Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

全員が同じ場所からスタートする高校単独の男子校
頼りになる先輩たちと、自らも成長しようとする教職員が新入生の皆さんの入学を心待ちにしています!

「勉強に、クラブ活動に、思いきり打ち込める充実の3年間が待っています!」と受験生にエールを送る戸嶋直彦校長先生。
保善高等学校

〒169-0072
東京都新宿区大久保3-6-2

TEL:03-3209-8756

学校情報 学校HP
戸嶋 直彦とじま   なおひこ校長
國學院大學文学部日本文学科卒業。1980年4月、保善高等学校に国語科教諭として奉職。学年主任として長年にわたり生徒と接し、また、休日は運動部の試合を観戦し、生徒が頑張る姿から勇気をもらっている。現在は校長として多忙な日々を送っているが、「来年度からまた授業を持ちたいと思っています」と語るほど現場第一主義の先生です。

 2019年度より校長に就任した戸嶋直彦校長先生。同校の教育にかける思いや今後の取り組みなどについて、インタビュアーとのQ&A形式で語っていただきました。

古き良き伝統の男子校の学び舎には
友情があり、共にがんばる仲間がいます

共学校が増えているなか、貴校は創立以来の「高校単独校・男子校」として長い歴史を重ねています。貴校で学校生活を送るメリットについてお聞かせください。

戸嶋校長本校は中高一貫校ではないので、誰もが高校からの入学者です。勉強もクラブ活動も横一線でスタートを切ることができます。また、男子校ですので、異性の目を意識せず、のびのびとした学校生活を送ることができます。さらに、教職員も男子の指導に集中できることが強みで、そのメリットはクラブ活動などでも発揮されています。

先生方の雰囲気、生徒たちの様子はどのようなものでしょうか。

戸嶋校長本校の教員は皆、生徒が成長していく姿を見ることに喜びを感じ、生徒と共に考え、常に自分の立ち位置を検証・更新する努力を惜しみません。これは本校の教員一筋で勤務してきている私が、声を大にして皆さんに聞いていただきたいことです。

 生徒は入学当初こそ中学校との違いに戸惑う様子が見られますが、次第に順応し、それぞれの個性を磨きながら、生涯にわたって付き合うことができる友人をつくっています。どの生徒も個性的で、好きなことも夢中になることも千差万別ですが、互いを尊重する関係ができていると思います。

貴校は伝統的にクラブ活動が盛んですね。

戸嶋校長全学年の約75%の生徒がクラブ活動に参加しています。勉強とは別に、興味・関心を持つ事柄に真正面から取り組むことは、人が精神的にも肉体的にも成長するうえで、非常に重要であると思います。クラスや学年の枠を飛び越え、一つの目標に向かって切磋琢磨し、刺激し合う経験は、生徒を大きく成長させる機会です。本校でクラブ活動をしている生徒の約85%が、第一志望の大学に進学しているというデータもあります。

新大学入試への対策も万全に
進路指導体制がパワーアップしています

いよいよ2021年度から大学入試改革の一環として『大学入学共通テスト』が導入されます。新しい入試に対して、貴校が取り組んでいることをお聞かせください。

戸嶋校長国公立大学、私立大学ともに最難関大学をめざす『特別進学クラス』には、本校独自のプログラムである『未来考動塾』を用意しました。従来の教科指導の枠組みを越える教科横断型の授業です。文字通り、「考え」「動く」ことをテーマに、自ら問いを立てて調査し、その成果を発信する「探究学習」を、高1から実践していきます。

『未来考動塾』にはどのような取り組み例があるのでしょうか。

戸嶋校長高1では、パワーポイントを使っての「他己紹介」から入り、クラスの仲間を知る中で、どのように他者の特徴をとらえ、表現するのが良いかを考えてもらいます。クラス全員で一人ひとりの発表を項目ごとに評価していきます。また、クラスを6ブロックに分け、本校のある「新宿区」の文化・産業・歴史などについて調べた上で、グループごとに政党を立ち上げ、新宿区を改革するためのプレゼンをして、有権者に見立てた教員・生徒による選挙を行います。

入試指導に関して、貴校には25年以上前から独自に実施する『大学入試相談会』があるとうかがいました。毎年約60大学が参加する規模の大きなものですね。

戸嶋校長その通りです。生徒には事前に“どんな大学に興味があるか”アンケートを実施し、その結果を踏まえて毎年、50~60校程度の国公立・私立大学から、先生方や広報担当者が来校します。入試情報や大学生活の様子、就職状況など、気になる話を直接聞くことができる絶好の機会です。また、昨今の入試形態が複雑化していることもあり、生徒だけでなく保護者も参加できるようにしています。

大学入試に関して、そのほかのフォロー体制はいかがですか。

戸嶋校長毎年3月に、進路が決まった3年生や卒業生の体験を聞く機会として『進路報告会』を設けています。受験に向けた時間の使い方、計画の立て方、部活動と受験勉強の両立方法、参考書の選び方など、先輩たちに直接聞くことで、モチベーションを上げることができます。また、大学に対する事前のイメージ作りにも効果があります。

注目の英語“4技能習得”のための
オプションサポートも充実

大学入試改革の大きなポイントの一つが英語4技能(聞く・話す・読む・書く)の習得です。なかでも、通常授業では身につくことが難しいといわれている「リスニング」や「スピーキング」のスキルアップに関してはいかがでしょうか。

戸嶋校長まず今年で24回目の開催となる15日間(夏休み中に実施)の「海外ホームステイ英語研修」があります。研修先は現地の男子校で、その学校に通う生徒(バディ)の家にホームステイします。対象は高1・高2で、本校生だけの授業のほか、バディの授業にも参加するなど視野の広い国際感覚を身につけることを目標にしています。ウィークデーはバディと一緒に現地校で過ごし、週末はステイ先の家族とのアクティビティも楽しむことができます。日本語が通じない環境に身を置くことで、自分自身のことや日本文化を見直すきっかけにもなります。

校内での英語学習に関する取り組みでは、どのようなものがありますか。

戸嶋校長「英検2次対策講座」があります。英検の2次試験に向けて対策ビデオの視聴と、個別に本試験さながらの「模擬面接指導」を実施しています。また、「外国人講師による集中英会話講座」も好評です。スピーキングの上達のカギは、集中的に繰り返すことによる体得にあるからです。年に2回(夏・冬)、1日3時間×4日間、ネイティブスピーカーと直接会話することができます。

 さらに、2020年度からは、新たにセブ島での「語学特訓研修」がスタートします。学年末の春休みの2週間、フィリピンのセブ島にある全寮制の語学学校で、集中して英語の技能を磨くものです。研修時間は1日10時間で、そのうち6時間は、ネイティブスピーカーとのマンツーマンでのやり取りです。学内でwebを利用してネイティブスピーカーと直接やり取りをする「オンライン英会話」も計画中です。

高校時代は自分が持つ可能性を
伸ばすことができる大切な時期

貴校に入学するにあたって、どのような中学生に志望してほしいですか?

戸嶋校長3つあります。1つ目が、自分の可能性を信じ、自分を高め、深めるために必要な向上心を持つ人。2つ目が、他者の役に立つことの喜びや、心の痛みを理解しようとする意識を持つ人。3つ目が、物事の良い部分に光を当てられる前向きな気持ちを持った人です。

最後に、受験生にメッセージをお願いします。

戸嶋校長高校時代は自分が持つさまざまな可能性を伸ばすことができる大切な時期です。この3年間をどんな人と、どんな過ごし方をするかで、人生は大きく変わります。これまで本校に関わった生徒、教職員たちが、常に新しい自分、自分が望む自分をつくるための努力を惜しむことなく歩み続けた結果が、96年にわたる本校の伝統と歴史を作ってきました。その輪の中に、君も入ってみませんか。入学式でお目にかかれることを楽しみにしています。

保善は選べる「3クラス制」

●=国公立大学、〇=私立大学

クラス 特徴 主な過去の現役合格実績
特別進学クラス ◇各学年2クラス。
1クラス20~25名の少人数制。
◇週2日は7時限目まであり、探究学習の「未来考動塾」で自ら問いを立てて調査し、発信、検証、再発信する過程で、しなやかな知性を養う。2年次から文系・理系に分かれ、3年次には、さらに、国公立大学・難関私立大学に分かれ、少人数で学力を養成する。
●東北●東京工業●筑波●東京海洋
●千葉●電気通信●茨城
●首都大学東京●信州●高知●島根
●都留文科ほか
〇早稲田〇慶應義塾〇上智
〇東京理科〇明治〇青山学院
〇立教〇中央〇法政ほか
大進選抜クラス ◇各学年1~2クラス。1クラス30~38名。
◇大学進学クラスとカリキュラムは同様だが、特別進学クラスに準じた授業内容・進度で展開する。
2年次に特別進学クラスへの移動を希望する生徒が多い。大学進学クラスと授業数は変わらないため、クラブ活動に費やせる時間にやや余裕ができる。
●東京外国語●東京海洋●富山
〇早稲田〇上智〇東京理科〇明治〇立教〇青山学院〇中央〇法政
〇学習院〇成蹊〇成城〇獨協
〇國學院〇明治学院〇武蔵
〇芝浦工業〇東京都市〇工学院
〇東京電機〇東京農業ほか
大学進学クラス ◇各学年の3分の2を占める。1クラス35~38名。
◇中堅私大の現役合格を目標に実力を養成する。1年次は国語・数学・英語の主要3教科に重点を置き、2年、3年と進級するにつれ、進路・適性に合わせた選択科目を履修できる。
◇自由選択科目も5教科用意され、特別進学クラスと同様に週2日は7時限目まで。3年生になると基本は5時限までだが、5教科の自由選択科目をフル履修すると、週4日間7時間目まで履修できる。
〇早稲田〇東京理科〇明治〇立教〇青山学院〇法政〇学習院〇成蹊〇成城〇獨協〇國學院〇明治学院〇武蔵〇東京都市〇工学院〇東京電機〇北里〇日本〇東洋〇駒澤
〇専修〇東海〇順天堂ほか

学校情報

男子校
保善高等学校

〒169-0072
東京都新宿区大久保3-6-2

TEL:03-3209-8756

ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2019年度より校長に就任した戸嶋直彦校長先生。同校の教育にかける思いや今後の取り組みなどについて、インタビュアーとのQ...

この記事を見る

2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、令和最初の文化祭として開催された保善高等学校の「保善祭」。生徒会会長と...

この記事を見る
全員が同じ場所からスタートする高校単独の男子校 頼りになる先輩たちと、自らも成長しようとする教職員が新入生の皆さんの入学を心待ちにしています!インタビュー&メッセージ

2019年度より校長に就任した戸嶋直彦校長先生。同校の教育にかける思いや今後の取り組みなどについて、インタビュアーとのQ...

この記事を見る
新時代「令和」の幕開けに誓った言葉は『Re:start』成功も失敗もみんなまとめて愉快に弾けた「保善祭」インタビュー&メッセージ

2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、令和最初の文化祭として開催された保善高等学校の「保善祭」。生徒会会長と...

この記事を見る
ページトップ