Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
緑ヶ丘女子高等学校

〒238-0018
神奈川県横須賀市緑が丘39

TEL:046-822-1651

学校情報 学校HP

歴史と伝統を継承しつつ文武両道を実践

 今年の8月、鹿児島県で行われた「令和元年度全国高校総合体育大会(インターハイ)」への出場を果たした新体操部。団体競技で7位という成績を収めました。

 今年で創部52年目を迎え、長い歴史の中で幾度も国民体育大会やインターハイに出場してきた同部ですが、部員は19人の少数精鋭。普段は横須賀市内の公共施設や横浜市内のスポーツセンターで夜9時まで練習を行うこともあります。

 現在、顧問を務める鈴木波央子先生は、緑ヶ丘女子高等学校の卒業生。鈴木先生が在籍していた3年間は連続3回インターハイに出場し、2回の国体出場も果たしています。

顧問の先生に聞きました!

鈴木 波央子 先生 鈴木 波央子 先生

本番に強い新体操部です!

 新体操部が創部された当時、まだ新体操はメジャーな競技ではなく、高校生から始めてもできる競技でした。でも近年は子どものスポーツ活動の低年齢化が進み、「初心者でも大丈夫」と言えなくなってきました。それでも本校の新体操部には、小学校から新体操を始めて緑ヶ丘女子に入学する部員が多く、指導者としての励みになっています。

 今年のインターハイ予選、団体競技に出場した5人は、インターハイに出場した経験のないメンバーでした。19人のうち、どの部員を出場させるのか難しいところですが、出場できる、できないに関わらず、みんなで同じ目標に向かう気持ちで挑んでいます。そして出場を決めた鹿児島インターハイ。実は、本番の数時間前までは緊張感が少し解けてしまった状況でした。しかし本番1時間前に覚醒し、今までやってきたことをすべて出し切ることができ、心配していた分だけの感動がありました。ここまでくるのにさまざまなサポートや応援がありましたから、感謝を表すことができたと思います。

 高校でがんばることができる時間は、たった3年間です。長い人生において順位や栄光はあまり関係がないというのが私自身の実感です。それよりも3年間、どのような気持ちで過ごし、どのような成長を遂げてきたのかということのほうが大切です。新体操でがんばったことを糧として、人生を力強く生きてほしいですね。

キャプテン&部長に聞きました!

左から池田さん、小松さん、谷内さん。令和元年のインターハイの衣装を着て。今年はエメラルドグリーンを基調に。デザイン画を描いたのはキャプテン、衣装を飾るラインストーンを貼ったのは部員たちの保護者です。 左から池田さん、小松さん、谷内さん。令和元年のインターハイの衣装を着て。今年はエメラルドグリーンを基調に。デザイン画を描いたのはキャプテン、衣装を飾るラインストーンを貼ったのは部員たちの保護者です。

みんなの気持ちが一つになったインターハイは
忘れられない瞬間

小松さん(キャプテン・高3)

 私は小学1年生から新体操を始めました。ジュニアのクラブチームの先輩たちが緑ヶ丘女子に入学してインターハイ出場を果たしていたので、私も同じようにがんばりたいと思い、この学校を選びました。

 大きな大会ではキャプテンが団体競技のリーダーを務めます。今年のインターハイ直前ではチームがまとまらなかったことがあり、自分でもどのように練習を進めたらいいのか悩みました。先生や同級生の力を借りながら、最終的には「インターハイ7位」という結果が出せたことはいい経験です。

 新体操部はさまざまな大会に出場しています。地道に経験を重ねながら気持ちを一つにできることが私たちの強みです。インターハイの本番は、全員の気持ちが重なった瞬間でした。

 めざしているのは理学療法士です。今の経験を活かして夢を実現したいと思います!

時間を工夫して文武両道
通学時間は小テストのための勉強時間

池田さん(部長・高3)

 小学生の頃から新体操を始めて、ジュニアのクラブチームでは団体演技をすることはほとんどありませんでした。あるとき、小学6年生から中学3年生までが一緒に演技をする団体競技を経験したとき、「自分も団体競技をやってみたい!」と思い、緑ヶ丘女子に入学しました。

 高1のときは初めて経験する団体競技で、自分のできることが少ないと感じて苦労しました。そこで力になってくれたのがキャプテンです。そのおかげで練習前にいろいろ教えてもらいながら乗り越えることができました。

 私は「特進コース」に在籍しているので、勉強時間は工夫しています。通学に約1時間かかるので、その時間は英単語や漢字の小テストの勉強に使っています。大学生になっても新体操は続けたいと思います。体育系の学部に進学し、将来は新体操の指導者になりたいと思っています。

仲間とアイコンタクトをとったとき
「よし!」という気持ちを感じられるのが
団体競技の醍醐味

谷内さん(部長・高3)

 部員たちは家族といる時間よりも長く一緒にいる仲間です。舞台に立つ部員たちは試合に出られないメンバーの悔しさや「がんばってほしい」という気持ちを受けて本番に臨んでいます。舞台に立てない部員たちは、自分たちもいつかは「Aチームに入ろう!」ということをモチベーションに練習しています。

 私が部長として学んだことは、何事も計画を立てて、一つひとつこなしていくことの大変さと大切さです。「特進コース」に在籍しているので、まずはしっかりと理解できるよう授業に集中しています。“私たちは学校を代表する立場である”という自覚は部全員が持っていると思います。

 団体競技は5人いなければ成立しません。5人が息を合わせるとき、アイコンタクトを取った瞬間「よし!」という気持ちを感じるときが好きです。気持ちが一つになったと実感できますから。この瞬間のために、厳しい練習もがんばれるのだと思います。

 将来は理学療法士としてスポーツのクラブチームに関われるようになるのが夢です。

関東大会でのワンシーン関東大会でのワンシーン

学校情報

女子校
緑ヶ丘女子高等学校

〒238-0018
神奈川県横須賀市緑が丘39

TEL:046-822-1651

イベント申込
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

今年の8月、鹿児島県で行われた「令和元年度全国高校総合体育大会(インターハイ)」への出場を果たした新体操部。団体競技で7...

この記事を見る

「『なりたい自分』に全力でサポート!」をスローガンに、多彩なキャリア教育に取り組む緑ヶ丘女子高等学校。「特進」「総合・進...

この記事を見る
歴史と伝統を継承しつつ文武両道を実践部活動・クラブ活動

今年の8月、鹿児島県で行われた「令和元年度全国高校総合体育大会(インターハイ)」への出場を果たした新体操部。団体競技で7...

この記事を見る
なりたい自分を具体的に思い描くアクティブラーニング型キャリアプログラムを導入インタビュー&メッセージ

「『なりたい自分』に全力でサポート!」をスローガンに、多彩なキャリア教育に取り組む緑ヶ丘女子高等学校。「特進」「総合・進...

この記事を見る
ページトップ