Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック

日大付属校ならではの体験と
がんばる仲間を応援し合う校風が
海外で学ぶ意欲と勇気を芽生えさせてくれた

日本大学豊山女子高等学校

〒174-0064
東京都板橋区中台3-15-1

TEL:03-3934-2341

学校情報 学校HP
本橋 恵美さん(2017年卒業)モナッシュ大学マレーシア校 経営学部マーケティング専攻 3年 本橋 恵美さん(2017年卒業)
モナッシュ大学マレーシア校
経営学部マーケティング専攻 3年

 日本大学豊山女子中学校・高等学校時代は陸上部に所属、種目は長距離走。卒業後はMonash University Malaysia モナッシュ大学マレーシア校(経営学部マーケティング専攻)へ進学。現在3年生。「JSAM」=マレーシア日本人学生会のモナッシュ大学支援部代表も務めています。また、モナッシュ大学で現地の学生に日本文化や日本語を教える教室を開設、大学での専攻知識を活かして事業として収益化にも成功。将来は経営者をめざし、国内外で就職活動中。

※モナッシュ大学はオーストラリア・メルボルン近郊に本部を置く総合大学で、世界大学ランキングにも名を連ねる名門大学。マレーシアに初めて海外大学としてキャンパスを開設した。

日大豊山女子ならではのプログラムが
モチベーションを高めてくれた

 中学生の頃は英語が本当に苦手で、初歩的なところからつまずいてしまったんです。それでも英語に対するモチベーションは常に高くありました。それは、日大豊山女子にスピーチコンテストなどの表現の機会がたくさんあり、いつか自分もそういう場で活躍したいと思えたからです。実際に、中2で初めてスピーチコンテストに挑戦して、そこから英語が楽しくなり、成績も伸びていきました。「高校ではこんなことに挑戦したい!」と思えたことも、中学時代のモチベーションになっていました。

 高2の10月、日大付属高校の代表が集まるスピーチコンテストに、日大豊山女子代表として参加しました。でも、そこで入賞できなかったのです。代表に選ばれたという自負があり、自信過剰だったのかもしれません(笑)。「入賞もできないなんて!」と、とても悔しかったのを覚えています。その一方で、自分よりすごい同級生がいることを目の当たりにして、自分の現実を理解できたのです。その時に「もっとできる人はいるんだ、自分はもっとがんばれる」という気持ちになれたことは、自分を一回り成長させてくれたと思います。

海外大学進学のきっかけとなった
ケンブリッジでの体験

 留学を決めた一番のきっかけとなったのは、高2の3月に参加したケンブリッジ大学研修(※)です。中学時代から絶対に参加したいと思っていた研修でした。英語でプレゼンテーションをしたり授業を受けたり、アカデミックな英語を学ぶことが大きな目的の一つではありましたが、それ以上に、ケンブリッジ大学の寮に泊まり、学生と学校生活を共にしたことが、大きな成長につながったと思います。

※ケンブリッジ大学研修…ケンブリッジ大学のペンブルック・カレッジと学術交流協定を結んでいる日本大学では、毎年、全国26校の付属高校の生徒を対象に、『イースター・プログラム』と、『サマー・プログラム』を実施しています。全国の日本大学の付属校25校から選抜された生徒が、ケンブリッジ大学内の学生寮に滞在して過ごすプログラムです。

 現地には校内に映画「ハリー・ポッター」のような立派な食堂があり、そこで朝食をとる際、ケンブリッジの学生たちが新聞を広げて政治や経済についてディスカッションをしているんです。自分の学んでいる分野に、本気で興味・関心があり、学ぶことを楽しんでいるという姿勢に共感しましたし、そういう思いをもった仲間と学べる環境にも憧れました。「大学ではそんな環境で学びたい!」。そう考えて出した結果が海外大学でした。

 日大豊山女子にはいろいろなことに一生懸命打ち込み、輝いている仲間たちがたくさんいました。日大の付属校ではありますが、クラスメートの進路も多岐にわたっています。それぞれ目標が違うからこそ、お互いに刺激し合って、切磋琢磨できる環境がありました。それに加えて、付属校の代表者が集まるスピーチコンテストやケンブリッジ研修など、日大付属校ならではのさまざま経験を積んだからこそ、意欲を持って学ぶことができ、今の私があるのだと思います。

 私の在学時に比べ、現在の日大豊山女子に多彩なプログラムがあり、後輩たちがうらやましいくらいです。モチベーションを高め、可能性を広げてくれる学校として、進化を続ける母校を誇りに思います。

学校情報

女子校
日本大学豊山女子高等学校

〒174-0064
東京都板橋区中台3-15-1

TEL:03-3934-2341

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

日本大学豊山女子中学校・高等学校時代は陸上部に所属、種目は長距離走。卒業後はMonash University Mala...

この記事を見る

日本大学第二高等学校を卒業後、日本大学文理学部国文学科へ進学。同大卒業後、日本大学三島高等学校の教諭として3年間勤務した...

この記事を見る
日大付属校ならではの体験とがんばる仲間を応援し合う校風が海外で学ぶ意欲と勇気を芽生えさせてくれたインタビュー&メッセージ

日本大学豊山女子中学校・高等学校時代は陸上部に所属、種目は長距離走。卒業後はMonash University Mala...

この記事を見る
多様な経験を積むなかで視野を広げ何事にも意欲的にチャレンジしてほしいインタビュー&メッセージ

日本大学第二高等学校を卒業後、日本大学文理学部国文学科へ進学。同大卒業後、日本大学三島高等学校の教諭として3年間勤務した...

この記事を見る
ページトップ