Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

一人ひとりに活躍の場が用意されている
充実したスクールライフ

スクールライフを満喫している4人が、城西大城西の魅力について話してくれました。
城西大学附属城西高等学校

〒171-0044
東京都豊島区千早1-10-26

TEL:03-3973-6331

学校情報 学校HP

「自分のやりたいこと」に熱中する城西生

 1918(大正7)年、実業界で活躍する人材を育成する目標を掲げて創立された「城西実務学校」。1973(昭和48)年に現在の城西大学附属城西高等学校に改称されました。1982(昭和57)年より、アメリカのスィートホーム高校と姉妹校となり、交換留学制度がスタート。

 現在ではアメリカ、オーストラリア、韓国、中国の学校と姉妹校提携を結んでいます。留学制度もアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、カナダと多彩で、2〜3週間の短期から10カ月間の長期まで、多くの生徒が海外研修に挑戦しています。

 今回は「しいの木祭(文化祭)」(9月21日・22日開催)が終わったばかりの高1生3人に、学校生活について語ってもらいました。

生徒にインタビュー

篠田さん 篠田さん

高1で短期留学を経験
高2では中期留学に挑戦したい!

 入学前に見学した「しいの木祭」では、縁日が印象的でした。なかなか景品が取れなかった私を先輩たちが励ましてくれたことが、とてもいい思い出です。晴れて城西大附属に入学して初めての「しいの木祭」でも、3クラス合同の大型縁日を企画して、準備から楽しく取り組みました。

 今年の夏休みは2週間のアメリカ短期留学に参加しました。現地の高校は夏休みだったのですが、高校生たちが一緒に語学研修に加わってサポートしてくれました。現地では私と同年代の子がいる家庭にホームステイをし、お互いの国の食文化の話などで盛り上がりました。高2では、ニュージーランドの中期留学に参加したいと思っています。

 部活動は軟式野球部のマネージャーを務めています。中学のときはバレーボール部に所属していたのですが、軟式野球部でマネージャーを募集していると聞いて見学に行くと、部員たちが楽しそうにコミュニケーションをしていて、先輩マネージャーが気さくに話をしてくださったので入部を決めました。軟式野球部は先日、都大会でベスト8に入ることができました。

 将来は保育士をめざしています。近年では日本に住む外国人も多いので、英語ができる保育士として社会に貢献したいと思っています。

青木さん 青木さん

ダンス部で磨いた表現力
自分の個性を出せるようになりました!

 城西大学附属城西高校を選んだ理由は、部活動が盛んだったからです。私はダンス部に入部しました。

 今年の「しいの木祭」で、ダンス部は校庭に設置された舞台でパフォーマンスを披露しました。部員たちはそれぞれ得意なジャンルがあるので、ヒップホップとジャズを中心に、みんなが個性を発揮できるような構成になりました。コーチの先生からは常に「表情にも気を配って、表現力を磨きましょう」と言われています。私は身体表現が得意なほうではありませんが、入部して約半年間、コーチに言われた通り実践しながらだんだんと自分の個性を出せるようになりました。

 11月には合唱コンクールがあります。1年は9クラスあるので、予選を行って本番に出場できるクラスが決まります。今はクラスの曲が決まったところで、これから本戦に向けての練習が始まります。

 将来は、スクールカウンセラーになりたいと思っています。以前、スクールカウンセラーの先生に接したとき、“人に寄り添う仕事”だということに感銘を受けたからです。高1から大学のオープンキャンパスに行く機会があるので、これからもいろいろな大学の特徴や雰囲気を見て、心理学部をめざしてがんばりたいと思います。

角(すみ)くん 角(すみ)くん

厳しい練習に挑戦して日本一をめざす陸上部

 僕が所属する陸上部は、日本一をめざして日々練習しています。長距離と短距離の部に分かれていて、全部員を合わせると100人近くにのぼります。この春の新人戦では、400mに出場し、個人では成績が残せなかったのですが、400×400mリレーでは都大会で優勝し、関東大会の出場が決まりました。リレーのチームには、中学のときに全国第2位の成績を収めたチームメイトもいるので、きっと勝てると信じています。

 陸上部のモットーは、「強くなるためにはどうしたらいいか」を一人ひとりが考え、切磋琢磨することです。毎日の練習は外部のグラウンドを使って限られた時間の中で集中して行っています。

 僕は普通クラスに所属しているので、勉強との両立を心がけています。苦手な数学は、友達と教え合いながら克服中ですが、数学の授業はグループディスカッションをすることもあり、理解を深めることができます。

 将来は中学校の体育教師になって、中学生に陸上の楽しさを伝えたいと思っています。陸上の楽しさは、努力の結果が数字となって明確にわかること。練習すればするほどタイムが伸びて、そこに自分の成長を実感できます。高校3年間でインターハイに出場して、個人、リレーともに少しでもいい成績を残せるようにがんばります!

岡野くん 岡野くん

ノルウエーからの留学生が教えてくれる「世界」

 僕のクラスにはノルウエーからの留学生がいます。彼の高校では日本語を勉強しているとのことで、会話は英語と日本語です。

 留学生の学校は女子の人数が圧倒的に多いそうで、「しいの木祭」ではシューティングゲームを企画したのですが、準備をしながら留学生が「男子が多くて楽しい!」と話していました。日本の高校とノルウエーでは、いろいろな文化の違いがあるのだと、興味深く話を聞いています。

 僕は将来、歴史の教師になりたいと思っていて、なかでも世界史が好きで近代ヨーロッパに興味があるので、ノルウエーの留学生の話はとても参考になります。

 部活動はハンドボール部に所属しています。中学まではサッカー部でずっと足を使ってきたので、手を使ったスポーツがしたいと思って選びました。ハンドボールは初心者ですが、サッカーのステップなど、活かせる部分もあるので楽しく練習しています。ハンドボール部は「しいの木祭」でギョウザを焼くのが伝統になっています。今年の「しいの木祭」も長い列ができて、あっという間に売り切れてしまいました。

 修学旅行は今年から、「台湾」と「ハワイ」、そして「種子島・屋久島」の3コースから選べることになりました。僕は現地に姉妹校のある台湾を選択します。どんなことができるか、何を見たらいいのか、先輩たちに教えていただいて、充実した修学旅行にしたいと思います。

学校情報

共学
城西大学附属城西高等学校

〒171-0044
東京都豊島区千早1-10-26

TEL:03-3973-6331

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

1918(大正7)年、実業界で活躍する人材を育成する目標を掲げて創立された「城西実務学校」。1973(昭和48)年に現在...

この記事を見る

城西大学附属城西高等学校の学習カリキュラムが大きく様変わりします。グローバル化やAI(人工知能)の発達による社会の変化。...

この記事を見る
一人ひとりに活躍の場が用意されている充実したスクールライフインタビュー&メッセージ

1918(大正7)年、実業界で活躍する人材を育成する目標を掲げて創立された「城西実務学校」。1973(昭和48)年に現在...

この記事を見る
授業の構成と内容に注目!充実のカリキュラムと受験・学習サポ―ト体制インタビュー&メッセージ

城西大学附属城西高等学校の学習カリキュラムが大きく様変わりします。グローバル化やAI(人工知能)の発達による社会の変化。...

この記事を見る
ページトップ