Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

各クラスが最優秀賞をめざし
「劇」を企画し競い合う異色の学院祭

目玉企画のクラス劇をアピールする装飾やポスター
正則高等学校

〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-36

TEL:03-3431-0913

学校情報 学校HP

スローガンは
~個々が成す「栄冠」の輝き 誰もが皆主人公~「輝」

 2019年10月5日(土)、6日(日)の2日間にわたって開催された正則高等学校の学院祭(文化祭)。取材で訪れた6日はあいにくの雨模様で、ダンス部の公演など野外ステージの目玉企画が中止になる予定外の出来事があったものの、校内は明るく晴れやかな雰囲気でにぎわっていました。

 野外ステージや体育館での各クラブの公演、保護者会のバザーや模擬店などでにぎわうなか、とくに来場者の目を引いたのは、全学年の全クラスで取り組む企画「劇」の上演。校内の各所にお目当ての劇の上演時間を待つ長い列や、劇にちなんだ装飾に見入る来場者の姿がありました。

 学院祭当日を迎えるまでの取り組みについて、学院祭実行委員長の藤原くん(高3)話を聞きました。

学院祭実行委員長にインタビュー

藤原くん(高3) 藤原くん(高3)

 劇には各クラスが伝えたいメッセージや学んできたことが反映されています。例えば、僕たちのクラス(3G)が企画した『Rights~存在のない世界』では、人権問題をテーマにしています。普段の授業で社会問題を扱う機会があり、問題意識をクラスのみんなで共有していたことから派生し、学院祭に足を運んでくれた人たちに、“僕たちの感じている問題意識を持ち帰ってもらいたい”という思いから、このテーマで劇をつくり上げていこうとなりました。

 正則は3年間クラス替えがないので、学院祭の劇には1年目、2年目、3年目と同じメンバーで取り組みます。そのなかでクラスメートの成長や、行事でしか見せない新たな面を目にすることができます。

 僕たちのクラスは1年生のとき、体育祭で最下位だったのが、3年の夏の体育祭では優勝しました。その成果を出せるまでにはいろいろ紆余曲折があって……。団結力を強め、成長し、その成果が体育祭で実りました。そのうえで、クラス全員で最優秀賞をめざし、今回の学院祭の劇に臨んだのです。

 意欲の高いメンバーや演じるのが得意なメンバーを選抜して取り組むクラスもあるなかで、僕のクラスは全員参加としました。学院祭やクラス企画の劇にかける思いには一人ひとり温度差があり、今回の劇の制作にあたって開催した学習会では肯定もあれば否定もあり、苦労が多かった分、力を注いで全力で取り組むことができました。その経験は何物にも代えがたく、達成感は言葉では言い表せられないほどです。

 また、準備を進めるなかで、普段は積極的にクラスに関わってこないクラスメートや、1年生の頃はクラスに無関心だったクラスメートが積極的に動いてくれるなど、クラスメートの変化や成長、意外な一面を見ることもできました。行事を通して、自分自身の成長だけでなく、身近なクラスメートの成長を目の当たりにすることができるのは、正則ならではです。

 正則には“自分を変えられる場”がたくさんあります。今年の文化祭実行委員の1年生にも“自分を変えたい”という動機から文実に立候補した後輩がいました。初めはなかなかうまくいかないこともあったようですが、積極的に声かけをするなどサポートを続けていくうちに、後輩が主体的に活動していく姿を見ることができました。

 僕自身、学校生活の中で先輩方とたくさん関わり、たくさんのことを教えてもらって成長してきました。それを文化祭実行委員会などの活動を通じて後輩に引き継いでいくこと、そして後輩たちの成長をサポートすることも自分たちの役割です。先輩にしてもらったことを後輩にもしてあげたい。そういう思いが正則の伝統行事に引き継がれています。

 今年の学院祭では『輝』をテーマとし、例えば劇であれば脚本、出演、外装などさまざまな役割がりあるので、それぞれが自分の持ち場で力を発揮して、全体でいいものをつくっていける学院祭をめざしました。

 正則にはクラス替えがありません。何かに特化したクラス編成やコース制もありません。いろいろな個性を持った生徒たちが、足並みをそろえてゼロからクラスをつくり上げていくことで、ともに成長していける学校です。3年間同じクラスだからこそ、一人ひとりの個性をじっくりと知ることができ、それを活かし合い、輝かせることができます。今年の『輝』というテーマには、“一人ひとりが輝ける正則”という学校の魅力を打ち出したいという思いも込められています。

先生に聞きました!

南藤 紘子 先生

 学院祭では、クラスメート一人ひとりのスケジュールがあり、考え方があり、そのなかでクラスとして一つのものである「劇」をつくります。演技指導や演出などでクラスメート同士が指摘し合う場面もあるので、葛藤も起きます。けっして楽しいことばかりではないのです。順風満帆というクラスは一つもなく、だからこそ、そこからくみ取っていけることを大事にしています。

 なかでも藤原くんの3Gクラスでは“全員で出演する”ことにこだわり、クラス全体の意識を高めたり、テーマへの理解を深め、一人ひとりの得意・不得意を克服したりといったことに力を注いできました。乗り越えるべき課題が多く、努力をしてきたクラスだからこそ、その分、大きな成長があったクラスだと思います。

学院祭前日

野外ステージでは空手部が演武のリハーサル。息の合った切れのある動きに思わず見入る生徒たち。 野外ステージでは空手部が演武のリハーサル。息の合った切れのある動きに思わず見入る生徒たち。
「今日中に気合で仕上げてみせるぞ!」と入場門の制作に余念のない生徒。 「今日中に気合で仕上げてみせるぞ!」と入場門の制作に余念のない生徒。
「目立つように、わかりやすく描かないと……」。みんなが見守るなか、真剣な表情で筆を入れる生徒。 「目立つように、わかりやすく描かないと……」。みんなが見守るなか、真剣な表情で筆を入れる生徒。

学院祭当日

野外メインステージでの和太鼓部の演奏 野外メインステージでの和太鼓部の演奏
最優秀賞を獲得したクラス劇。凝った装飾や資料の展示も印象的。 最優秀賞を獲得したクラス劇。凝った装飾や資料の展示も印象的。
藤原くんのクラス(3G)が企画した『Rights~存在のない世界』では、人権問題がテーマ。 藤原くんのクラス(3G)が企画した『Rights~存在のない世界』では、人権問題がテーマ。
藤原くんのクラス劇では歌で訴える演出もありました。 藤原くんのクラス劇では歌で訴える演出もありました。
各クラス渾身の装飾も見応えあり。 各クラス渾身の装飾も見応えあり。
PTAのバザーも大盛況

学校情報

共学
正則高等学校

〒105-0011
東京都港区芝公園3-1-36

TEL:03-3431-0913

イベント申込
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

2019年10月5日(土)、6日(日)の2日間にわたって開催された正則高等学校の学院祭(文化祭)。取材で訪れた6日はあい...

この記事を見る

2019年10月5日(土)・6日8日(日)に開催された学院祭(文化祭)を終え、引退を目前に控えた今、ダンス部部長の瀧田さ...

この記事を見る
各クラスが最優秀賞をめざし「劇」を企画し競い合う異色の学院祭行事

2019年10月5日(土)、6日(日)の2日間にわたって開催された正則高等学校の学院祭(文化祭)。取材で訪れた6日はあい...

この記事を見る
後夜祭ではテーマ『輝』に込められた「一人ひとりが輝く」をコンセプトに23人にスポットライトが当たる行事

2019年10月5日(土)・6日8日(日)に開催された学院祭(文化祭)を終え、引退を目前に控えた今、ダンス部部長の瀧田さ...

この記事を見る
ページトップ