Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

休校中も独自の学習環境や
進路・進学のサポートを継続

3号館地下1階にある『SLC(Sakuragaoka Learning Center)』は蔵書数は約30,000冊!
桜丘高等学校

〒114-8554
東京都北区滝野川1-51-12

TEL:03-3910-6161

学校情報 学校HP

 桜丘高等学校では生徒の希望進路を実現させるために、学習意欲を着実に育てる教育システムと学習環境を整えています。進学指導部長の樋山陽亮先生に、教育システムと学習環境の特色、そして新型コロナウイルス対策で休校を余儀なくされた期間の対応について聞きました。

学習意欲を育てる
教育システム

進学指導部長の樋山陽亮先生 進学指導部長の樋山陽亮先生

さまざまな教育システムがありますが、貴校の特徴として、とくにポイントとなる部分を教えてください。

樋山先生3年間の学習の土台となるのが『Self Study Notes』(セルフスタディノート)です。まず生徒はノートに1週間の学習計画を立て、1週間後に計画が実行できているかどうかを振り返り、学習計画を見直していきます。このように『P(Plan:計画)』『D(Do:実行)』『C(Check:検証)』『A(Action:改善)』のサイクルを繰り返すことで、自学自習の習慣が身についていきます。

セルフスタディノートでは、どのように学習計画を立てていくのですか。

樋山先生学習計画を立てる上で重要なのが、自分の弱点を把握することです。そのために、本校では定期的に模試を行っています。例えば高1の初期に行う1泊2日の『進学合宿』では、マークシート方式による中学の振り返りテストを実施し、一人ひとりの苦手分野や課題を明確にしています。また、このノートは担任も定期的にチェックしていて、必要に応じてアドバイスなどを書き込んでいます。

セルフスタディノートは担任と生徒とのコミュニケーションツールにもなっているのですね。

樋山先生担任は「これまできちんと計画を立てていた生徒が、急にノートを提出しなくなった」「書き方が変わった」などの異変に気づくと、個人面談の機会を設けたり、声かけを行ったりします。さらに定期的に行う面談の中でも、学習面だけではなく生徒の心の動きも含めたケアをしています。

生徒それぞれに合った
選べる学習環境

貴校では、塾に通わず校内の施設で受験勉強を完結できるよう、学習環境の整備にも力を入れていますね。

樋山先生まず自習室ですが、朝7時半から20時まで使用できる私語厳禁の学習スペースです。一方で、友人と一緒に学習できる『教え合い学習室』も本校ならではの学びの場となります。誰かに教えることで学習の定着率が高くなるうえに、仲間とともに主体的に学ぶことで新しい発見もあり、学習意欲の向上にもつながります。

 また、自習室に隣接する『URC(University Resource Center)』(進路指導室)には卒業生のチューターが常駐していて、受験勉強のサポートをしてくれたり、教員とは違った視点で学習や進路の相談に乗ってくれたりします。

新型コロナウイルス対策で休校を余儀なくされた期間、とくに大学受験を迎える高3生に向けてはどのような対策をされたのでしょうか。

樋山先生安心して受験勉強に取り組めるように、オンライン上でチューター制度を継続しました。チューターの大学生と希望する生徒たちがZoom(ウェブ会議のアプリケーション)に接続し、いつでもチューターに質問ができる状態で、各自で学習に取り組みました。一人ではなく仲間やチューターの存在を感じられることで、学習意欲が高まったようです。

『校内合同大学相談会』もZoomを利用して開催しました。『校内合同大学相談会』は有名国立大学・私立大学が、本校の生徒を対象に行う説明会です。例年、各大学がブースに分かれ、生徒は希望する大学のブースに足を運んで説明会に参加するという形を取っていたのですが、今年は各大学にオンラインの会議室を設けてもらい、生徒は希望する大学の会議室に接続するという形で行いました。「オンラインであれば参加できる」という大学もあり、30ほどの大学が参加してくれました。

 放課後に希望者を対象に実施している『志望理由書・面接対策講座』もリモートで実施しました。生徒はオンラインで講座を受講して志望理由書を書き、それを郵送し添削を受けるといった形です。

今後の対応について教えてください。

樋山先生本校では生徒が1人1台のタブレット端末を持ち、授業や学習に活用しています。また、オンライン英会話も導入しています。ICT環境が整っているので、休校になった場合でも学習を続けることが可能です。

ボランティア活動や部活動など、本校の学校生活にはオンラインでは実現できない重要な学びもありますが、万が一の場合でも本校ならではの学びを継続していくために、最大限の努力をしていきます。

卒業生チューターが常駐する『URC(University Resource Center)』(進路指導室)。
平日15時20分から20時まで、土曜日は13時20分〜20時までTUTORが常駐して生徒の進学相談や学習に関する質問にも対応。

調べ学習や教え合い学習に利用されるラーニングセンター『SLC(Sakuragaoka Learning Center)』。
パソコン、プロジェクター、ホワイトボードも備えており、「問題解決型」学習方法に対応したグループ・ディスカッションも可能。

私語厳禁の『自習室』は校内で最も集中できる場所。日曜日を除く毎日7時15分から19時(届けを出せば20時)まで使用可能。私語厳禁の『自習室』は校内で最も集中できる場所。日曜日を除く毎日7時15分から19時(届けを出せば20時)まで使用可能。
生徒に配信するオンラインによる朝礼生徒に配信するオンラインによる朝礼

学校情報

共学
桜丘高等学校

〒114-8554
東京都北区滝野川1-51-12

TEL:03-3910-6161

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

卒業生でもある4人の先生方に、桜丘で過ごした高校時代の思い出から教員になろうと思ったきっかけ、そして普段の授業や学校生活...

この記事を見る

桜丘高等学校では生徒の希望進路を実現させるために、学習意欲を着実に育てる教育システムと学習環境を整えています。...

この記事を見る
思い入れのある母校で熱意ある教育を実践進路・進学

卒業生でもある4人の先生方に、桜丘で過ごした高校時代の思い出から教員になろうと思ったきっかけ、そして普段の授業や学校生活...

この記事を見る
休校中も独自の学習環境や進路・進学のサポートを継続インタビュー&メッセージ

桜丘高等学校では生徒の希望進路を実現させるために、学習意欲を着実に育てる教育システムと学習環境を整えています。...

この記事を見る
ページトップ