Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
ダンス部史上初めての軽音・吹奏楽の生演奏でのパフォーマンス。
東京成徳大学高等学校

〒114-0002
東京都北区王子6-7-14

TEL:03-3911-5196

学校情報 学校HP

新しい取り組みが続々と!
令和元年の「桐蔭祭」

 9月28日・29日の2日間、東京成徳大学高等学校の「桐蔭祭」(文化祭)が開催されました。

 今年は令和元年ということで、有志団体などが新たな取り組みを行いました。特筆すべきは3年生がコース単位で参加団体を構成したこと。特別進学コース(Sクラス含む)、進学選抜コース、進学コースがそれぞれ一つの有志団体となり、校門に設置されたアーチは、3年生Sクラスの有志が制作しました。

 コースの枠を越えて取り組んだものが、進学コースと選抜コースが合同で制作したモザイクアートです。モザイクは生徒たちの写真で構成され、写真の濃淡をうまく組み合わせて、結成20周年を迎えたアイドルグループ「嵐」の姿を浮かび上がらせています。昨年は安室奈美恵さん、一昨年は陸上の桐生選手のモザイクアートが制作されています。

 学校全体のさまざまな団体、クラス、部活動が縦横無尽に結びつき、1年間の学びを表現する「桐蔭祭」について、生徒と先生方が、それぞれの活動を語ってくれました。

インタビュー

クラスの枠を取り払い
自由に自己表現する「桐蔭祭」

文化祭実行委員長 市川くん(高3)

文化祭実行委員長 市川くん(高3)

 今年の3年生には、学校行事のたびに、新しいことに挑戦しようという機運が高まっていました。そこで今年はクラスの枠を取り払い、さまざまな有志団体が活躍することになりました。

 まず大切なのはオープニングです。例年は軽音楽部だけの演奏で始まっていたのですが、今年は軽音楽部、吹奏楽部、ダンス部がコラボしてパフォーマンスをし、雰囲気を盛り上げてスタートしました。軽音楽部はいくつものバンドを構成し、生演奏でダンスもできる演奏クオリティを有しいます。

 オープニングで流れたプロモーション動画は、特別進学コースの3年生による有志団体です。動画は毎年、レベルの高い作品が公開されているのですが、今年の3年生が制作した動画は例年にも増して工夫を凝らした作品になっていました。

 見どころは、門の装飾からモザイクアートまでいろいろありますが、毎年、列ができるほど人気なのがダンス部とバトン部の公演です。3年生が作るタピオカやラーメンなどの模擬店も盛況でした。「桐蔭祭」は、一人ひとりが自由に表現できる文化祭なのです。

オープニングを盛り上げた吹奏楽部とダンス部
文部両道を表現できました

ダンス部部長 河野さん(高3)

部長の河野さん(左)と副部長の小澤さん 部長の河野さん(左)と副部長の小澤さん

 今年初めて実施した軽音楽部とダンス部、そして吹奏楽部がコラボしたオープニング。準備は選曲を始まりに2週間、リハーサルが2回しかできなくて大変でしたが、例年以上に盛り上げることができたと思います。

 ダンス部員は44人。モットーは「みんなで楽しく踊ろう!」。男子の入部も歓迎ですが、今のところ女子だけの部活動になっています。新入生歓迎会での公演をはじめ、2月のコンテストや「桐蔭祭」に向けて、日々練習を重ねています。

ダンス部副部長 小澤さん(高3)

 オープニングはサカナクションの『新宝島』のプロモーション動画を再現しようという企画でスタート。ダンス部はバックダンサーを務めました。

 ダンス部はJ-POP、K-POP、ヒップホップ、ジャズなど、さまざまなジャンルに挑戦しています。私はダンス初心者でしたが、皆が温かく見守ってくれて、ここまで続けてくることができました。ダンス部は、ここでしか味わうことのできない楽しさと感動がある部活動です。

先生にインタビュー

ダンス部顧問 永尾 瑠衣先生

 自分の身体を使って表現すればするほど、上手になるのがダンスです。たくさんの舞台に立つ経験を通して、努力が実を結んだ達成感や、人を楽しませることの喜びを感じてほしいと思います。

吹奏楽部部長 庭野さん(高2)

 今年のオープニングは、軽音楽部、ダンス部、吹奏楽部に加えて、野球部もコラボレーションしてくれました。ガールズグループのパフォーマンスには、吹奏楽部も参加しました。

 東京成徳大学高等学校は、文部両道がモットーです。運動部と文化部がコラボすることで、文部両道を表現できたと思います。

 吹奏楽部員は約30人。自分たちが楽しみながら、来場者も楽しませることを目標にがんばっています。私の担当楽器はトロンボーン。大学生になっても、楽器演奏を続けていきたいと思います。

ディベート大会開催!

 特別進学コースのカリキュラムには、「Critical Thinking Program」として、「学び合い」を基本とした探究活動のプログラムがあります。

 普段、1年生はディスカッションやディベートを通して、プレゼンテーション力やブレインストーミングの技術を学び、2年生は自分の選択したテーマに沿った問題解決や探究活動を実践しています。桐蔭祭で1年生はディベート大会を実施し、来校された皆さんにジャッジしてもらいました。2年生はこれまでの探求活動をポスターにまとめ、発表しました。

 ほかにも 視聴覚室で中学生のレシテーションコンテストや高校生のスピーチコンテストが実施され、日々の学習成果が発表されました。

インタビュー

英語科 田村 遼司先生

「桐蔭祭」では、高校生の有志によるスピーチコンテストが行われました。テーマは「令和」。令和という時代に向けて、自分の目標や「自分にとって令和とは?」などの内容でスピーチを行いました。原稿チェックとスピーチの練習はネイティブの教員が担当しました。練習のときは緊張していた生徒たちでしたが、当日は「桐蔭祭」に訪れた方々に、日頃の学習成果を示すことができたと思います。

学校情報

共学
東京成徳大学高等学校

〒114-0002
東京都北区王子6-7-14

TEL:03-3911-5196

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

9月28日・29日の2日間、東京成徳大学高等学校の「桐蔭祭」(文化祭)が開催されました。...

この記事を見る

8月に入ったばかりの土曜日の朝、東京成徳大学高等学校に続々と中学生たちが集まってきました。校門で待っていたのは、各運動部...

この記事を見る
新しい取り組みが続々と!令和元年の「桐蔭祭」行事

9月28日・29日の2日間、東京成徳大学高等学校の「桐蔭祭」(文化祭)が開催されました。...

この記事を見る
真夏のイベント「部活動体験」開催!行事

8月に入ったばかりの土曜日の朝、東京成徳大学高等学校に続々と中学生たちが集まってきました。校門で待っていたのは、各運動部...

この記事を見る
ページトップ