Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
千葉英和高等学校

〒276-0028
千葉県八千代市村上709-1

TEL:047-484-5141

学校情報 学校HP

恵まれた環境で思う存分活動する部活動

文芸部/ダンス部

 ドーム型が印象的な図書館や、2つのグラウンド、アーチェリーレンジまで備えた千葉英和高等学校の学び舎には、体育系、文化系、宗教系合わせて36の部が活動しています。どの部活動も6月の「梨花祭」(文化祭)は活動成果を発表する大切な場。夏にはセミナーハウスで合宿を行う部や、秋には試合やコンテストに参加して優秀な成績を収める部もあります。今回は図書館で活動する文芸部と、体育館で練習するダンス部をレポートします。

大切にしているのは
お互いの作品を読み合い、意見交換をすること

 図書館の奥にある特別閲覧室が文芸部の主な活動場所です。活動は週2回。図書館の入口には年4回発行される季刊誌が置いてあり、生徒が手に取れるようになっています。「梨花祭」では部員たちの力作が並ぶ部誌を発行しています。

部長に聞きました!

新しい自分を発見できる
「文章を書く」ということ

髙橋さん(高2)

髙橋さん(高2)

 2019年度、文芸部に8人の部員が入部しました。春の部活動紹介で「ビブリオバトル」(※)をしたり、自分の好きなものをプレゼンテーションしたりするという活動が好評だったのだと思います。

 活動内容は、全国サイエンスコンクールの小説部門に応募したり、俳句のコンクールに挑戦したりすることもあります。2019年度の新入部員の中には、俳句が好きで入部した部員もいます。1年生の中には、小説など書いたことがないという部員もいますが、そのほとんどが書き手となるのは初体験です。そこで「批判を恐れずに、自分の思ったことを素直に書いてみよう」とアドバイスしています。

 小説を書くのは、自分の内面を表現することだと思います。自分にはこんな思いがあったのかと、自己分析することもできますし、新たな自分を発見することもできます。

 僕が文芸部に入部した理由は、自分の書いた小説を人にも読んでもらいたいと思ったからです。本はいろいろな学問を人に届けることのできる媒体です。SDGs(※)が掲げる目標の中に、「質の高い教育をみんなに」というものがあります。1人の力では難しくても、本はそれが可能になると思っています。将来は多くの人に質の高い教育を届けられるような活動がしたいと思います。

ビブリオバトル:立命館大学情報理工学部の谷口教授が考案した、ゲーム感覚を取り入れた新しいスタイルの「書評合戦」。ビブリオバトラー(発表者)たちがおすすめ本を持ち合い、1人5分間の持ち時間で書評した後、バトラーと観客が一番読みたくなった本「チャンプ本」を決定します。

SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193カ国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

顧問の先生に聞きました!

小説を読み合い
互いを知ることに重きを置いています

永田 泰三 先生

永田 泰三 先生

 文芸部の活動は、小説を書く、読む、俳句や詩歌を書く、読む、の活動を行っています。学校説明会では高校生の1日を小説にした冊子を作って配布することもあります。

 部として大切にしているのは、お互いの作品を読み合い、意見を交換することです。文章を書くのは1人で行う作業ですが、人と読み合い、意見を述べ合うことで世界が広がります。友達はどんな価値観を持っているのか、どんな表現をしているのかを知ることができます。

 今、挑戦しているのは和歌です。日本の伝統的な歌の詠み方である「連歌」をやってみようと思っています。お互いのアイデアを評価し合ってひとつの作品をつくりあげると、思いもよらなかった作品ができるかもしれません。新たな発見もあります。横のつながりがあるからこそわかる、創作の楽しさを体験してほしいと思います。

ダンスを通して身体表現の楽しさを知る

  体育館で練習するダンス部。週4回の練習は、毎回ステップの練習からスタートします。ジャンルは顧問の先生の専門であるジャズダンスが中心ですが、「梨花祭」では多彩なダンスに挑戦。年2回、学外で行うイベントでは、書道部と合同でパフォーマンスを披露しています。

部長に聞きました!

ダンスの基本から学べます!

吉田さん(高2)

吉田さん(高2)

 ダンス部は、構成から選曲、振り付け、衣装選びまで自分たちで行います。「梨花祭」ではTシャツを作ったり装飾をつけたりして、一人ひとりが工夫しています。

 部のポリシーは「魅せるダンス」です。振り付けを完璧に仕上げるのはもちろんですが、お客様に楽しんでいただけるようなパフォーマンスを心がけています。

 私は高校生になってからダンスを始めたので、最初はステップも何も知らなかったのですが、顧問の先生に教えていただいたダンスの基本を一つひとつ確実に修得しました。ジャンルの基本はジャズなので、ダンスの基礎から学ぶことができます。部員のほとんどは初心者ですが、踊れるようになると楽しさが広がるようです。できなかったステップが上手にできるようになったとき、達成感を感じることもできます。

 ダンスを通して身体表現の楽しさを知ると同時に、いろいろなジャンルの音楽に触れられる楽しさもあります。これからもさまざまなジャンルの音楽や踊りに挑戦したいと思います。

顧問の先生に聞きました!

1カ月間で仕上げた「梨花祭」での発表
新入部員もがんばりました!

須田 万里子 先生

須田 万里子 先生

 ダンス部はみんなで協力し合って一つの作品をつくりあげること、人に評価をしていただけるように努力をすることを大切にしています。

 ダンスの基本は体幹を整えるところから始まります。ジャズにはバレエの要素もあり、基本をきちんと身につけるとさまざまなジャンルも踊れるようになります。「梨花祭」は6月に行われるので、新入部員の1年生は仕上げるのが大変です。約1カ月間で仕上げなければならないのですが、今年はバリエーションに富んだ振り付けができたと思います。

 集団で行動するうえでのマナーやモラルも身につけて、素直な自分を表現してほしいですね。

学校情報

共学
千葉英和高等学校

〒276-0028
千葉県八千代市村上709-1

TEL:047-484-5141

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

ドーム型が印象的な図書館や、2つのグラウンド、アーチェリーレンジまで備えた千葉英和高等学校の学び舎には、体育系、文化系、...

この記事を見る

英語科と普通科の2学科を設置している千葉英和高等学校は、海外研修が充実しています。普通科の修学旅行はグアムへ、オーストラ...

この記事を見る
恵まれた環境で思う存分活動する部活動部活動・クラブ活動

ドーム型が印象的な図書館や、2つのグラウンド、アーチェリーレンジまで備えた千葉英和高等学校の学び舎には、体育系、文化系、...

この記事を見る
一人ひとりの成長を促すオレゴン研修とマルタ研修グローバル

英語科と普通科の2学科を設置している千葉英和高等学校は、海外研修が充実しています。普通科の修学旅行はグアムへ、オーストラ...

この記事を見る
ページトップ