Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
練習は月・水・木・金・土。普段は全国屈指の強豪バレー部とバトン部とで体育館を共有して活動しています。
共栄学園高等学校

〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋2-6-1

TEL:03-3601-7136

学校情報 学校HP

一人ひとりが力を磨き、切磋琢磨することで
人間的成長をめざす

2019年 都ベスト8の実績も
自主性を育みながら個性を伸ばす

『知・徳・体』が調和し、協調性や社会性に富んだ創造性豊かな生徒を育てることを目標にする共栄学園高等学校。この基本理念に基づき、モットーとしているのが『文武両道』で、放課後は生徒たちの充実した高校生活を演出する貴重な時間となっています。

 なかでも活気ある部活動のひとつがバドミントン部。男女合わせて約30名の部員たちの目標は、関東大会出場です。2019年は都大会兼インターハイ予選で団体ベスト8(東東京ベスト4)、そして都の新人戦1部大会兼関東大会都予選の個人男子ダブルスでベスト8という成績を収めています。

 勝ちへのこだわりよりも、部員一人ひとりが力を磨き、切磋琢磨することで人間的成長を促すことに重きを置いていると顧問の武田智博先生(数学科)は話します。

「ひと言でいえば、真面目に取り組むこと。そしてしっかりと目標を持ってがんばれるかどうかです。たとえ明確な目標を持っていなくても、目標を持ってがんばっている部員に、いい意味で巻き込まれれば目標の持ち方がわかり、自分で考えて行動していくことを知ります。団体で動いている部活動を通して、人間関係を構築して成長していくことは、社会に出てからも役に立つと思うのです」

 練習は部員たちが手際よく準備し、スムーズにスタート。部員たちがやるべきことを理解して、自主的に動いていることが見てとれます。

「真面目にやっているかどうかは、そうしたところにも出てきます。準備ひとつをとっても、一生懸命に取り組まなければ周りに迷惑がかかります。自主性とは、顧問や先輩に言われたからやるのではなく、限られた時間を大切に質の良い練習をするために必要だからやるんだよ、ということを日頃から部員たちに伝えています」

中身の濃い練習メニューへの
取り組み姿勢が効果を高める

 練習はランニングから始まり、次にコートの左右に置かれたシャトルを移動させる「シャトル置き」に取り組みます。コート横幅は6.1m、縦幅は5.94m(全長は11.88m)。この中を、試合を想定した場面とスピードをイメージしながらシャトル置きを繰り返すことで、体幹やバドミントンに必要なスピードと持久力、そして強い体幹を作り、どんな態勢にも対応できるフィジカルを築き上げていくのです。ポイントは「とにかく速く、全力で挑む」こと。取り組む姿勢が効果を高める練習です。

 シャトルをラケットで打ち返すのではなく、コートの後ろ側から手で投げる「シャトル投げ」も、試合でよく見られる状況を想定したメニューのひとつ。

「ネット前でシャトルを拾うと、相手がコートの後ろに打ち返してくる、という状況を想定し、下がりながらコートの後方から相手のコートの後方へと、シャトルを遠くに飛ばすための練習です。これもバドミントンの基本です」

 次に行う「手投げノック」は、“ノッカー役”がさまざまなタイプの“球”を出し、それを正確にコントロールして打ち返す、実践を見据えた反復練習をしていきます。一見地味な練習ですが、バドミントンの基礎の動きを身体に覚え込ませながらも、その動作に必要な体力を培っていくには非常に効果的な練習プログラムです。

 練習中は、武田先生から指示が飛ぶことはほとんどありません。

「部員は一人ひとり得意なプレーであったり、性格があったりします。それに合わせて自主性を育みながら個性を伸ばしていければいいと考えているので、こちらから『ああしなさい』『こうしなさい』とは言いません」

部長に聞きました!

男子部長 坂平 陸翔くん(普通科文系・高2) 男子部長 坂平 陸翔くん
(普通科文系・高2)

 大切にしているのはコミュニケーションです。例えば、試合にミスは付きものですが、ダブルスでミスをして切り替えることができないと、パートナーに連鎖してしまいます。そんなときに相手を思う気持ちを持って声かけすることが大事で、そういったところが人間的にも選手としても成長につながるのだと思っています。だからこそ部長として、普段から部員一人ひとりに言うべきことをしっかりと伝えていくことを意識しています。

女子部長 黒田 美夏さん(普通科理系・高2) 女子部長 黒田 美夏さん
(普通科理系・高2)

 男女一緒に活動しているのですが、女子にとっては男子の強いスマッシュを受けることで対応力が上がるなど、メリットは多いです。中学生も一緒に活動しているので、中学生を指導することで自分の見直しや基本の再確認ができるのもプラスになっています。武田先生からいつも言われていることは、“日頃の生活をしっかりしないと部活動も成り立たないよ”ということです。なので勉強や授業態度をきちんとすることも部長の役割だと思っています。

学校情報

共学
共栄学園高等学校

〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋2-6-1

TEL:03-3601-7136

学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

『知・徳・体』が調和し、協調性や社会性に富んだ創造性豊かな生徒を育てることを目標にする共栄学園高等学校。...

この記事を見る

共栄学園高等学校では、毎年11月に高2生を対象に4泊5日の日程で沖縄修学旅行を実施しています。最初の2日間はひめゆりの塔...

この記事を見る
一人ひとりが力を磨き、切磋琢磨することで人間的成長をめざす部活動・クラブ活動

『知・徳・体』が調和し、協調性や社会性に富んだ創造性豊かな生徒を育てることを目標にする共栄学園高等学校。...

この記事を見る
高校生活3年間の中で最も思い出深い沖縄修学旅行インタビュー&メッセージ

共栄学園高等学校では、毎年11月に高2生を対象に4泊5日の日程で沖縄修学旅行を実施しています。最初の2日間はひめゆりの塔...

この記事を見る
ページトップ