Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
リンカーンサウスウエスト校の生徒たちを笑顔と大きな拍手で迎える専松戸生。
専修大学松戸高等学校

〒271-8585
千葉県松戸市上本郷2-3621

TEL:047-362-9101

学校情報 学校HP

リンカーンサウスウエスト校の留学生と
3日間の異文化交流

 平成22年、アメリカ合衆国のネブラスカ州にあるリンカーンサウスウエスト(LSW)高校と姉妹校提携が結ばれて、今年で9年目。2年に1度、交換留学生として専修大学松戸高等学校を訪れていたLSW校の生徒と先生方が、今年も7月に来校。1学期の期末試験が終わったばかりの専大松戸では、GSLの生徒たちが留学生を迎える準備をしていました。GSLとはグローバルスチューデントリーダーズの略。国際交流を引率する生徒の団体です。

姉妹校提携から来年で10周年

 今回は姉妹校提携10周年を目前にしたメモリアルな訪問です。来年は東京オリンピックイヤーのため、留学生たちの宿泊先が確保できないなどの懸念があり、1年前倒しで10周年記念式典が行われました。体育館ではGSLの生徒たち、和太鼓部、チアリーディング部、吹奏楽部の部員たちが、LSW校の生徒たちを盛大に迎えました。

 ウエルカムセレモニーは、徳山斉校長による「私たちの友好関係が、これからも続くことを願っています」とのあいさつからスタート。吹奏楽部が日米の国歌を演奏すると、LSW校の代表が日本語で返礼をしました。

 今回、来校したのは16人の生徒たち。引率した3人の先生のなかには美術の先生もいて、粘土で作ったネックレスを記念品として贈呈してくれました。テーマは「地球のカギ」。「私たちの星、地球は強くて壊れやすい。土で作ったカギは大切にしないと壊れてしまう。地球のカギをあけるのはあなたの心」というメッセージが込められています。

 一方、専大松戸からは10周年を記念するペナントが贈られ、GSLのリーダーによるあいさつの後、部活動のパフォーマンスが始まりました。

日本の文化を存分に体験した留学生たち

 吹奏楽部の演奏でチアリーディング部が披露したのは"野球応援"です。平成27年夏、甲子園に出場した野球部は千葉県内の強豪チーム。この夏も甲子園をめざして吹奏楽部、チアリーディング部が一緒に練習に励むなかでのパフォーマンスでした。

 和太鼓部のパフォーマンス。和太鼓に三味線、笛、鐘が加わり力強い演奏とともにソーラン節を披露。その様子をLSW校の先生が動画撮影する場面も見られました。演奏が終わると和楽器の体験会が行われ、留学生たちが力強い太鼓の音を響かせていました。

 ウエルカムセレモニーのあとは、GSLの生徒たちの引率のもと、空手部、合気道部、弓道部を巡り、部活動を体験しました。

 留学生が専大松戸で過ごすのは3日間。残りの2日間はホストファミリーと過ごしたり、学校内でGSLが企画するイベントに参加したりと、充実した交流が行われました。

姉妹校との交流について

国際教育部長 木戸 純子先生

 リンカーンサウスウエスト校との姉妹校提携は、2000年から始まりました。交流する大きな機会は2つあります。一つは春休みの2週間の短期留学制度で、本校代表生徒2名が現地にホームステイし、LSW校の授業を受けます。もう一つは夏のグローバル研修です。こちらは希望制の研修で、アメリカとニュージーランドの2つがあります。アメリカのグローバル研修を選択すると、LSW校の生徒宅にホームステイするので、今回来校した留学生と再会を果たした本校の生徒もいました。

 LSW校には日本語を学ぶクラスもあり、ペンパルプログラムで手紙やプレゼント交換などを行い、いい関係を築いています。実際に海外研修や留学制度に参加できなくても、このように海外の学生と交流する機会は数多くあり、生徒たちのグローバルな感覚を養っています。

【interview】
Global Student Leadersの声

日本に向けられる大きな興味・関心を感じました

堀越さん(高2) 堀越さん(高2)

 今回の歓迎式典では、GSLとして学校内や部活動の案内をして、たくさん英語を話しました。日本文化を伝えることができたのもうれしかったです。

 LSW校の生徒の中には、おばあさんが日本人で、日本の大学進学を希望する人や、日本の漫画やアニメが好きという人、漢字に興味がある人など、日本に興味をもっている人が多いことがわかりました。

 私は将来、日本と海外をつなぐ仕事がしたくてGSLの活動に参加しています。今年の夏はペルーへボランティアに行きます。ペルーはスペイン語なので、現在勉強中です。貧しい家庭の子どもたちが通う幼稚園や老人ホームを訪問する予定なので、いろいろなことを感じて帰国したいと思います。

GSLの活動から学ぶことがたくさんあります

橋本くん(高2) 橋本くん(高2)

 LSW校の生徒たちは、和太鼓部や弓道部など、日本の文化を感じる部活動があることに驚いていました。GSLの活動は、海外からのお客さまを迎えてサポートすることですが、そのたびに、海外の人たちが日本に大変興味を持っているのを感じます。

 将来の夢は、ホテルのコンシェルジュになることです。僕が憧れるコンシェルジュは、英語だけでなく韓国語や中国語など、いくつもの言語を話し、海外のお客さまをもてなしていました。この夢のために、GSLの活動で学ぶことはたくさんあります。

 僕はこの夏、2回目のグローバル研修に参加します。昨年も同じプログラムでネブラスカ州を訪れたので、今回は昨年よりももっと英語を話して、さまざまな人とコミュニケーションしたいと思います。

学校情報

共学
専修大学松戸高等学校

〒271-8585
千葉県松戸市上本郷2-3621

TEL:047-362-9101

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

平成22年、アメリカ合衆国のネブラスカ州にあるリンカーンサウスウエスト(LSW)高校と姉妹校提携が結ばれて、今年で9年目...

この記事を見る

姉妹校との交流や、さまざまなグローバル研修プログラムが充実し、留学生をはじめとする海外からのお客様を日常的に受け入れる専...

この記事を見る
リンカーンサウスウエスト校の留学生と3日間の異文化交流グローバル

平成22年、アメリカ合衆国のネブラスカ州にあるリンカーンサウスウエスト(LSW)高校と姉妹校提携が結ばれて、今年で9年目...

この記事を見る
専大松戸にニュージーランドから高校生がやってきました!グローバル

姉妹校との交流や、さまざまなグローバル研修プログラムが充実し、留学生をはじめとする海外からのお客様を日常的に受け入れる専...

この記事を見る
ページトップ