Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
LINEで送る

スクールポット高校受験版 - 首都圏学校情報検索サイト

ツイッター フェイスブック
桜丘高等学校

〒114-8554
東京都北区滝野川1-51-12

TEL:03-3910-6161

学校情報 学校HP

先輩たちが魅力を伝える新入生歓迎会クラブ紹介で
一人ひとりが自分の輝くステージを発見

ワクワク感いっぱいの新入生歓迎会クラブ紹介

 新入生が真新しい制服姿で高校生活をスタートさせる4月上旬。桜丘高等学校では、恒例の新入生歓迎クラブ紹介が実施されました。今年は高校で368名の新入生が入学しています。桜丘では中学と高校で一緒にこのイベントを行い、新入生がクラブ部活動を知るきっかけとしています。入試募集部長の清水美子先生は、「持ち時間2分の中で、全33組の団体がそれぞれ工夫を凝らした方法でアピールします。新入生はもちろん、教員も楽しみにしているイベントです。また、会の運営も生徒が中心になって進めています」と話します。

 新入生には「クラブ紹介」の資料が配布されていて、資料の掲載順にステージでの紹介が行われます。定刻が近づくにつれて、「どのような紹介が行われるのだろう」というワクワク感が体育館内に満ちていきます。会の冒頭、司会を担当するYくんとTくんが軽快なトークを展開。会場の笑いをとり、ステージが熱を帯びてきました。

活動の楽しさや魅力を自由なスタイルでアピール

 トップバッターは吹奏楽部。『ルパン三世』の寸劇から始まり、明るく楽しい音楽で観客の注目を集めました。続いて女子硬式テニス部は、「学校の校庭のほかに、外部のコートを借りて練習することもあります」と活動場所をアピール。

 体操部はバク転などを披露して、会場をわかせ、女子フットサル部は普段の活動を動画紹介しました。高校から始めた部員も多く、初心者からでも楽しく活動できそうです。

 美術部と漫画研究部は合同でクラブを紹介。「昔むかし~」というアナウンスが流れ、両クラブの普段の活動の様子を昔話風にアピール。両クラブの仲の良さを感じさせるパフォーマンスに、自由に制作に取り組む様子があらわれていました。

吹奏楽部のパフォーマンス 吹奏楽部のパフォーマンス。
体操部のデモンストレーション 体操部のデモンストレーション。
昔話風に活動をアピールした美術部 昔話風に活動をアピールした美術部。

 その後も、さまざまなクラブの紹介が続きます。新しい学年になり“先輩”となる部員たちは、どのような思いで新入生を迎え入れるのでしょうか。代表して3クラブの部員にインタビューをしました。

Kくん(高3)とOさん(高2) Kくん(高3)とOさん(高2)

美術部

Q 入部のきっかけ

Kくんクラブ発表会の紹介で部を知りました。もともと絵を描くことや作品づくりに興味がありました。部室が地下1階にあるのも面白いと思い体験してみたところ、先輩たちがすごく良い雰囲気で迎えてくれたので入部を決めました。

Oさん高校では新たなことに挑戦したいと思い、中学とは違う部に入ることを考えていました。絵を描くのが少し得意だったので、入部を決めました。

Q 部の自慢ポイント

Kくんいわゆる先輩・後輩の厳しい上下関係がなく、フレンドリーな雰囲気が良い点だと思います。

Oさん部には「これをやったらダメ」というようなルールがあまりないので、自分のやりたいことを自分で考えて、すぐに作品づくりに取り組めるところが気に入っています。

Q 日々の活動で工夫していること

Kくん1年間の中で何回か同じような作品づくりをすることがあります。その度に前回の作品で学んだことを活かして、もっと良い作品ができるように工夫しています。

Oさん色合いやタッチ、絵の構図を大事にして制作するようにしています。

Q 今後の部の目標

Kくん今の美術部の良い雰囲気をみんなで守って、活動していこうと思います。

Oさん今までの伝統を保ちつつ、新しいことにも挑戦して日々進歩していきたいです!

Q 希望進路

Kくん芸術系の大学に進学したいのですが、音楽や美術にも興味があるので、幅広く学べる環境を探しています。将来はいろいろな芸術を総合的に表現するような仕事をめざしたいです。

Oさん史学部に進むことを考えています。歴史の観点から見た絵などについても学んでいきたいです。

顧問の先生からメッセージ

「部員みんなが自分のやりたいことを自主的に見つけ、考えて自分の作品づくりに励んでいることが、この部の良いところだと思います。時期ごとに目標を設けていて、これからの時期は「桜華祭」に向けての準備・制作、2月には外部の絵画コンクールに応募するための作品づくりに取り組んでいます。

 指導にあたって、美術部にはどちらかというとクラスではあまり目立たないタイプの生徒もいます。そのようなタイプの生徒を含めて、さまざまな生徒がいることをお互いに認め合えるような雰囲気づくりを心掛けています。引っ込み思案な生徒であっても自分を表現できるような、作品づくりもそうですが、美術部という場所が部員同士でさまざまなことを語り合える“居場所”であってほしいと思っています」(石井 麻美先生)

左からAくん(高3)とHさん(高2) 左からAくん(高3)とHさん(高2)

少林寺拳法部

Q 入部したきっかけ

Aくん中学のときに新入生歓迎の発表を見て、「すごい!」と思って入部しました。

Hさん体験入部で先輩たちが披露した演武がカッコイイと思って入部を決めました。

Q 部の自慢ポイント

Aくん少林寺拳法は武道なので体力がつくのはもちろん、礼儀なども学べるのが魅力だと思います。

Hさん個人種目だけでなく二人一組の種目などもあって、自分自身はもちろん、一緒に組む人や全体で高め合っていくところが少林寺拳法の面白さだと思います。

Q 日々の練習で工夫していること

Aくん基本がとても大事なので、基本に忠実であることを常に意識しています。

Hさん技がたくさんあるので、それらをすべてきちんと覚え、覚えた技を自分でできるようにがんばって練習しています。

Q 今後の部の目標

Aくんもうすぐ高校での最後の大会があるので、優勝して全国大会に出場することが目標です。

Hさん私も大会に向け、そこで良い結果を出して全国大会につなげていきたいです。

Q 希望進路

Aくん受験勉強と部活動を両立させてこの1年を過ごしたいです。大学は農学系の道に進みたいと考えています。

Hさん具体的な大学などは決めていないので、進路についてこれからじっくり考えていこうと思います。中学から好きで始めた少林寺拳法なので、大学でも続けていきたいです!

少林寺拳法部の発表少林寺拳法部の発表

顧問の先生からメッセージ

「少林寺拳法部では、部長が練習を指揮するような形はとっておらず、持ち回りで「主座」という役割を毎回交代で行うようにしています。その日の「主座」が練習メニューを組み、部を引っ張っていきます。自分から発信していく機会が部員一人ひとりに増えることで、声を出すことや人前で話すことが苦手な生徒でも少しずつ積極性を養っていけると思います。ときには先輩と一緒に主座の反省会を行い、見直しの機会を設けています。

 近年、インターハイや全国大会に続けて出場していますが、入賞はできていません。全国大会での8位入賞を狙っていきたいです。やるからには常に勝利をめざしていきたいですね。残念ながら部員全員が大会に出られるわけではありません。大会に出られない生徒にとっても、学校の教育活動として多くのことを学べる部でありたいと思います」
(眞鍋 健治先生)

Sくん(高2)とSさん(高3) 左からSさん(高3)とSくん(高2)

ダンス部

Q 入部したきっかけ

Sくん小学生の頃からダンスは好きでやっていましたが、中学まではダンス部がありませんでした。高校で桜丘に入学してからダンス部があることを知り、入部しました。

Sさん中学では球技系の部に所属していました。ダンスにはもともと興味があったので、新しい挑戦をして忍耐力をつけたいと思って入部しました。

Q 部の自慢ポイント

Sくんダンスは観てくれる人も多いし、人気があって部員も多いです。中学・高校と学年層が広いので、年下や年上と交流できるところも自慢できるポイントだと思います。ただ、男子部員が少ないので、やる気や根性のある男子部員が増えたらうれしいです。

Sさん一つの大会や目標に向かってみんなで団結していけるのが良いところだと思います。あと面白い人がいっぱい集まっています。

Q 日々の練習で工夫していること

Sくん自分は高1からダンスを始めたので、ほかの部員より経験値が少ないと感じています。キャリアを補うためにも、先輩のダンスをまねするなどして上達できるように励んでいます。とくに基礎の動きは、人一倍練習しているつもりです。

Sさんダンスは動きの一つひとつや振り付けで、細かいところまで良く見せるのが大切なので、自分の動きが雑になってしまわないように意識しています。

Q 今後の部の目標

Sくん引退するまでに、自分も全国大会に出場したいです!

Sさん部の引退が近づいているので、悔いを残さないように日々の練習をがんばっていきたいです。

Q 希望進路

Sくん具体的な進路はこれからですが、大学でも自分の好きなダンスを続けていきたいです。

Sさん医療系の大学で学びたいと思っています。

ダンス部の普段の練習ダンス部の普段の練習

顧問の先生からメッセージ

「ダンス部は中学からも高校からも入部する生徒が多くいるのですが、ほとんどが初心者です。初心者からでも全国大会に出場できるレベルまで上達できる環境にあることが、部のアピールポイントかと思います。また文化祭や新入生歓迎のイベントなど、人に見てもらう機会も多いので、さまざまなジャンルのダンスに挑戦できます。

 技術面は専門のコーチがいらっしゃるので、指導を任せています。私は日々の活動におけるあいさつや礼儀などを注意するようにしています。上級者向けの厳しい練習をするときもありますが、和気あいあいとした雰囲気があるので、ダンスの楽しさを感じ、初心者でも気兼ねなく活動できると思います。

 全国大会に出場できる年もあればできない年もあるので、途切れることがないように毎年コンスタントに全国大会に出場できるようにしていきたいですね」(岩元 彩先生)

学校情報

共学
桜丘高等学校

〒114-8554
東京都北区滝野川1-51-12

TEL:03-3910-6161

イベント申込 ネット出願
学校情報 学校HP

進学なび掲載情報

この学校の掲載記事をピックアップしました。

新入生が真新しい制服姿で高校生活をスタートさせる4月上旬。桜丘高等学校では、恒例の新入生歓迎クラブ紹介が実施されました。...

この記事を見る

大正13年に前身となる「和洋女子職業学校」として誕生した桜丘。2004年に共学となり、運動部、文化部共に多彩な活躍を見せ...

この記事を見る
先輩たちが魅力を伝える新入生歓迎会クラブ紹介で一人ひとりが自分の輝くステージを発見部活動・クラブ活動

新入生が真新しい制服姿で高校生活をスタートさせる4月上旬。桜丘高等学校では、恒例の新入生歓迎クラブ紹介が実施されました。...

この記事を見る
勉強に、部活動に、行事に興味のあることに打ち込める3年間だから大好き♥私学Life

大正13年に前身となる「和洋女子職業学校」として誕生した桜丘。2004年に共学となり、運動部、文化部共に多彩な活躍を見せ...

この記事を見る
ページトップ