握するため、オンラインでの二者面談も実施していました。

 また、本校はもともと、自学・自習の習慣を身につけるために自己管理スケジュール手帳『フォーサイトノート』を活用しています。今回はその手帳に体温や体調なども記入させることで自己管理の徹底と、感染に対する意識を高めるきっかけとしました。手帳には生徒が記入できるコメント欄もありますので、その中から休校中の様子を知ることができるなど、メリットも感じられました。

 1年生の場合は、まだ学校生活そのものがスタートしていなかったため、学校生活のガイダンス動画を配信することから始める一方、保護者とも電話を通じて生徒の様子を確認するなど、2・3年生とは違う形で状況確認を行うように配慮しました。

 6月からは分散登校を開始。1・2年生は週4日、3年生は受験対策もあるので週5日の登校としました。形態としては午前登校と午後登校に分け、登校しない時間は自宅で動画視聴およびZoomを活用した双方向授業を受けていました。

 学校に登校して授業を受ける際は、密を避けるために1クラスを分割して2教室を使用。それぞれのクラスに教員を配置することが望ましいのですが、人員確保が難しい場合は教員による授業の様子を(タブレット端末を通じて)隣の教室へ配信するといったように、限られた状況の中でいかに効果的に学びを進められるかを考えた授業を3週間行いました。

 また、オンライン授業を実施しながらの休校期間中、そして分散登校の期間中は生徒が連絡事項を確認するために『Classi』や『スタディサプリ』のクラスページも活用しました。早期からこうしたツールを積極的に取り入れていたことで、このような状況にもいち早く対応することができました。

生徒に不利益とならないよう
できる限りの対策と対応を

取材当日の夏期講習。先生はフェイスシールドを着用し、生徒の机にはデスクシールドが設置されています。各教室前には消毒液を常備。 取材当日の夏期講習。先生はフェイスシールドを着用し、生徒の机にはデスクシールドが設置されています。各教室前には消毒液を常備。

 その後、6月後半からは通常登校となりましたが、まず3年生は授業などと並行して三者面談を実施しました。全体的な学びの進度を踏まえて、生徒の希望や要望を確認しながら受験に向けた準備と対策を整えるためです。

 その3年生ですが、期末試験後の7月31日からは通常授業後に、放課後演習(1コマ90分)と夏期講習(1講座90分×3コマ)を実施しています。本校は、“学校で勉強をやりきる”という方針で、”学校完結型進路指導”をコンセプトとして掲げています。朝は8時からクラスや学年ごとに習熟度別の授業を行い、前述した夏期講習や放課後演習を含めて20時まで学内で学べる体制を整えています。

 学内では、飛沫対策の一環として、教員はフェイスシールドを着用、生徒は机にデスクシールドを設置して授業を行っています。また、5・6時間目の授業を5分ずつカットして計10分間、担任を中心に消毒作業を実施。生徒たちも自己管理と意識付けのために自分の机とデスクシールドの消毒を行っています。食堂利用に関しては前半と後半のグループに大別して利用している状況です。

 また、今年度のイベントや行事に関しては、基本的に中止の方向です。残念ではありますが、これで授業の時間数を例年と変わらず確保することができます。一方、部活動は感染症対策を講じながら、徐々に活動を再開しています。学校生活において生徒に不利益な状況とならないよう、できる限りの対策と対応をこれからも続けていきたいと考えています。

各教員がそれぞれに工夫を凝らしながら、Zoomで双方向授業を行いました。 各教員がそれぞれに工夫を凝らしながら、Zoomで双方向授業を行いました。
オンラインHRなどにもZoomを活用。画面越しながらも顔を合わせることはやはり大事です。 オンラインHRなどにもZoomを活用。画面越しながらも顔を合わせることはやはり大事です。
Zoomによる音楽の授業の様子。体育なども同様のスタイルで行われました。 Zoomによる音楽の授業の様子。体育なども同様のスタイルで行われました。
校内に設けられた収録スタジオで配信用の授業動画を撮影。各教科とも、まさに手探りの作業となりました。 校内に設けられた収録スタジオで配信用の授業動画を撮影。各教科とも、まさに手探りの作業となりました。

学校情報

共学
栄北高等学校

〒362-0806
埼玉県北足立郡伊奈町小室1123

TEL:048-723-7711

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

これまでに経験したことのないコロナ禍の学校生活において、さまざまな形で取り組んできた対策や今後の課題などについて、衛生担...

この記事を見る

栄北高等学校の空手道部は、関東大会、全国大会の常連校です。個人・団体・組手・形のいずれにおいても好成績を残しています。指...

この記事を見る
今までに経験のない学校生活を乗りきるため安全を第一に“いまできること”に取り組むインタビュー&メッセージ

これまでに経験したことのないコロナ禍の学校生活において、さまざまな形で取り組んできた対策や今後の課題などについて、衛生担...

この記事を見る
みなぎる気迫で見えない敵との戦いに勝つ!部活動・クラブ活動

栄北高等学校の空手道部は、関東大会、全国大会の常連校です。個人・団体・組手・形のいずれにおいても好成績を残しています。指...

この記事を見る
ページトップ