Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

新時代「令和」の幕開けに誓った言葉は『Re:start』
成功も失敗もみんなまとめて愉快に弾けた「保善祭」

新たな時代の幕開けを告げる保善祭を担った2人。
息の合った連携で今年の保善祭を盛り上げました。
保善高等学校

〒169-0072
東京都新宿区大久保3-6-2

TEL:03-3209-8756

学校情報 学校HP

2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、令和最初の文化祭として開催された保善高等学校の「保善祭」。生徒会会長と保善祭執行部部長に、「保善祭のここがスゴイ!」について熱く語ってもらいました。

『Re:start~新たな時代の幕開け~』をテーマに

生徒会会長の五味くん(高2) 生徒会会長の五味くん(高2)

今年の保善祭のテーマは『Re:start~新たな時代の幕開け~』でした。言葉の中に込めた熱い思いを聞かせてください。

川田くん今年度は途中から元号が「令和」に変わり、さらに新しい学校長として戸嶋直彦先生をお迎えました。そうした2つの大きな出来事が重なった記念すべき2019年が、保善高校にとっても新たな転換点にあると感じたからです。そこで、保善に集う全員が心機一転、何事にも果敢にチャレンジしていこうとの意義を込めて、『Re:start~新たな時代の幕開け~』に決めました。

五味くん例年、保善祭が始まる直前にオープニングセレモニーがあり、保善祭の部長が校庭特設ステージに立って「カチドキ(※)」をあげるのが伝統です。今年度はテーマの意味が全体的に浸透していたのか、初めからものすごい盛り上がりでした。川田くんのカチドキに応えるみんなの声が、校内に響きわたりました。

川田くん僕が「行くぞー!」って叫ぶと、みんなが「オーッ!!」って、間髪入れずに応えてくれました。例年なら、「声が小さいからもう1回」なんてなるところですが(笑)、初めからバッチリ1回で決まりました。うれしかったですね。

五味くん「保善祭、成功させるぞー!」「オー!!」ってね。今、あの時のことを振り返ると、男子校の一番の良さがあの一瞬にあったのかなって、そんなふうに思っています。

※カチドキ……士気を高める目的で多数の人が一緒に叫ぶ声。

「隠し芸コン」と「オリジナルTシャツコン」で大盛り上がり

保善祭執行部部長の川田くん(高2) 保善祭執行部部長の川田くん(高2)

2人の話を聞いていると、“男子校の良さ”が全開の元気な保善祭だったことが十分伝わってきます。

五味くん運営の中心となる僕らの学年(高2)が強く意識したのは、実は“令和一発目”の保善祭として、次の学年に何を残すことができるかでした。生徒会のメンバーだけでなく、保善祭のメンバーと、「来年以降にどうつなぐかを考える大事な保善祭にしよう!」と話し合って本番に臨みました。

川田くんもちろんこれまでの伝統は守りつつ、変えられるところは変えていこうという姿勢ですね。具体的に言えば、恒例の「女装コンテスト」は今回も実施し、新たに「隠し芸コンテスト」を企画して、これまでの「オリジナルTシャツコンテスト」のやり方を変更しました。そういえば、隠し芸には五味くんも出たよね。出し物は何だっけ? コマ?

五味くん「中国ゴマ」ですね(笑)。初めて見る人が多かったようで、自分も楽しめました。

川田くん一発ギャグをやって撃沈する人もいましたが、すべっても「いいぞっ!」というかけ声がまたいいんですね。共学と違って周りを気にしないというか、やったもの勝ちというのか(笑)。テカテカにワックスを塗った体でボディビルをしたり、ギターを弾きながら笛を吹いたりするパフォーマーが次々と登場して大盛り上がりでした。

五味くん今までになかったノリでしたね。「あいつがこんなことやるんだ」という驚きもあれば、「実は、こんなこともできるんだよね」みたいなドヤ顔もたくさん見られました(笑)。

「オリジナルTシャツコンテスト」はどんな内容ですか?

川田くん昨年までは各クラスのオリジナルTシャツを展示するだけでした。今年はオリジナルTシャツを着用した生徒が校庭特設ステージに上がり、自分たちのクラスの催し物やテーマをアピールしてもらう形に変更したのです。Tシャツは力作ぞろいで、例年に比べて奇抜なアート作品を意識したものが多かったですね。どのクラスのTシャツもレベルが高く、クラスの団結にもつながる印象に残る催しになったと思っています。

五味くんオリジナルTシャツを着た生徒たちが、「僕たちのクラスに足を運んでください」みたいなことをステージ上でアピールするのです。すると、外の会場と中の会場が一体になるという効果がありました。ぜひ来年も開催してほしいですね。

失敗しても笑い合える男子校で「社会に出る前の羽伸ばし」

保善祭の魅力を受験生に向けてアピールしてください。

五味くん各高校にはそれぞれ独自の文化祭があります。男子校か共学校かで迷うならまず、元気な男子だけの保善祭を見学してほしいです。「こんなに盛り上がっているんだ」という感動が熱となり、きっと受験動機につながると信じています。

川田くん先輩も後輩も一緒になって、「一緒にがんばっていこう!」みたいな、チーム感が爽快な保善祭だと思います。共学だとどこか恥ずかしがって遠慮しがちになることも、男子校の保善祭なら思いっきりできて、しかも失敗しても笑い合えます(笑)。

五味くん高校時代は人生で1度きりです。いろいろなことを発散させつつ、大学進学に備えるというか、「社会に出る前の羽伸ばし」をぜひ、保善祭で味わってもらいたいです。

川田くんそんな熱い瞬間を全力で共有することができる保善祭をぜひ一度、保善生として体感してほしいですね。

五味くんお待ちしています!

男子校の魅力、保善祭の魅力を熱く語る二人男子校の魅力、保善祭の魅力を熱く語る二人

学校情報

男子校
保善高等学校

〒169-0072
東京都新宿区大久保3-6-2

TEL:03-3209-8756

ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2019年度より校長に就任した戸嶋直彦校長先生。同校の教育にかける思いや今後の取り組みなどについて、インタビュアーとのQ...

この記事を見る

2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、令和最初の文化祭として開催された保善高等学校の「保善祭」。生徒会会長と...

この記事を見る
全員が同じ場所からスタートする高校単独の男子校 頼りになる先輩たちと、自らも成長しようとする教職員が新入生の皆さんの入学を心待ちにしています!インタビュー&メッセージ

2019年度より校長に就任した戸嶋直彦校長先生。同校の教育にかける思いや今後の取り組みなどについて、インタビュアーとのQ...

この記事を見る
新時代「令和」の幕開けに誓った言葉は『Re:start』成功も失敗もみんなまとめて愉快に弾けた「保善祭」インタビュー&メッセージ

2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、令和最初の文化祭として開催された保善高等学校の「保善祭」。生徒会会長と...

この記事を見る
ページトップ