Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

「志を持って生きる」ことの重要性を学ぶ!
松下政経塾の「こころざし探究プログラム」を本格導入

足立学園高等学校

〒120-0026
東京都足立区千住旭町40-24

TEL:03-3888-5331

学校情報 学校HP

じっくりと事前学習を行い
いざ、松下政経塾へ!

飯山泰介先生 「探究コース」は昨年誕生した新コース。「答えのない課題に向き合い探究する能力の育成をめざすコースです」と話す担当の飯山泰介先生。

 松下幸之助氏が創設した松下政経塾が、全国の中高生を対象に実施している「こころざし探究プログラム」。足立学園高等学校は今年度より、「立志」をテーマに展開されるこの教育研修を1年次の教育に本格導入しました。

「校長(井上実先生)も志を持って生きることを重視しており、本校の教育にフィットしていると考え導入したのです。まずは昨年冬に教員のみで視察を行い、今年の3月には当時の高1生有志が研修を受けるなど、事前のリサーチを十分に行いました。」

 こう話すのは「探究コース」担当の飯山泰介先生です。「探究コース」とは、昨年誕生した新コース。「答えのない課題に向き合い探究する能力」の育成をめざすコースです。しかし、このプログラムに参加するのは同コースの生徒だけではなく、既存の「文理コース」「総合コース」の生徒を含めた高1の全生徒。この事実からも、足立学園が「こころざし探究プログラム」に向ける信頼度と意欲の高さがうかがえます。

 同プログラムの内容を紹介しましょう。プログラムは大きく2つに分かれており、第1セクションは「事前学習」です。まずは研修のプログラム・ディレクターである松下政経塾の日下部晃志氏を学校に招き、その講演を聴講。松下政経塾について理解したうえで関連資料を読み、配布された事前課題シートに自らの考えを書き込みます。ただ、これはあくまでも準備であり、本番は第2セクションの松下政経塾での研修です。

「4月の半ばから5月末にかけて、5回に分けて高1の全11クラスを神奈川県・茅ヶ崎市にある松下政経塾に送り込みました。本校からかなり遠い地域にありますが、集合はその最寄り駅。独力で現地にたどり着く、というところから学びが始まっているのです」

 第2セクションは、まず主催者側の講演からスタート。同塾の紹介、松下幸之助氏や歴史上の偉人たちが、どんな志を持ち世に出て活躍したかといった話に耳を傾けます。その後、塾内見学(松下幸之助氏が使った茶室や塾生たちが寄宿する寮などが点在)と休憩を経て「志発表準備セッション」へ。

「ここでは、まず生徒個々で自らの志について考え、それをグループワークでブラッシュアップするという進行で、それぞれの志をまとめていきました」

 そして、仕上がったものの中から優秀作を選択し、10名前後が参加者全員の前でそれを発表。主催者側から講評を受けるという展開です。

「入学して間もない高1なので個人差はありますが、生徒たちはみんな志について前向きに考え、良い刺激を受けていたようです。クラス全員が志について真剣に向き合って議論する中、傍にいる教員がその光景を見て感動のあまり涙ぐむというシーンも見られました。この取り組みは今後も継続していきます」

生徒インタビュー

 実際に「こころざし探究プログラム」に参加した生徒4名に、感想と自らの「志」について聞きました(なお、2年生の2人は3月、試験的に同プログラムに関わった際、自らの意思で参加した生徒たちです)。

雨田くん(探究コース1年)

雨田くん(探究コース1年)

 志などについて考えたことがなかったので、参加する前は「何かピンとこないな」という思いでいっぱいでした。でも実際に参加してさまざまな話を聞き、施設を見学して「志を持って、生きてきた人がいる」事実を知り、スゴイ!と。自分が意識してなかったことに気づかされ視野が広がった感じがします。自分にはまだ明確な志はありませんが、現時点では外交官をめざしていて、そのためにもがんばって東大の法学部(文科Ⅰ類)に進学したいと考えています。

金野くん(探究コース1年)

金野くん(探究コース1年)

「どんなふうに生きたいか」については具体的な考えはありましたが、「それが誰のためになるか」までは考えていませんでした。このプログラムに参加し、それについて深く考え、かなり明確になったので非常に有意義だったと思います。僕の夢は「海外の人々と交流を深め、世界に存在するさまざまな課題を解決する」こと。まだ具体的な職業は決まっていませんが、その夢を実現するために得意な英語がさらに伸ばせる国際教養大学か東京外国語大学に進学するつもりです。

江熊くん(探究コース2年)

江熊くん(探究コース2年)

 校長先生から強く勧められたのもあり、自らの意思で参加しました。ただ、人間は1日の経験では変わらないもの。でも、人生や志について深く考えるきっかけにはなりました。これは大きな収穫だと思います。僕には「将来は建築分野で活躍したい」という目標がありますが、このプログラムで「それが人のためになること」であるべきと知り、目標がより明確になりました。それは災害大国・日本を救うため、災害に強い街を作る――つまり都市計画の仕事に携わること。そのためにも東京工業大学の環境・社会理工学院に進むつもりです。

竹政くん(探究コース2年)

竹政くん(探究コース2年)

 それまで一度も志について意識したことがなく、自分も江熊くんと同じく「1日では変わらない」という思いで参加しました。でも、これも同じく「考えるきっかけになった」というのは良かったですね。自分は小学校、中学校、高校と折々で素晴らしい先生と巡り会えたので、将来は教師になりたいと考えています。それも学力だけでなく、教え子を「人間的にも大きく成長させられる」教師です。その目標を実現するため、千葉大学の教育学部に進学するつもりです。

学校情報

男子校
足立学園高等学校

〒120-0026
東京都足立区千住旭町40-24

TEL:03-3888-5331

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

足立学園高等学校のグローバル教育が今年の1月、さらにパワーアップしました。新たに「カナダ特別留学プログラム」(高1対象)...

この記事を見る

松下幸之助氏が創設した松下政経塾が、全国の中高生を対象に実施している「こころざし探究プログラム」。足立学園高等学校は今年...

この記事を見る
めざすは語学力向上よりも人間的成長!2年続きで新企画を導入 さらに充実度を増すグローバル教育グローバル

足立学園高等学校のグローバル教育が今年の1月、さらにパワーアップしました。新たに「カナダ特別留学プログラム」(高1対象)...

この記事を見る
「志を持って生きる」ことの重要性を学ぶ! 松下政経塾の「こころざし探究プログラム」を本格導入授業・カリキュラム

松下幸之助氏が創設した松下政経塾が、全国の中高生を対象に実施している「こころざし探究プログラム」。足立学園高等学校は今年...

この記事を見る
ページトップ