Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

オーストラリア クイーンズランド州立校で体感した
世界の高校生が「学ぶ姿勢」

クイーンズランド大学での研修
東京農業大学第三高等学校

〒355-0005
埼玉県東松山市大字松山1400-1

TEL:0493-24-4611

学校情報 学校HP

 グローバル教育の目標を、「世界基準のコミュニケーション力を身につけること」に置いた東京農業大学第三高等学校。高2で行くオーストラリア修学旅行をはじめ、セブ島語学研修、クイーンズランド州立校への長期留学など、多彩な海外研修があります。

 今年初めて実施されたのが、クイーンズランド州立校で行う語学研修です。ホームステイをしながら現地の高校に通い、英語レッスンやクイーンズランド州立校の授業を受講し、クイーンズランド大学でロボット工学の最先端まで体験する、盛りだくさんの2週間です。

 8月に実施された同語学研修には13人が参加し、それぞれ貴重な学びを得て帰国しました。

SNSを駆使して事前学習

 生徒たちが最初に取り組んだのは、研修先のクイーンズランドについて知っておくことでした。それも現地の政治経済などの大きな枠ではなく、現地の人とすぐに会話ができるような身近な話題探しです。そこでTwitterなどのSNSでクイーンズランドのニュースをフォローし、ビルボードのオーストラリア版からは音楽の話題を集めました。

 さらにコミュニケーションのきっかけとなったのはYou Tubeです。海外で人気のYou Tuberについての話題から、ホームステイ先のファミリーや学校で会話が広がったという生徒も多かったようです。

 語学研修の引率を務めた阿部佑太先生は、ご自身の留学経験をもとに、「数字を英語で言えるようになっておくと便利」と話します。

「自己紹介をすると、『学校のある東松山市の人口は?』『東京農大三校にはどのくらい生徒がいるの?』など、数字を聞かれることがあります。クイーンズランド州立校は本校と同じく生徒が1,200人くらいの学校なのですが、1,200という数字を英語ですぐに言えるようにしておくと、相手も学校の規模が同じだとわかりやすいのです。人の数や街の大きさなど、千・万単位の数字をすぐに英語で言えるようにしておくと、会話が広がります。また、食事をする機会は必ずあるので、Deliciousだけではない単語も準備して、語学研修に向かいました」

現地校で体験した刺激的なプログラム
「グローバルリーダーシップ」

 クイーンズランド州立校はロボット工学やドローン技術など、理数系の専門プログラムがある学校です。東農大第三の生徒たちはダンスやクッキング、ドラマなどの授業を体験。なかには化学の授業を経験できた生徒もいます。また、オーストラリアの動物の保護施設となる動物園の見学や、レゴのプログラミングソフトを使ったワークショップも体験しました。

 なかでも刺激的だったのは、現地の高校生と持続的な社会の実現をめざして環境問題について議論した「グローバルリーダーシップ」のプログラムでした。まずは小グループを作り、オーストラリアと日本で起きている環境問題をシェアし、次に別のグループからも意見を求めるものでした。

 ワークショップに参加した学生は他国からの留学生に加えて、東農大第三から1年間留学をしている高1生もいました。海外の高校生たちが活発に意見を述べる姿は大いに刺激となった様子。東農大第三の生徒たちも、日頃から世界で起きている情報を敏感にキャッチし、自分なりの意見を持つことの必要性を感じました。

 東農大第三の生徒には、一人ひとりにバディが付いてくれますが、彼ら自身もいくつもの課題をかかえています。休み時間には真剣な表情でパソコンに向かい、レポートを仕上げることもあるのだとか。

「本校の生徒たちは、バディの邪魔をしてはいけないと遠慮して、なかなか会話ができなかったこともあったはずです。でも、同年代の友達が真剣な表情で課題に向き合っている姿は、いい刺激になったはずです。『自分の学ぶ姿勢はどうだろう?』と、自分を見つめる機会にもなったはず。帰国後しばらくして研修を振り返ったときに、研修中には見えなかったことが見えてくると期待しています」(阿部先生)

クイーンズランド大学キャンパスツアーと
即興で仕上げたフェアウェル・パーティー

 クイーンズランド州立校で体験したロボットのプログラミングを経験することができました。同大学はサイエンスの分野で活躍する卒業生を多く輩出する教育機関。修士課程を終えた日本人も学んでおり、自走式自動車のプログラミングに関わる人もいると言います。

 自動車の形をしたレゴロボットを動かす技術は、将来、自動運転の技術につながる最先端の入り口です。この技術が社会において、どのように活用されているかを知ることもできました。

 盛りだくさんの2週間を締めくくるのはフェアウェル・パーティーです。実はパーティーのための準備は、研修中のあいた時間を使って生徒たちが即興で行ったもの。校歌を英訳し、クイズを考え、メッセージカードを作るという内容を、たった2週間で仕上げた経験は、次の学びにつながる力となりました。

 スタートしたばかりのクイーンズランド州立校への研修は、今後、さらに充実したものになるはずです。

ウェルカム・パーティー ウェルカム・パーティー
フェアウェル・パーティーにて フェアウェル・パーティーにて
フェアウェル・スピーチ フェアウェル・スピーチ
東農大第三の校歌を披露 東農大第三の校歌を披露
文化比較のクイズ 文化比較のクイズ
通貨に慣れる実践的なレッスン 通貨に慣れる実践的なレッスン

学校情報

共学
東京農業大学第三高等学校

〒355-0005
埼玉県東松山市大字松山1400-1

TEL:0493-24-4611

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

グローバル教育の目標を、「世界基準のコミュニケーション力を身につけること」に置いた東京農業大学第三高等学校。高2で行くオ...

この記事を見る

3年間を通して学力の向上に重点を置き、独自のシラバスに基づく授業を展開している東京農業大学第三高等学校の進学重視型の「Ⅰ...

この記事を見る
オーストラリア クイーンズランド州立校で体感した世界の高校生が「学ぶ姿勢」グローバル

グローバル教育の目標を、「世界基準のコミュニケーション力を身につけること」に置いた東京農業大学第三高等学校。高2で行くオ...

この記事を見る
「世界史」といっても遠い国の話でなく今を生きる自分とつながっているから面白い!授業・カリキュラム

3年間を通して学力の向上に重点を置き、独自のシラバスに基づく授業を展開している東京農業大学第三高等学校の進学重視型の「Ⅰ...

この記事を見る
ページトップ