LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
東京農業大学第三高等学校

〒355-0005
埼玉県東松山市大字松山1400-1

TEL:0493-24-4611

学校情報 学校HP

「世界史」といっても遠い国の話でなく
今を生きる自分とつながっているから面白い!

生涯をかけて楽しめる世界史を「世界現代史」から

 3年間を通して学力の向上に重点を置き、独自のシラバスに基づく授業を展開している東京農業大学第三高等学校の進学重視型の「Ⅰコース」。自ら目標を設定し、自らの意思で学ぶ主体的なIコースの生徒には、3教科(国語・数学・英語)の先取り授業をはじめ、一般入試に対応した5教科7科目に対応したカリキュラムが用意されています。進路目標である最難関国立大学、首都圏国公立大学、最難関私立大学への現役合格をめざす3年生に対しては、予備校の授業にも匹敵する高水準の『自由選択科目』でサポートしています。

「5・6限目に設定した自由選択科目は、国語・数学・英語・理科・社会の5教科ごとに週1回、原則として2コマ続き(50+50分)の授業として実施しています。センター対策国語演習、世界現代史、日本現代史、地理講座、現代社会講座、数学演習、物理演習、化学演習、生物演習、理科演習、英語演習、イングリッシュ・インタラクションの中から、10単位を選択して学ぶことができます。
 本校では高2の3学期が修了するまでに全員が志望校を絞り込んでいますので、各自が高いモチベーションで学んでいます。ちなみに、自由選択科目を入れていない曜日は、空いている教室や自習室などで自学自習に励む姿が見られます」(入試広報部/小関康太先生)

 この日に見学した自由選択科目の授業は、地理公民科主任の佐野浩先生が担当する「世界現代史」です。進路指導部長でもある佐野先生に、自由選択科目におけるこだわりを聞いてみました。

「一般入試はAO入試や推薦入試と違い、志望校合格に向かって挑戦し続けるタフな精神力が求められます。したがって自由選択科目における一番の目的は、受験で勝負できる学力と精神力を身につけてもらうことにほかなりません。そこで私の世界現代史の授業では、単に2コマ続きの授業というより、大学で今増えつつある"1コマ100分授業"のような感覚で生徒たちに接しています。
 一方、せっかく集中して覚えた世界史の知識を、受験のためだけのものにしてもらいたくないので、五感に訴える体験型の授業を通して、社会人になっても役立つ教養として身につくよう意識して取り組んでいます。この授業に出席したことがきっかけとなり、生徒が少しでも世界史を好きになってくれたら、これ以上の喜びはありません」

大学受験の世界史から"その先"の世界史へ!

 佐野先生の大学時代の専攻はアジア史です。大学卒業後は大学院に進み、トルコ史を研究したそうです。さらに興味深いのは、佐野先生には院生時代の1年間、西洋と東洋の交差点とも称されるイスタンブール(トルコ)に留学した経験があることです。それだけに授業中に語る留学時代のユニークな武勇伝がまた面白く、生徒たちを興味・関心の世界へと導いていきます。

「いくら受験に直結した実践形式の授業といっても、座学中心では学習が辛いものになってしまいます。そこで楽しいことをどれだけ五感を通して味わってもらうかにポイントを置いています。私が留学中や海外旅行中に撮影した写真を見せたり、世界史を扱った映画鑑賞の時間を設けたりするのもそのためです。答えのないテーマについて議論したり、私が集めた古代のコインを実際に手にしてもらったり、古代エジプト文字の一つであるヒエログリフで自分の名前を書いてもらったりと、板書を書き写すだけではないアクティブラーニング型(AL型)型授業を、生徒と一緒に楽しみながら実践しています」

 AL型授業の実践例の一つに、「世界史の授業を作ってみよう!」というものがあります。3~4人でグループを作り、自分たちでテーマを考えて実際に授業を行うというトライアルです。生徒同士による"学び合い""教え合い"が凝縮された授業から醸し出されるその教育効果は、受験勉強からその先の生きた学びへとつながっていきます。

「例えば、ヨーロッパを旅行中の卒業生から、『ポーランドのアウシュヴィッツに行ってきました』との報告が入ることもあれば、授業で触れたローマ史を勉強したくて、本当にイタリアに留学した卒業生もいます。世界史といっても遠い国の話でなく、今を生きる自分とつながっていることがわかれば、学ぶことが楽しくなります。私が担当する自由選択科目の世界現代史、あるいは世界史を通して、歴史とは単に暗記をするだけのものではないと思ってくれたらうれしいです」

 大学受験からその先へ、主体的に学ぶことを求める価値あるフィールドが広がっていきます。

学校情報

共学
東京農業大学第三高等学校

〒355-0005
埼玉県東松山市大字松山1400-1

TEL:0493-24-4611

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

この記事を見る

東京農業大学の3番目の高校として設立された同校では、緑豊かで静かな環境のもと、生徒たちがのびのびと学び、部活動にも一生懸...

この記事を見る
「世界史」といっても遠い国の話でなく今を生きる自分とつながっているから面白い!授業・カリキュラム
この記事を見る
切磋琢磨して刺激し合える仲間がいる それぞれの夢や目標を実現できる学校です!だから大好き♥私学Life

東京農業大学の3番目の高校として設立された同校では、緑豊かで静かな環境のもと、生徒たちがのびのびと学び、部活動にも一生懸...

この記事を見る
ページトップ